ピクシブ百科事典

目次[非表示]

表現寺ゆうシリーズとは、ニコニコ大百科「非実在青少年」について語るスレにおいて誕生した 表現寺ゆう およびその関連キャラクターを包括した呼称である。

概要

ぶっちゃけ詳しくはこちらを見ていただくと早い。



2010年11月提出、12月15日可決の東京都青少年の健全な育成に関する条例の一部を改正する条例を皆さんは覚えていらっしゃるだろうか…?

ネット上ではこの条例に対して反対の声が多数上がっており、ニコニコ大百科「非実在青少年」について語るスレもその例に漏れなかった。

条例可決前のある日、住民が各所への意見や陳情に走り回るスレに、ある一つの懸念を浮かび上がらせる投稿があった。

「もしこの条例が可決されればキレたオタクがデモを決行しかねない。するとデモを良しと思わない日本社会なんだ、たちまちそのオタクを含む条例反対派に対する世間の風当たりは厳しくなり、条例の改廃が難しくなるかもしれない…!」

そこで、スレでは



-デモなどの暴動に向かうエネルギーを創作に昇華させることで、最悪の事態を回避するための目標
-「よく反対派が使う『表現の自由』とは何か」を一人でも多くの人に考えてもらうための広報



この2つ(主に後者ではあるが)をコンセプトとしたキャラクターを生み出した。それが表現寺ゆうである。


ここまで読んで下さった皆さんの中には「あれ、どっかの日本鬼子みたいな感じじゃね?」なんて感じた方もいると思うが全くその通りでございます。

しかし政治ネタであり政治的利用を推進しない日本鬼子と無関心層へのアピールツールという使命を背負う表現寺ゆうはある意味対局の存在になる。
しかし表現寺ゆうも積極的に政治利用を推進するわけではなく、

「規制はこういう理由で賛同できない!」などの意見発信ツールではあるが、規制反対デモのマスコットに積極的に起用したり規制賛成派などになる特定の個人を中傷するような事や罵詈雑言を言わせるツールではない。表現寺ゆうはこの条例の存在を一人でも多くの人に知ってもらい、表現の問題について多角的に考えるきっかけ作りのためのキャラクターなのである。

ということになっている。

このキャラクターは決して見た者を規制反対派につかせるための手段ではない事に御留意願いたい。
賛成派が描いた表現寺ゆうも、表現寺ゆうなのである。


キャラクター

2010年12月22日時点では以下のキャラクターが存在する。Pixiv内の企画目録では参考としてスペックが提示されてはいるが「一から考えるよりもちょっと設定入ってる方描きやすいのでは?」程度なのでが特にデザインが決まってるわけではない。
はっきり言って男体化、けもの化その他もろもろ何でもありである。

表現寺ゆう(ひょうげんじ ゆう)

双子の男女。二人とも名前は「ゆう」。

表現寺在美(ひょうげんじ あるみ)

表現寺ゆうの姉。合法ロリ。

岩丘守(いわおか まもり)

表現寺ゆうのクラスのクラス委員長。大和撫子。えっちぃものが嫌いなので規制には賛成。

湖西豊(こせい ゆたか)

表現寺ゆうの恩師。「子供の為に規制する」ことが本当に子供のためなのかを考える規制反対派。

府道流(ふどう ながれ)

表現寺ゆうの母校の現・PTA会員で小中学生の息子がいる。今回の条例には無関心。

由利虹香(ゆり にじか)

表現寺ゆうのクラスメイトの少女で同性愛者。今回の条例が可決に至るまでの一部規制賛成派の暴言に心を痛める。

諸尾拓也(もろお たくや)

残念なイケメン。

pixivに投稿された作品 pixivで「表現寺ゆうシリーズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4176

コメント