ピクシブ百科事典

直球表題ロボットアニメ

ちょっきゅうひょうだいろぼっとあにめ

『直球表題ロボットアニメ』とは、ロボットアニメである。
目次[非表示]

守りたいプログラムがあるから私は飛ぶ!!
 

概要

地上波初のフルMMD(MikuMikuDance)アニメ。放送時間は15分枠。略称は「ストロボ」。
TOKYOMX・とちぎテレビ・NOTTVで放送。ニコニコ動画では二週間無料で配信。
公式サイト(リンク)ではどこかで見たことのあるような名前とビジュアルを持つロボットたちと、KEIがデザインしたキャラクターのMMDデータなどを無料配布している。

ストーリー

機動世紀8013年……

人類が滅亡してすでに70世紀以上の年月が経過した地球では、残された大量の軍事用ロボットたちが来る日も来る日も終わりの見えない戦争を続けていた。

ヨーロッパを支配したリベリオン連邦とアジアを中心に陣を構えるシン公国とのめまぐるしい攻防。

そんな無益な戦いに終止符を打つべく、3体の真面目で健気なロボットたちが立ち上がった。

公式サイト:STORY(リンク)より

ロボットアニメ(?)


このアニメは ロボットのかわいさを お楽しみいただくため 邪魔にならない程度の 差し障りの無い調査を お楽しみいただく 番組です

直球表題ロボットイラスト
gdgdロボットs



タイトルに『ロボットアニメ』と冠し、放送前の情報では3Dロボット同士の戦闘描写が公開されていたが、実際には3体の真面目で健気なロボットたちによる会話劇を中心とした作品に仕上がっている。

ストーリーはロボットたちがかつて存在した人間の「笑い」を研究し、笑いで世界に平和をもたらすために奮闘するというもの。監督・脚本は構成作家石舘光太郎で、蓋を開けてみれば各話が3つのパートに分かれていたり、声優のアドリブが入っていたり、他作品のパロディを取り入れていたりと、『gdgd妖精s』のセルフパロディだった。

しかしながら戦闘ロボットたちの駆動・エフェクトやカメラワークなどにもMMDは最大限に駆使されており、一辺倒に『gdgd』の亜流と評価できない『ロボットアニメ』である。
ちなみに次回予告は必ず何らかのロボットアニメのオマージュとなっている。

舞台

荒野
戦場から距離のある地点。ここで3体は笑いについての調査活動を行う。

テレトランサウザンド
戦場に笑いを届けるためのシュミレーションを行う世界最大規模の実験施設。『gdgd妖精s』におけるメンタルとタイムのルームである。戦場は「ビーム街」という名前らしい。

歴史資料館
人類についての資料が眠る施設。ここでは道具を使って人を理解しようと試みている(モノボケ)。古い施設のためにロボットたちの音声にノイズ(という体の声優たちの素)が乗ってしまう。

登場キャラクター

公式サイトでは声のついた3体のロボットをCASTとし、戦闘用ロボットたちをCHARACTERとしているが、ここでは便宜上すべてを「キャラクター」とする。
また3体の名前の元ネタは日本ロボット学会の理事会長から来ている→日本ロボット学会:歴代理事会一覧

フジイ
CV:西明日香

好きだけど中々描く機会がない子①


家庭用メイドロボット。型番はVESTA-f10
メイドというだけあってエプロンのような外装があるが、なぜかメガネネコミミっぽい部品も頭部に付いている。パーツは肌色であり球体関節が目立つ。萌え要素を組み合わせた外見である。
メガネは着脱可能。これはメガネを外してイタズラするのが好きなご主人様のための「仕様」で、メガネを外すとメインカメラのピントが合わなくなるようにプログラムされている。

性格的には純情で天然。3人の中で唯一、絶滅した人間に(主にが)似せて作られていて、また声も加工されていない。青色ののようなパーツがあり、モリ曰く「フジイだけ萌え~属性で羨ましい」とか。
毎回「笑い」の為にカトウに無茶振りされ、的外れな回答をしてしまうが、その様子があざといと評判。
持ちネタは、天気をお題にして笑いを取る際に使用する『のどかのどか』(または『のどか』というワードそのもの)。
歴史資料館でのモノボケでは、『もしも、浦島太郎に登場する亀がドMだったら』や『浮気がバレて修羅場になっている男女』など、期せずしてセクシャルな内容のモノボケをする事も。

カトウ
CV:荒川美穂

カトウさん


国立図書館の司書ロボット。型番はJUNO-d4
大きなゴーグルが顔の半分を占める。蝶ネクタイミニスカートが特徴でポージングが若干ドロッセルお嬢様に似ている。
人間で言うところの髪型は、外ハネのセミロング。
図書館で得たデータを他ロボットと触れ合うことで共有することが出来る。司書である為に作りが脆弱で耐水性がなく、またフジイ同様空は飛べないようで他2体と比べるとポンコツ気味。型が古いのかモリに旧式のBBAと突っ込まれる。

いわゆる委員長キャラクター。クールな性格で喋り方も理屈っぽいが、ツンデレのような一面を持つ。調査活動パートではデータベースから見つけた笑いの要素を提案する役割で、毎度それを人間の生活に近いフジイに無茶振りしている。
この無茶振りが的外れなせいで、おかしな空気になるというのがAパートのお約束。

モリ
CV:大久保瑠美

moriちゃんかわかわ


工業用ロボット。型番はVENUS-s27
コミュニケーションが不得手で、顔のモニターのようなパーツに「(´・ω・`)」など顔文字を表示して感情を表す。全編カタカナのような喋り方であり、カトウのよりも加工された声になっている。
ボディパーツを様々なユニットに換装することが可能で、突如なまはげの面・カトウの頭・どこかで見たようなマスコットの頭パーツ・湯船などを取り出してみせた。軍事技術を用いて作られたため3体の中では最も高性能。
の関節とにあたる部位がなく、常に浮いている。人間で言うところの髪型や、全体的なカラーリングが初音ミクに似ているが、腕・脚部分の先がないのでネギっぽくもある。

他の2体とコミュニケーションをとるのを苦手としているが、それゆえに中々鋭いコメントを発言することも。また丈夫でない2体が壊れた時にはあっさりと修理してしまう。
中の人の影響で、身長や胸の話題になると『なんなん?』と、人間臭い喋り方になる。

軍事用ロボットたち
終わりの見えない戦争を続けているロボット軍団。
デザインは外見重視のヒロイックなものから実用性重視の量産型まで様々だが、名前も含めて既視感に溢れている。
本編では3体のロボ娘によるテレトランサウザンドでの地球規模の大規模シミュレーション実験で、ローションや、物理法則を無視した摂氏二万度のおでんが降り注ぐ中で戦わされるなど、毎回のように酷い目にあう。

ナレーション
CV:平田広明
ツッコミ次回予告も担当。

スタッフ

監督 - 石舘光太郎
アニメーション監督 - cort
キャラクターデザイン - KEI
音響 - なかのとおる
脚本 - 石舘光太郎 / 山口正武 / 高橋聡之
オープニング映像制作 - ビームマン
エンディング映像制作 - 三重の人
MMD制作 - cort / 和菜 / 瓜うり / fuu / Mishika / tommy
キャラモデリング - しえら / 自称動画 / ほたるん / kito
アイテムモデリング - バネ / やまもと / 澪姉 / すぎや / @まさたかP
次回予告 - ke-sanβ
予告イラスト - pikomaro / 藤ちょこ
本編挿入画 - 鈴木愛
ロゴデザイン - 原耕造
WEB担当 - 加藤宗親
原案 - 妹尾Pファクトリー
チーフプロデューサー - 寺井禎浩
プロデューサー - 福原慶匡
制作 - ザルゴザール
製作 - こういうときどういう顔していいのか分からな委員会

主題歌

「Break the war」
作詞・作曲・編曲 - 鋼兵 / 歌 - コンフィチュール企画

「自由という理由」
作詞・作曲・編曲・歌 - ZAQ

関連タグ

アニメ / 2013年冬アニメ / MikuMikuDance
ロボット / ロボットアニメ
gdgd妖精s

外部リンク

直球表題ロボットアニメ-STRAIGHT TITLE- OFFICIAL WEBSITE
直球表題ロボットアニメ [最新話無料] - ニコニコチャンネル :アニメ
直球表題ロボットアニメ (robot_anime) - Twitter
直球表題ロボットアニメ - Wikipedia
直球表題ロボットアニメとは - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「直球表題ロボットアニメ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 108979

コメント