ピクシブ百科事典

馬神弾

ばしんだん

アニメ『バトルスピリッツ 少年激覇ダン』、『バトルスピリッツ ブレイヴ』の主人公。
目次[非表示]

CV:大浦冬華

概要

TCGバトルスピリッツのアニメ作品「バトルスピリッツ 少年激覇ダン」「バトルスピリッツ ブレイヴ」の主人公の少年(青年)。

熱い心を秘め、何事にも真っ直ぐ。誰かのためならば自分の身の危険も辞さない強い心の持ち主。
激動の時代を自分の信念のもと、駆け抜けた。

バトルスピリッツ 少年激覇ダン

いくぜ、アタックステップ!

ダンかわいいよダン
いきぬきらくがき


バトルスピリッツのチャンピオンを夢見る中学一年生12才の少年。
赤のデッキを使うハイランカー(実力者)。
ある日、謎の少女により異界グラン・ロロに飛ばされる。グラン・ロロの太陽というべきマザーコアの守護者の一人、コアの光主「赤の戦士」であると異界魔女マギサにいわれ、異界グラン・ロロを異界王から救うため冒険していく。
雷皇龍ジークヴルムなどが持つ効果【激突】を主体にして戦うことから、「激突王」と呼ばれている。【激突】にはかなりのこだわりを持つ。
好物はカレーライス。

人物

何事にもまっすぐな性格で、困っている人を見ると放っておけず、例え自分が損をするようなことがあっても邁進する。
時に、分からないこと・理解できないことがあれば、素直に口に出して疑問をぶつけていく。
そのまっすぐさは、時にヴィオレ魔ゐ等から「暑苦しいヤツ」といわれることもあるが、敵味方問わずに他人の心に影響を与え、周囲を惹きつけていく。
現実の大会でのいいバトルをした後には、自分の敗北後でも対戦相手に「ありがとうございました。いいバトルでした」といって握手をする。後にこの作法を灼熱のパンテーラにも教えている。

異界王とのバトルに敗れ、復活し再び戦いに身を投じた際には、敵のモーニングスター足で押さえつけ全く動きを取らせないまま不敵な笑みを浮かべて「バトルでもなんでもいいから暴れたい気分なんだ」と言うなど、好戦的な面を見せることもあるが、優しさも健在である。

好物は母親の作るカレー
後にズングリーにも作り方を教え、ズングリーの作るカレーは異界グラン・ロロで食べる定番メニューとなった。

来歴

バトスピの大会に出ていたある日、謎の少女百瀬華実に誘われ、バトルスピリッツの勝敗が全てを決定する異界グラン・ロロにやってくる。
そこで異界魔女マギサや異界の少年ズングリーと出会ったダンは、異界の人々を支配し苦しめる異界王からグラン・ロロを解放するため冒険をすることを決意する。

ズングリーと友情を育みながらマギサらと共に旅を続ける中、他のコアの光主達やライバルと出会い、彼のまっすぐな生き方は灼熱のパンテーラをはじめとする周りの人物に大きな影響を与えていく。
そしてついに異界王と対面したダン。異界王は「自分がいるからこそ異界グラン・ロロは成り立っている。自分がいなくなれば滅びの道をたどる」と言い放つ。
その言葉を戯言と受け止めるダンだったが、そんな彼に対して異界王は飽食と貧困・平等と差別・平和と紛争、グラン・ロロだけではない現存する「世界の矛盾」を突きつけ、自分はグラン・ロロと地球を救える唯一の存在であると語る(事実、グラン・ロロに来ていた未来人によれば、地球の未来は環境破壊で壊滅的な状況になっていた)。
それでも異界王を倒す決意は揺るがないダンだったが、異界王の圧倒的な戦略の前に完敗し、一度は完全に心が砕かれてしまった。

異界王への恐怖から彼に再び挑むことを放棄するダンだったが、兵堂剣蔵達がダンのために奮起する姿を見て情熱を取り戻す。新たにネクサス『太陽石の神殿』とマジック『メテオストーム』をキーカードに加え、コアの光主全員で結集し、再び異界王に挑んでいく。

光主達は異界王が異界グラン・ロロの太陽マザーコアを制御するための装置『ホライゾンラダー』の中核をなすグランドコア全ての破壊のため行動。それを阻むロボット『クグッツ』達とバトルをし、ダンは灼熱のパンテーラと再び対峙する。
お互いの手の内を知り尽くした二人のバトルは熾烈を極めたが、ダンは勝利する。ホライゾンラダーを破壊しようとするダンだったが、全ては異界王の計略の中。
グランドコアはクグッツやパンテーラの中に内蔵され、彼らと光主達とのバトルを通じてグランドコアにエネルギーを十分に蓄積されていた。
グランドコアの蓄積されていたエネルギーの解放と共に崩壊していくパンテーラ。彼はダンとの白熱したバトルの中で、自分の中で誕生した新たなカード『超神星龍ジークヴルム・ノヴァ』をダンに託し、バトルに満足しながら散っていった。
そして異界王の目論見通り、解放されたエネルギーによって変化したマザーコアの力により異界グラン・ロロと地球は融合してしまう。

異界王はコアがもたらす新たなテクノロジーを交渉材料に、地球の各国代表、更には世界経済を牛耳るフィクサーとの同盟・結託に成功。コアの光主達は世界から孤立しかけていくが、ダンは持ち前のまっすぐな【激突】で米国大統領の協力を得て、異界王打倒のために動く。
マザーコアの力を完全に手にした異界王は、天変地異を起こして愚かな人類を選別、進化を促そうとし、ダンはそれを止めるために再びバトルを挑む。

世界の理不尽さ・過去の経験ゆえに憎しみと破壊の権化となった異界王を、光主達の力、そして『超神星龍ジークヴルム・ノヴァ』と共に乗り越え、バトルに勝利するダン。
そんな彼に異界王は「俺はグラン・ロロを変え、地球を変えた。俺が消えても俺が変えた事実は残る。」「お前達が生きる時代は俺が創った時代だ。忘れるな……」と言い残し、息絶えるのだった。

そして異界グラン・ロロは、新たにマザーコアの光主となったマギサにより再び地球と分離し、二つの世界は分かたれることとなるが…。

使用デッキ

キースピリットは雷皇龍ジークヴルム龍皇ジークフリード龍星皇メテオヴルム超神星龍ジークヴルム・ノヴァ

激突王」というあだ名の通り、当初はただスピリットでアタック(【激突】)していくスタイルだったが、百瀬勇貴をはじめとする強敵とのバトルを経ていく中でより洗練され、戦略的になっていく。
ただ、戦略が洗練されていく中でも本人は【激突】に対して強い愛着を持っており、【激突】をもって異界王に勝たねば意味がないとも考えている。

バトルフォーム

激突王だんたん


虹色の光主たち


(上が当初、下の絵の左端が異界王とのはじめてのバトル後以降のバトルフォーム)

異界魔女マギサの力により創られたバトルフォーム。
バトルフィールドでのバトルにおけるライフダメージに耐えるためのアーマー。

異界王との最初のバトルでは、ライフへのダメージを受ける度に破壊されていったため、それ以降のバトルではマギサによって改良され耐久度が上げられた。

バトルスピリッツ ブレイヴ

胸に響くスピリットの声… フィールドを吹く乾いた風…

砕け散るコアの輝き… 体中が沸騰する、この感覚!!

俺は…バトルフィールドに帰ってきたんだ…!

この痛み・・・じわじわ来る・・・


元赤のコアの光主。数多くの大会で優勝を収め、ついには殿堂入り。名実ともに最強となり、多くのカードバトラー達の憧れとなっている。
しかし、グラン・ロロでの命を懸けた激しいバトルが忘れられず、心のどこかで強敵と熱い戦いを求めており、「自分の力を必要とする場所がある」というまゐの誘いを受けて西暦2650年の未来、異界魔族との戦いに身を投じる。

人物

前作の冒険から2年が経過し、命を懸けたバトルフィールドでの本気のバトルを求める渇いた性格へと変わってしまっている。その様子は、バローネに自分と同じく本当の強者との戦いを求める「強さの深み」へと至っていると評される。
口数も少なくなり、時に誤解を受けてもそれを解こうとせず、深く立ち入ろうとしない。
これは2年の間で起きた出来事が原因となっているが、困っている誰かを放っておけない根っこの性格は変わってはいない。子供に対しては特に昔と変わらず優しい表情を見せる。
未来での戦いの中で、時に傷つくことがありながらも仲間の支えやライバルとの出会いの中で徐々に心の傷を癒していく。

未来世界においては、「コアの光主という英雄」「異界王から魔族を解き放った原因を作った者」という二つの評価を受けており、当初はユース・グリンホルンからも毛嫌いされていた。
ユースはまゐやクラッキー・レイの諭しやダンの生き様を見て、ダンへの認識を改め成長していく。
ダンもまた、ユースのことを認め、彼の成長を喜んでいった。

生身の戦闘力も健在で、剣を操って魔族を圧倒したこともあった。

バローネと弾



来歴

2年間

異界王との戦い後、ダンをはじめとするコアの光主達は当初英雄としてもてはやされたが、コアの光主達は異界王との戦いの中で気づいた「世界の矛盾」について訴えていこうとする。
しかし、世間は彼らの声に耳を傾けることはなく、彼らを疎ましく思う「世界の経済・政治を裏から操る存在(フィクサー)」による世論誘導と共にコアの光主達は孤立し、ついには友人や家族からも手の平を返すような扱いを受け、時には「異界王は光主達が連れてきた」と言われるなど、いわれなき誹謗中傷に次第に傷ついていった。
それでも世界の矛盾を正そうとフィクサーとの戦いを続けていったダン達だったが、百瀬勇貴がそのフィクサー達の手にかかってしまう。ついに絶望したダンは、憎しみにとらわれたかつての異界王のようにならないようにすることで精一杯で、仲間との連絡も断ち、唯一自分に残ったバトスピにのめりこんでいった。
図らずも異界王との戦いの時は理解できなかった世界に対する異界王の絶望を理解することとなってしまった。

西暦2650年へ

自分の生きがいをバトルの中にしか見いだせなくなるほど荒んでいった彼だったが、その約2年後、2010年8月30日にまゐと再会。
「強い奴とのバトル、体中沸騰するようなすごいバトル」を求めるダンは、まゐに自分のバトルを必要としている場があると誘われ、西暦2650年8月30日の未来に旅立つ。

本来は環境破壊によって荒廃していたはずの未来は、異界王の介入の結果もたらされたコアの技術により回避され、代わりに人類と異界魔族がバトルスピリッツという代理戦争によって争う世界となっていた。
異界魔族との戦いのために呼ばれたダンだったが、魔族が人工的に大陸を生み出した影響による地球の自浄作用による地殻変動のため、人類・魔族滅亡まで残り一年という事実を知る。
ただの気休めにしか過ぎない自分の役目に悩んだが、異界魔族バローネとの熱いバトルの中で、地球リセット回避のために魔族の協力を取り付けるべく魔族の女王ギルファムと会う決意を固める。
バローネとのバトルには敗北してしまったが、自分と似た「最強ゆえに熱いバトルに飢えている」彼にはシンパシーを感じ、お互いを認め合った。
ギルファムに会うための魔族の大陸「オクト」へ向かう道中、地球リセットを回避できる可能性を秘めた、12宮Xレアの力を使うことで発動する神々の砲台の存在を知り、バローネにそのことを伝える決意をする。

「魔族はコアの光主達が連れてきた」という噂を信じ自分に反発するユース・グリンホルンに対してもその誤解を解こうとせず深く立ち入ろうとはせず、更にバトル中に不敵な笑みを浮かべ、時にわざと相手の全力を引き出した上で勝つなど戦闘狂めいた性格を見せることもあり、周囲からダンは変わってしまったのではないかと心配されることもあった。
しかしバローネとの再戦時には「最初はバトルできるだけで満足だった。だが、今は違う。みんなが困っているって知ってしまったんだ。苦しんでいる人が居るのに、知らん顔なんかできない。」「ひとつの事に凝り固まると、大事な事が見えなくなる。バローネ、ちゃんと見ろ!バトルフィールドの外にも世界があるってことを!」と語り、見事勝利。
かつてと変わらぬダンの姿にまゐ達は安心し、バトルにしか興味がなかったバローネに変化のきっかけを与えた。

魔族の大陸オクトでは魔族の暴将デュックに勝利することで、女王ギルファムに12宮Xレア捜索の協力を取り付けることに成功するが、自分に敗北したバローネが追放、暴将デュックが幽閉という事態を引き起こしてしまったことを憂う。
しかし、ダンを未来に呼ぶことを決めた張本人である人類軍教官ゾルダー・グレイヴの叱咤により、自分の役目は、例え敗者を生むことになろうとも勝ち続け、未来を切り開くことだけだと覚悟を新たにした。

獄龍隊との対決

12宮Xレア探しの中、暗闇のザジにより組織された女王直属・獄龍隊隊長獄将デュックにより12宮Xレア全てを奪われ怪我をし、ダンを助けようとしたバローネも重傷を負い人類軍本部で共に傷を癒すことになる。
12宮Xレア探索のために暴挙を続ける獄龍隊を止めようと、ギルファムと話し合うためにバローネと共に再びオクトへ向かうが、そこにあったのは暗闇のザジの謀略による女王ギルファムへの反乱勢力だった。
ダンはバローネと共に女王を助け、獄将デュックにリベンジを果たすことに成功する。

しかし、混乱の最中にある魔族の暴走を抑え取りまとめるために、バローネはダン達から離れ、魔族の統治者として行動することを決意。同時になぜかまゐもダン達を離れバローネと行動を共にすることを決めたため、ダンは少なからずショックを受けた。

世界の混迷の中、デュックの息子ルガイン主導による人と魔族の懸け橋となるべく行われた人類軍と魔族の調停の場に現れ、魔族と人間の対立を煽ったイザーズ蛇皇神帝アスクレピオーズの脅威を目の当たりにする。
イザーズの正体は暗闇のザジであるとあたりをつけ、スロバキアにてザジと対戦。彼の正体を暴き、獄龍隊創設の秘密、そして謀略を続ける裏にある彼自身の闇を知ることとなる。破滅願望ともいうべき彼の行動を異界王のようだと評しながらも、「異界王の足元にも及ばない。お前には壊した先のビジョンがない。ただ壊すだけならわがままな子供と同じだ。」と一蹴。
圧倒的な力で彼を下しながらも、最後はイザーズなりに時代と向き合い戦い続けてきたと彼を慰め、イザーズの心を開いた。

イザーズとのバトル後、異界王に思いを馳せ、彼の書いた異界見聞録を手に取ると、精神世界にて異界王と邂逅。
かつては分かり合えなかったが、様々なものの見方を知り成長したダンと、穏やかな顔つきを取り戻した異界王、時代と戦い続けてきた二人の男は語り合う。異界王はダンの新たな時代を切り開く覚悟を確かめ、ダンもまた異界王のことを「見方を変えれば、あんたが一番世界を案じていた英雄だった」と返す。成長したダンを異界王は「男の顔になったな」と喜び、ダンを激励した。

神々の砲台

12宮Xレアを使い、伝説通り「神々の砲台の引き金」を引いて、地球リセットを抑えるため神々の砲台のある極点に向かう。しかし、神々の砲台起動のために必要なエネルギーがまだ十分に蓄積されておらず、そのためには12宮Xレアを使いこなせるカードバトラーがバトルを行う必要があると判明する。

12宮Xレアをかけて勝負を申し込んできた紫乃宮まゐ改めヴィオレ魔ゐとのバトルの最中、彼女は魔族の救済のため離反したこと、未来に残っている記録によれば元の時代では2010年8月30日以降ダンが消息不明になったという事実、つまりダンは元の時代に帰らなかった可能性が高いことを彼女から知らされる。
ダンが死ぬ可能性を告げられ、魔ゐに神々の砲台起動のためのバトルに向かい引き金を引くことを止めるよう求められるが、動じるそぶりを見せずバトルを続行させる。
敗北を覚悟した魔ゐはダンを引き留めようとついにダンに思いを告げるが、それでも止まることなく突き進み、勝利直前に「俺はこの時代に来て、生きる力を取り戻せた。お前が俺を救ったんだ。ありがとう…」と感謝の言葉を伝え、それに応えた魔ゐが自ら攻撃を受け入れる形で勝利する。
勝利後、魔ゐに「俺にはお前が必要だ」とまゐの告白に応え、共にソフィア号に帰還した。

まゐのソフィア号帰還後、神々の砲台へエネルギーを供給すべく、バローネとの最終決戦に挑む。
ダンは勝利を収めるが、神々の砲台は勝者を引き金とすることで発動とするものであったと判明し、最後は「ありがとうございました、いいバトルでした」と感謝を告げ、笑みを浮かべながらも一筋の涙を流しながら、神々の砲台の発動のために犠牲となり消滅した。

元の時代に戻ったまゐは、いつの日かダンが帰ってくる事を信じ続けている。

使用デッキ

人類軍に支給されている、ブレイヴを駆使する赤中心の混色デッキであり、12宮Xレアもデッキに混ぜて使用する。使用するブレイヴによって混ぜる他色や、様々な色のマジックを使うことが特徴。
前作で使用していたデッキは現代に置いてきている。本人曰く「行った先のデッキで十分」とのことだが、かつてのつらい過去を思い出したくないという気持ちもある様子。

キースピリットは太陽龍ジーク・アポロドラゴン太陽神龍ライジング・アポロドラゴン光龍騎神サジット・アポロドラゴン

バトルフォーム

カラー絵まとめ


馬神弾 ドット


コアシップ「麗しのソフィア号」のコアブリットに備え付けられたものを使用する。
通常、胸のT字部分は点灯しておらず、バトル中には赤色に光るが、スピリットとブレイヴが合体すると下のイラストのように、合体したブレイヴの色に応じてT字部分の色が変化する。

ダンさんと札幌


更に光龍騎神サジット・アポロドラゴンの効果でダブルブレイヴすると、バトルフォーム全体が黒色に染まる。

漫画版

『バトルスピリッツ 少年激覇ダン』(ケロケロエース掲載)

『バトルスピリッツ ブレイヴ』(ケロケロエース掲載)

『バトルスピリッツ ブレイヴX』(Vジャンプ掲載)

人類軍の一員として魔族との戦いに身を投じ、魔族との勢力争いに勝利するため、12宮Xレアの捜索を行っている。キースピリットは太陽神龍ライジング・アポロドラゴン

12宮Xレアを集めていく中、魔族のバローネとのバトルの中、バローネから「魔族を滅ぼす覚悟はあるのか」と問われるが、「魔族も人間も全てを救う」覚悟を彼に見せ、勝利した。バトル後、バローネと和解し、魔族と人類の共存の道に向けて歩き出した。

最強ジャンプ及びVジャンプ公式サイトに掲載された読切版では太陽龍ジーク・アポロドラゴンを使用していた(現在は閲覧不可)。

余談

  • 名前の由来は「バシン!ダン!」というカードを出す(叩いておく?)からとのこと。
  • 「ブレイヴ」では、コストの重いスピリットをよく使うため、0コストのブレイドラから不足コストを確保して消滅させることが多々あった。そのため、公式で「不足コストはブレイドラから確保」というスリーブが作られたほど。
バトスピプレイシート【ブレイドラ愛護呼び掛けver.】


  • 「ブレイヴ」時の設定身長は160cm。ただ、作中での頭身が高いこともありそれより高く描かれることが多い。
  • 時折、「ブレイヴ」での年齢が話題に上がることがある。公式コラム「気ままにブレイヴ」によると、「少年激覇ダン」での冒険が1年以上、2作の間で2年、「ブレイヴ」での冒険が約1年のため、「ブレイヴ」ラストのダンは少なくとも16才以上とのこと。
  • 「ブレイヴ」初期のやさぐれた状態は、監督によればイメージは矢吹丈とのこと。
  • 後に、大浦冬華の第一子出産の際にはキャラクターデザインの湯本佳典により「赤ん坊と接しているダン」が描かれた。

カップやきそば現象

魔弾のスピリッツ
ティグルヴルムド=ヴォルン



モンスターストライク


公式ビジュアルの後ろ姿がよく似ていると評された。

関連イラスト

少年激覇ダン

超神星龍、召喚!



バトルスピリッツ ブレイヴ

CCS6
ダンさん


「 馬 神 」 ダンきゅん編  最終回


ダンさん
ひっそりお祭り参加



関連タグ

バトルスピリッツ 少年激覇ダン
バトルスピリッツブレイヴ
紫乃宮まゐ ダンまゐ
8月30日 カードゲームではよくあること カレーライス

pixivに投稿された作品 pixivで「馬神弾」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1265645

コメント