ピクシブ百科事典

星の子ポロン

ぜんぜんきょうくんにならないかおすすとーりー

星の子ポロンとは、1974年4月1日から1975年4月4日まで北海道文化放送にて、毎週月曜日から金曜日17時40分から17時45分に放送されていた放送していたTVアニメである。全260話。
目次[非表示]

概要

1回ごとの長さは約5分程度のミニ番組で、内容は子どもたちに社会のマナーやルールを教えるいわば教育アニメと言ったところだが、一話の尺はたった一分前後であり、その中で無理やり話の帳尻を合わせるために凄まじい超展開が繰り広げられる。そのため、ぶっちゃけ逆効果と呼べなくも無いモノに仕上がっている。

短編アニメ、放送時期、内容の可笑しさ(狂気ぶり)といった点が共通しているためチャージマン研!の一部として扱われる(ただし、制作はチャー研の制作元であるナックではない)ことがあるが、同アニメより知名度は低い。そのうえ260話という莫大な話数が放送されていたため、あまりネット上での本編発掘は進んでいなかった。
しかし、2016年初頭にこれまで未知であった回が発掘されたのを皮切りに、更なる録画テープの発掘が行われ、さらには有志によって本編の生配信が始まるなど、これまでとは違った動きを見せ始めていている。

名前が似ているため「星の子チョビン」と間違われることもあるが、全くの別物である。

あらすじ

地球の楽しいきれいな森に、宇宙の彼方から円盤に乗ってやってきた小さな宇宙人の子ども・ポロン。いろいろな動物の家族が平和に暮らしている森をポロンはすっかり気にいるが、ウサギやキツネやクマのやんちゃな子どもたちのいたずらで、いつも思いがけない騒ぎが起こる。ポロンはあきれながらも、こっそり不思議な力を発揮。壊れものを元どおりにしたり、なくしたものを捜したりして、森のみんなを助けてやるのだった。
(「TVアニメ25年史」アニメージュ編集部編より引用)


登場人物

ポロン 声:野沢雅子

坊主頭にアンテナの生えた人物。空を飛ぶことができたり、頭に巻いているバンドの星からビームを出して様々な問題を解決することが出来る。
何故かOPの自己紹介で自分をちゃん付けで呼ぶ。とにかくチート上から目線、悪いことをした相手を説教したり懲らしめたりしてやってはいけないことを教えるが、時たま懲らしめる手段には過酷なものもある。

ウサギ、サル

発掘エピソード本編で一番最初に現れるウサギとサルのコンビ。
「花の信号機」に青ペンキを掛けるという意味不明な悪戯をし、交通を混乱させてしまう。
別のエピソードにも登場し、道路に水を巻いて凍らせたり、尻尾で魚釣りしてオオカミに食われそうになる等、相変わらずろくなことをしない連中である。

「ねぇ、この信号機に青ペンキを掛けてみようか」

ワンちゃん

犬の女の子。美容コンテストで一等賞をとったこの犬に憧れて大変なことに...。
こいつが登場するエピソードは何故か物語の流れ、シチュエーションがほぼ同一だったりする。

「どうしよ~、ポロンちゃ~ん!」

コロ助

犬の幼児だと思われる。よく母親とデパートへ行き、騒動を起こす。声が色っぽい。

「ハンギングマン~♪」

デパートの店員

キツネだと思われるが、いろいろとおかしい。そして異常なほどまでに寛大。

「いいんですよ。こんなにお客を集めてもらって、ありがとう」

ナレーション

ナレーションなのに淡々としてて他人事みたいなしゃべり方。

「ちょっとしたいたずらが大変なことになったわねぇ」


関連項目

公式が病気

関連リンク

星の子ポロンまとめWiki

pixivに投稿された作品 pixivで「星の子ポロン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 34286

コメント