ピクシブ百科事典

空気遠近

くうきえんきん

空気遠近とは、遠近法の手法の一つである。

概念

一般に遠近法と言えば、遠くのものほど小さく見えるような手法が思い浮かばれる。
これは線遠近法を用いた透視図であり、一点透視図法二点透視図法などが存在する。

しかし、人間の眼に映る形をそのまま表現しようとすると、線遠近法だけでは不十分なことがある。
例えば、自然の風景の中で遠くのものがかすんで見えることがある。
これは眼に入る光の違いによる現象のため、今までの線遠近法では表現することができない。

この“かすむ現象”を表現するために、空気遠近が用いられる。
絵画では、色を周りの風景と混ぜることで表現が可能となる。

関連タグ

遠近 空気遠近法 
パース 一点透視図法 二点透視図法

空気感 スケール感

pixivに投稿された作品 pixivで「空気遠近」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 987765

コメント