ピクシブ百科事典

朝比奈浩子

あさひなひろこ

朝比奈浩子とは、『ラーゼフォン』のキャラクター。

概要

CV:かかずゆみ

綾人がTOKYO JUPITERにいた時のクラスメイト。鳥飼とは恋人同士であるが、本当は綾人のことを想っている。首都侵攻作戦時に怪我を負う。
MUの記憶操作を知らないうちに受けており、鳥飼と綾人のどちらと先に出会ったか忘れている。わざと他の者より洗脳が弱くされており、周りの人間の異変に気づきTOKYO JUPITER内の人間には見えないようになっているドーレム「メトロノーム」が見えている。
後に東京に戻ってきた綾人に連れられて東京から脱出し、彼と2人で生活を始める。
その後、潜伏先の町にドーレムが現れた際にはラーゼフォンに乗りドーレムを迎え撃つ綾人を見送り彼の帰還を待ち続けたが、実はそのドーレム「ヴィブラート」は浩子と同調していたものであり、ラーゼフォンがヴィブラートを攻撃するのにしたがって同調者である浩子自身も傷を負っていき、遂にはヴィブラートがラーゼフォンに倒されたために命を落とした。
劇場版では準ヒロイン。綾人が遙と結ばれた際にはショックのあまりに涙を流し、その悲しみを忘れたいがために鳥飼と付き合っていたようである。
漫画版ではMUに洗脳され、綾人と戦う。最後は暴走したラーゼフォンに切り裂かれ、死亡した。

関連タグ

ラーゼフォン ブルーフレンド

pixivに投稿された作品 pixivで「朝比奈浩子」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5512

コメント