ピクシブ百科事典

黒の組織

くろのそしき

『名探偵コナン』に登場する国際的犯罪組織。
目次[非表示]

概要

名探偵コナン』に登場する国際的な大規模犯罪組織で、政財界にもその魔手は及ぶ。

「黒の組織」は仮称で、本当の組織名は別にあるらしいが現段階では明されていない。
黒ずくめの組織」と呼ばれることもある。

要人暗殺・金銭やプログラムソフトの取引・薬品開発のほか、何らかの「極秘プロジェクト」を進めている。

総じて黒の衣装に身を包んで行動していることから、主人公・江戸川コナンは組織に所属している男性を「黒ずくめの男」と呼んでいる。

幹部クラスはボスからコードネームとして、酒やカクテルの名前を付けられる。ラムは別格扱いだが、それ以外のメンバーは全員同格とされている。

だが、あの方との関係が深ければ他の幹部と比べていくらか立場が強いようである。
例として幹部たちが協力する作戦ではリーダー格なジン、処刑人のジンに自分を殺せばお前の立場が悪くなると訴えたピスコ、あの方のお気に入りで周りの幹部から嫌われても殺されないベルモットなどが当てはまる。

組織の目的

APTX4869

読みは「アポトキシン よんはちろくきゅう」で、「4869」は、「シャーロック」をもじったものとなっている。
組織が開発した、飲ませても検査で反応が出ず、証拠の残らない毒薬。
ただし場合によっては飲んでも死亡せず、身体が縮んでしまう。
工藤新一が江戸川コナンとして行動することになった元凶である。

遊園地での事件を颯爽と解決してみせた工藤新一は、そこで見かけた黒ずくめの怪しい男、ジンとウォッカの後を付ける。
この迂闊な行動の末、返り討ちに遭い気絶させられた新一は、口封じも兼ねた実験台としてAPTX4869を飲まされ、身体が縮んでしまった。

ただし、シェリー(=灰原)によると元々は毒薬ではなく、ピスコやベルモットの台詞から、若返り不老不死を目的に作ったものではないかという可能性が出ている。
ただし、組織の目的が「不老不死」であることは、原作者の青山が、雑誌『ダ・ヴィンチ』2014年5月号に掲載されたインタビューにおいて否定している。

元々は宮野エレーナがシルバーブレットと名付けて開発していた。恐らく組織を壊滅させる程の力があるとされている。

所属メンバー

ボス

組織のボス。
名前や性別など、詳細の一切が不明であり、その正体についてはファンの間で様々な考察がなされている(後述)。
組織のメンバーからは「あの方」と呼ばれる。
ちなみに、ストラディバリウスの事件の冒頭でコナンの想像における例の黒タイツ姿で一応登場しているが、全く喋ってはいない。

幹部

「あの方」の側近。コードネームを持つメンバーの中でも別格とされる人物。
組織内でも彼(または彼女)の人物像ははっきりしておらず、屈強な大男・女のような男・年老いた老人などと噂されており、それら全員が「影武者」に過ぎないとも言われている。
灰原によると、彼女が組織にいた頃にナンバー2を務めていた人物であったらしく、また過去に事故によって左右どちらかの眼を失い、義眼になっているとされている。
紳士的、或いは女性的といった丁寧な言葉使いで話す。
現在、黒田兵衛若狭留美脇田兼則の三人の中に、ラムとなり得る人物がいるとされている。
ちなみに彼女は関係ない…だっちゃ?

新一を薬で小さくした元凶。主に作戦の指揮を執る組織のメンバー。
作中ではリーダー的な立ち位置が多いが、実はキャンティやコルン達と同格である事が明記された。

ジンの片腕的存在。
基本的にジンのサポートが主任務だが、組織の下位メンバーの指揮を執る事もある。

主に変装での潜入工作を任務とする。

上記の2名は主に狙撃による暗殺が任務。

脱走者

組織の科学班に所属していたメンバー。
現在は脱走しているが未だに組織にとっては重要なメンバーである為、捜索が行われている。

  • 沼淵己一郎
組織では末端中の末端。身軽さを買われて殺し屋としての教育を受けたが使い物にならず人体実験要員とされるところを脱走、追っ手と誤解して無関係な人間を3人も手にかけている。
その後警察に逮捕されるも組織のことを信じてもらえず死刑判決が出たこともあって組織は手を引いている。

潜入捜査員

組織に潜入調査を行っていたFBIの捜査官。名目上は死亡したのだが…。

組織に潜入調査を行っているCIAの諜報員。

探偵としての優れた調査能力を持っており、組織が注意している人物等の調査を主任務とする。しかし、その正体は公安警察からの潜伏者である。

死亡

10億円強盗事件の犯罪者。志保の姉。FBI捜査官を組織に引き入れた為、組織から危険視される。自分と妹と組織を抜けるため10億円強盗という犯罪を犯す。強盗は成功させたが組織は最初から約束を守る気など更々無く、ジンに射殺された。10億円を強盗し組織を抜けた後は、元彼のFBI捜査官ともう一度付き合う事を考えていた。

明美・志保姉妹の両親で研究者。志保が生まれてすぐに事故死したとされる。

大手自動車会社の会長を表の顔に持っていたが、カメラマンに暗殺を行う姿を撮られたため機密保持の為にジンに射殺された。死後、自宅も全焼している。

関西弁で喋るウォッカと同格のメンバー。ゲーム会社と裏取引を行っていた際に、取引相手の命を狙った者が仕掛けた爆弾によって爆死した。

キャンティやコルンと同じく狙撃による暗殺を主任務とするメンバー。
ベルモットの独断によって連れ出されジョディの暗殺を行おうとしたが、赤井に両脚を折られた上にベルモットにも見捨てられ、機密保持の為拳銃で自殺。

  • 楠田陸道
キール捜索のため仮病を装って杯戸病院に送り込まれた組織のスパイ。
正体が明かされたため車で逃走するが、追っ手にいた赤井への恐怖からそのまま拳銃自殺した。
ここまでならただのモブキャラだが、彼の遺体は赤井の死の偽装工作に深く関わっている。赤井とコナンが、死体を焼き赤井の死亡を偽造した。

死亡した潜入捜査員

バーボンこと安室透と懇意の仲にあった組織のメンバー。
ライというコードネームで組織に潜入していた赤井が原因で死亡したらしく、安室はその事で赤井を恨んでいる模様。安室と同様公安警察の一員で、スパイとして組織に潜り込んだ。

  • スタウト
純黒の悪夢』に登場。MI6から組織に潜入していた。ロンドンでコルンに射殺される。

  • アクアビット
純黒の悪夢』に登場。CSISから組織に潜入していた。トロントのCNタワーでガイドをしていた途中でキャンティに射殺される。

  • リースリング(本名:レオン・ブッフホルツ)
純黒の悪夢』に登場。BNDから組織に潜入していた。ベルリンでジンに射殺される。

劇場版オリジナルキャラクター

  • 原佳明

天国へのカウントダウン』に登場。コンピュータ会社「TOKIWA」の専務兼プログラマー。
以前組織に関与していたことがあり、組織を裏切りデータを持ち去っていたためジンに射殺された。

漆黒の追跡者』に登場。
親同然に慕っていたピスコを殺された恨みからジンの失脚を狙っていたが、機密保持の為に彼の命令を受けたキャンティに狙撃され死亡。

純黒の悪夢』に登場したラムの腹心。銀の長髪とオッドアイを持つ特徴的な女性で、特殊な記憶能力と優れた身体能力を持つ。
かつて組織の何らかの機密情報を知った事とその記憶能力ゆえにベルモットから始末されそうになったが、ラムにその能力を気に入られ部下となった。
日本の公安警察の握っていたスパイの身元情報を盗み出すための工作活動を行っていたが、一次的に記憶喪失になった際に少年探偵団の面々と関わったことで心境に変化が生じ組織からの脱走を図りジン達に命を狙われた。結果的に追撃は逃れたが、ジン達の攻撃により崩壊しかけた遊園地の施設から少年探偵団や多くの一般人を守るため、重機で施設に突っ込み崩落を食い止めた。しかし、自身は突っ込んだ際に瓦礫の下敷きになってしまい死亡してしまった。
キュラソーとは、あらゆる色に染めて楽しまれる事で知られる酒。

ゲーム・特別編オリジナルキャラクター

  • ケイト=ローレン

PlayStation用ゲーム『3人の名推理』に登場。表の顔はセシリア共和国の通商大臣の秘書。通商大臣とその関係者の暗殺任務を受けるが、コナンの策によって失敗。最期はジンとウォッカに撃ち殺された。

  • ジュネリック
特別編第26巻に登場。シェリーを姉のように慕っており、一時はシェリーと共にAPTX4869の開発も手がけていた。シェリー脱走後、人間の記憶を自在に操る薬を開発し、自らもAPTX4869で幼体化して脱走、子供を事故で亡くした夫婦の実子に成りすまし、シェリーの記憶を操作することで彼女と姉弟として生きようと企むが失敗、自身がすべての記憶を失ってしまった。
  • アラック
特別編第26巻に登場。表の顔はアミリーンという名の歌手。標的の暗殺に失敗し、コナンに犯行を暴かれたことで警察に逮捕され、護送中の車内で歯に仕込んでいた毒薬を用いて自殺した。

余談

冒頭でも述べられている通りその実態のほとんどは不明であり、多くの謎に満ちた組織である。
それゆえ、いくつもの大きな謎が存在しており、ファンの考察の話題になることもしばしば。

ボスの正体

数ある『コナン』の謎の中でも最も有名かつ盛んに議論されているもの。

作者の青山剛昌は、新聞のインタビューで「実はボスの名前は既に原作のどこかにでている。捜してみて下さい」、2005年青山剛昌とコナンファンの集いでの質問コーナーにて「(黒の組織の)正式名称はある。言うとボスの名前がバレちゃうので言えません」と発言している。
また、灰原哀は「ただでさえ信じ難い人物が浮かび上がって来るかもしれないんだから」と言っている。

そういった事から阿笠博士工藤優作が実はボスなのではないかという予想もあったが、その説が有名になりすぎて、なんと現在は両方とも原作者が否定している。

他の候補としては、以下の通りである。

円谷光彦
「ピカドール」というカクテルがある。
彼の「光彦」を英語表記にする→MITSUHIKO→ITSUHIOは意味のないノイズなので消去する→MK→これを逆にする→KM→KはKURO、つまり黒のイニシャル、MはMAKU、つまり幕のイニシャル→黒幕
光彦「すべては、俺がもとの姿を取り戻すための……道具だ!
※APTX4869(小型化する薬)を飲んで子供になっている想定です。

阿笠定子
阿笠博士の伯母。
組織のコードネームに用いられている酒の名称の種類に「アーント・アガサ」と呼ばれる酒が存在しており、アーントは「伯母」を意味している事から、「アーント・アガサ=阿笠の伯母」と連想され、候補に挙げられている。

黒羽盗一
怪盗キッドこと、黒羽快斗の父親であるマジシャンで、工藤有希子、シャロン・ヴィンヤードとは師弟関係にある。劇中では謎の死を遂げたことになっている
組織を象徴する烏から、「黒い羽=黒羽(くろば)」と連想できる事から、候補に挙げられている。組織に弟子のシャロンが所属していたり、「不老不死」の秘密が隠されている宝石の「パンドラ」に関わっていたのも、候補の理由となっている。
ちなみに、この人物がボスであった場合の組織の名称は「クローバー」とされている。

大黒連太郎
名前だけ登場。美國島の観光者リストにて、黒沢陣(ジン)、魚塚三郎(ウォッカ)、宮野志穂(シェリー)の隣に名前が記載され、また苗字に「黒」が用いられている事から、候補に挙げられている。ただし、作中で実在していた人物かどうかすら判明しておらず、この名称は他の候補達等が騙った偽名である可能性も否定できない。

鮫崎島治
CV:柴田秀勝(劇場版でデギン・ソド・ザビを担当。)
元警視であり、小五郎とも面識があるという美味しい立ち位置であるにも関わらず、再登場していない。
そして亡くなった娘がいる。
これはワンチャンあるな…!

ジェイムズ・ブラック
FBIの捜査官。
名前の由来がシャーロック・ホームズの宿敵・「ジェームズ・モリアーティ」で、なおかつ苗字がブラック(黒)である事から、候補に挙げられている。(モリアーティ由来の人物は『時計じかけの摩天楼』の森谷帝二もいるが。)
ちなみに、この人物がボスであった場合の組織の名称は「モリアーティ」とされている。
また、人違いで誘拐されコナン達に助けられた際には独白の中でだが、ベルモットと同様にコナンの事を「クール・ガイ」と呼称したり、赤井との会話で彼を「ホームズ」と例えている点等から、コナンの正体も既に知っているかの様なそぶりも見せている。
反面、組織の天敵である“銀の弾丸”こと赤井と割と仲良くしている(その妹である世良真純の事も知っている)、正体が判明してからは上記のような切れ者のシーンも無くなる(ミスリードの意味もあったと思われる)など、“あの方”とは思えない行動もしているため、現在は弱めな説。
後に赤井がキールと死の偽装工作をした事を知っており、支援していた事が明かされる。

なお、ジェームズ・モリアーティには、名前が同じ兄がいる。そのため、ジェイムズ・ブラックにも兄弟がおり、その兄弟があの方ではないか?という考察もなされている。

青山剛昌
メールアドレスが「#969#6261」で鳥取県の市外局番だということなので鳥取の関係者である(ネタです。)
ファンブックでの「あの方」ランキングでも(おそらくネタとして)上位に挙がっていたり、読者から「本当は青山先生が黒幕なんですよね?」という質問に対しても作者はふざけた調子で否定してはいるものの、果たして真相は・・・?

まじっく快斗』の「謎の組織」との繋がり

『まじっく快斗』は『名探偵コナン』と世界観のつながりがあり、さらに主人公黒羽快斗と敵対する「謎の組織」が登場する。
こちらも謎の宝石「パンドラ」を探しており、“ビッグジュエル”と呼ばれる宝石を次々と狙って世界規模で強盗犯罪を引き起こしているなど、かなり大がかりな組織であることがうかがえる。
この「謎の組織」と黒の組織が果たして同一の存在なのか、別の組織だとして何らかの繋がりがあるのかどうかも、ファンの間ではしばしば話題になることがある。

危険な組織?

案外そうでもないんじゃないの?(林原めぐみ談)

組織の筆頭格でもあるジンとウォッカは、現在ではラスボス感あふれるシリアスな描写ばかりだが、実は第1話の遊園地にて二人そろってジェットコースターに乗っている。勿論、いつもの格好で。
遊園地を取引の場所に選んだのはいいが、取引相手が来ていることを確かめるために、変装すらせずわざわざジェットコースターに乗っているのである。
しかも、目暮警部に目をつけられたときには二人そろって「やべっ!」と慌てる始末。

元々『コナン』は、当時の『金田一少年の事件簿』等の推理漫画ブームの中でつくられた作品であり、『YAIBA』『まじっく快斗』等コメディよりな作品を書いていた作者もまさかここまで長期化・シリアス化すると想定していなかったのが一因。もし連載が長期化しなければジンも少しはコミカルだったかもしれない。
(この時のジンは右利き(本来は左利き)であり、まだ色々と細かい設定が決まっていなかった可能性も高い。)

幹部のスパイ率の高さ

コードネームのある構成員は幹部扱いなのだが、正体がFBIの捜査官であるライ・正体がCIAの工作員であるキール・正体が公安警察官であるバーボンとスコッチというように幹部クラスにスパイが多いことがネタにされていた。
おまけにベルモットも秘密主義で組織の利害を無視して動く傾向があるので問題視されている。
更に『純黒の悪夢』で抹殺された世界各国の諜報員も組織に潜入して幹部クラスになっていたため、もしかして黒の組織って過半がスパイで構成されているのでは?というトンデモ説が浮上してきた。

関連イラスト

IMPACT NOIR
少年犯罪団


黒ずくめの組織



関連タグ

名探偵コナン
組織(名探偵コナン) 江戸川コナン 工藤新一 灰原哀 宮野志保 シェリー ジン ウォッカ ベルモット キャンティ コルン

pixivに投稿された作品 pixivで「黒の組織」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5274484

コメント