ピクシブ百科事典

矢吹丈

やぶきじょう

「あしたのジョー」の主人公。天才的なボクサーで、階級はバンタム級。
目次[非表示]

CV:あおい輝彦

人物

『あしたのジョー』の主人公。猛烈に長く突き立った前髪が特徴。異名は喧嘩屋」「死神他。
並外れたボクシングセンスを持つボクサーで、フィニッシュブロウのクロスカウンターは彼の代名詞である。階級はバンタム級。激戦の末、東洋太平洋チャンピオンの座に輝くことになる。
天涯孤独の身に生まれ、施設暮らしに飽きた後に脱走。後のトレーナーとなる丹下段平の暮らすドヤ街にふらりと立ち寄り、そこでボクシングと出会った。
問題を起こし特等少年院に送られた際、最大のライバル・力石徹と出会いプロのリングでの対決を誓う。
その後、力石との死闘の果てに彼を失いトラウマと虚無感に蝕まれるが、苦悩の末に乗り越えリングに舞い戻り戦い続けた。
そして、最期の相手であるバンタム級世界チャンピオン・ホセ=メンドーサとの戦いにて死力を尽くし、燃え尽きた。

性格

不遇な身の上からか喧嘩っ早い不良少年に育ったが、根は優しく義理人情に厚い男である。意外にも明朗快活で子供相手に遊んでやる描写も多く、サギで捕まったこともあるほど雄弁で口が達者。試合中に2カウントで30文字以上しゃべったことすらある
だが、どこかどろりとした野獣のように凶暴な一面を持っており、彼と親しい者ですら畏怖させてしまう事がある。
ボクシングに対しては異常とも言えるほどの執念と人並み外れたタフネスさで戦うスタイルを取っており、それに加えて天性のカンと野生の本能で相手を追い詰める。その執念は凄まじく、彼と最期に戦ったホセに至ってはその執念に追い詰められ、恐怖のあまり試合後髪が真っ白になってしまったほどである。

関連イラスト

かたぐるま
そして、帰ってきた・・・


あしたのための
打つべし!



関連タグ

あしたのジョー 力石徹 丹下段平 燃え尽きたぜ…真っ白にな…

pixivに投稿された作品 pixivで「矢吹丈」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 224592

コメント