ピクシブ百科事典

東方鉱砂坑

とうほうこうしゃこう

ロジウム45による東方オリジナルの一つ。
目次[非表示]

妖怪の山麓に突如として現れた巨大な炭鉱工場によって下流、風下の面々が被害を受ける
「塵霧異変(じんむいへん)」がおこるという設定。

ちなみに正確には「東方鉱砂坑 ~The end of industrial revolution」である。

ストーリー概要

ある何でもない日、突然の爆音と共に、妖怪の山付近に巨大な鉄要塞が出現した。
そこから出る水や塔からもくもくとはき出される煙は下流風下の人間や妖怪諸々に大きな被害を与えている。
博霊霊夢はまたもや守矢の仕業かと。(実際は違うが)神社を飛び出し退治に行く。そのほかにも、森に影響が出ると考えていた…わけではないが霧雨魔理沙や信仰が減ることを恐れた東風谷早苗、掘削が進められ、いずれ坑が地底に到達することを危惧した火焔猫燐らも異変解決へ向かう。

自機


博霊霊夢


追尾弾&速射装備
被害届「洗濯物が干せない!」
ショットホーミングアミュレット
スペカ霊符「夢想封印」

霧雨魔理沙


高威力散布装備
被害届「森が枯れ始めたぜ」
ショットクラスターミサイル
スペカ恋符「マスタースパーク」

東風谷早苗


常時広範囲装備
被害届「山のイメージダウンだわ」
ショットスカイサーペント
スペカ蛇符「蛇笛反響」

火焔猫燐


完全不規則装備
被害届「旧都まで到達すると困る」
ショットタイトカーゴ
スペカ猫符「キャッツウォーク」

「資金」「署名」システム



鉱砂坑は公害に立ち向かう話なので、最終的に訴訟を起こして勝つのが一つの目的となる。
ただし、訴訟には資金と、仲間(味方)が必要である。


資金システム


資金はいわゆるスコアのようなもの。
 資金が一定額貯まると、運動の範囲が広がる→攻撃がしやすくなると言うことで、通常ショットの範囲が広がる(他作品と同様)。

また、金に釣られて仲間も増えたりする。

ただし、ボムを使うと、大きな運動を起こしたと言う事で、資金がちょっと減る。
ここは風、地の霊撃みたいな関係。


署名システムと公害裁判


署名点は、敵(ザコ敵)を特定の方法で倒すと、アイテムとしておとされる。
署名が集まっていくと、後援者が増える→ボムの威力が上がる。

また、それぞれのボス戦で、ボス戦突入時点での定数の過半数(または三分の一)以上の署名が集まっていた場合のみ、訴訟モードが展開される。裁判は敵のラストスペルみたいなものを避けるだけ。避けきったら勝訴で、次ステージが少しだけ楽になる。

ボス戦開始時点で一定量の署名を満たしていたら、援助物資として、ボムが一つ追加される。(これは訴訟よりは集める署名数は少ない。)

ちなみに署名が増えると資金ぶりが良くなる、と言うか資金が増えやすくなる。


~署名の取り方~

①大勢に訴えかける演説

画面上に敵が20以上いる場合にボムを使うと集まる。

②ひとりひとり説得

一体一体至近距離で攻撃。これは結構危険だが、地道な努力が助け船となるかも。


●裁判は最終ボスの社のみ、強制で行われます。(署名の数は関係ありません。)
 最高裁なので仕組みが特別で、ボスのスペカの三分の二を取得すれば勝利。
 ちなみに負けてもエンディングや、クリア条件に影響はしない。勝つと莫大な賠償請求をとれるというだけなので、スコア狙いの人対象かも。

ボスキャラ

1面 飾絵白瀬
2面 出水銀
3面 白汽千花
4面 刑部やこ
5面 難波砂子
6面 鉱社
EX 占都のなか

曲目リスト

1.鉄色の幻想タイトル
2.煤けた故郷1面のテーマ
3.悲愴賛歌~ParfectProfet飾絵白瀬のテーマ
4.ハザードゲージ2面のテーマ
5.幻想汚染裁判~Four pollution 出水銀のテーマ
6.君のそばに立って3面のテーマ
⑦.弾丸特急一人旅~puzzle and strategy白汽千花のテーマ
8.幻想ヶ丘公営団地4面のテーマ
⑧.緋色の都市文明 刑部やこのテーマ
⑩.響く斜坑は暗がりへ ~Economic nostalgia5面のテーマ
⑪.鉄島経済白書~not postwar days難波砂子のテーマ
12.テクノポリス凱旋6面のテーマ
⑬.OIC鉱舎考~The Lost age鉱社のテーマ1
14.Magic tower ~塔上の奇術師Extraステージのテーマ
⑮.夢ノ国際環境憲章 ~Fear of iron tower kingdom 占都のなかのテーマ
16.鉄色の面影エンディング
17.未定スタッフロールテーマ


関連タグ

東方オリジナル  鉱砂坑

pixivに投稿された作品 pixivで「東方鉱砂坑」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 14639

コメント