ピクシブ百科事典

目次[非表示]

かくざ父さんとは、実際の角砂糖を使用したパペットアニメーション作品。
『格言!かくざ父さん』へのマイナーチェンジを経て、2008年3月まで放送した。



あらすじ

いろんな物体と結婚をしたがるの糖子に、父親かくざ父さんが慌てふためく物語。全てではないが、ほぼ糖子が婚約者を連れて紹介するところから物語が始まる。

登場キャラクター


糖子が物心ついたときに妻を亡くし、男手一つで育て上げる。元警官。
最初は結婚を反対するが、最後には必ず結婚を認める。
頑固だが涙もろい面もあり、婚約者の身の上話を聞いてはよく泣く。また、糖子やその婚約者によって溶かされてしまう事も多い。

いろんな物体と結婚をしたがる、かくざ父さんの娘。37歳のようだ。
『かくざ父さん』最終回では黒ざ父さんの息子・黒ざ透明人間と結婚したが、『ご存知!〜』では再び独身に戻っている。
話によってNASAの長官、寿司屋の女将さん、妖怪のボス、大工、ウルトラマン、青木昆陽、ディスコの支配人等、様々な役柄に変身する。

かくざ父さんの亡き妻。糖子の母。
かくざ父さんがピンチの時や、回想シーン等に現れる。

かくざ父さんの妹。
おせっかいな性格で、糖子の結婚を世話しようとしたり、怪しげな骨董品を持って来たりする。

かくざ父さんの家に『砂糖経済新聞』を配達する青年。ポジティブな性格らしい。

警官時代のかくざ父さんの同僚。凶悪犯を捕えようとして殉職した。喋り方が丹波哲郎に似ている。
息子に黒ざ透明人間がいる。

大気圏突入容疑の凶悪犯。回想シーンに度々登場し、水鉄砲で黒ざ父さんを射殺した。
現在も指名手配書が街中に貼られている事から、まだ逮捕には至っていない模様。

数字の8の姿をした、そそっかしい男。頭部に手拭を載せている。口癖は「こいつは、うっかりだ」。
『ご存知!〜』第5話『娘のちりめん問屋』で、水戸黄モンブランの下男として登場したが、その後、単独で準レギュラー化。かくざ父さん達と同じ町内で、うっかり軒という食堂を経営しているらしい。
喋り方が高橋元太郎に似ている。

回想シーンに登場するおじさん。岩塩で出来ている以外、詳細は不明。

かくざ父さんの家の庭先や門前に突然現れ、「ゲバ〜ゲバ〜」と歌う少年。近所に住んでいるようだが、詳細は不明。

外部リンク

公式サイト

pixivに投稿された作品 pixivで「かくざ父さん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 327

コメント