ピクシブ百科事典

とんがりボウシと魔法の365にち

とんがりぼうしとまほうのさんびゃくろくじゅうごにち

KONAMIが発売したコミュニケーションゲーム。以降、シリーズ化している。
目次[非表示]

ゲーム概要

魔法学校へようこそ!
世界のどこかにある、現実と同じ時間が流れるふしぎな世界。
あなたはそんな世界の魔法学校にやってきた見習い魔法使い。まったり、のんびり、ときどきふしぎな事件が起こるこの世界で、わくわく魔法学校生活が始まります。
(公式サイトのゲーム紹介文より)

2008年11月13日に発売されたとんがりボウシシリーズ初代ソフト。略称は「とんがり」「とんがりボウシ」「365日」など。
初回起動時に魔法学校への入学手続きとして「名前」「性別」「生年月日(星座)」「容姿」「魔法学校の名前」を設定することになる。
ゲーム内の時間は現実時間(DS本体の時間設定)と同期されている。1つのゲームカセットにプレイヤー4人まで登録可能。魔法学校の名前は初回に決めたものから変更はできない。
基本的には魔法学校の授業に出て杖魔法・おまじないなどを学びつつ、「大魔法使い」の称号を目指すのが目的となるが、オシャレに精を出してみたり、恋人を作ったり、ムシやサカナを集めてみたり、楽しみ方は十人十色。
…というと、「某どうぶつの森のパクリじゃねーのか」というのが大半の第一印象のようだが、それを言ってしまっては全てのコミュニケーションゲームが存在意義を失ってしまう。
独自の要素を多数盛り込んで、十分なオリジナリティーを確保し、どうぶつの森にもっとも迫るクオリティを確立してるのはこのシリーズぐらいのものなので、ちゃんと中身を見てやってください。

ゲームシステム

お金の単位は「R(リッチ)」。
部屋(学生寮)の模様替え、プレイヤーの服の着替え、髪型の変更、クラスメートとの交流などシミュレーションゲームに必要な要素はあらかた揃っている。
ここでは、その中でも「とんがりボウシ」シリーズにしかない要素を列挙する。

魔法

十字キー入力によってプレイヤーを「変身」させ、”魔法語”と呼ばれる記号(言語?)を正しく入力することによって使える機能。
呪文は魔法学校で授業を受ける事によって増えていくが(攻略サイトなどによって)呪文さえ知っていれば、授業を受けていなくても魔法を使うことができる。

杖魔法

対象物に杖を振ることによって使える。
流れ星や花火を出すといったロマンチックなものから、クラスメートにイタズラをしたりするものまで存在する。中でも「オナラのまほう」はイタズラの他に幽霊退治にも使えるため、使用頻度が高い。
間違った魔法語を入力すると失敗扱いになり、杖を振った時に白い煙が出る。

おまじない

特定の場所でしか出来なかったり、決められたアイテムを所持していないと使えないもの。
透明になったり不思議なものを呼び出したり、強制的に天気を変えたり、所持金を増やしたりできる。クラスメートからの好感度操作もある程度可能。だが好感度上昇に関しては一定期間継続して行わなければ効果を発揮しないものがほとんど。相手に対する想いの強さを試しているのだろう。
手順を間違うなどして失敗すると変身が強制的に解除される。

階級・称号

一定の条件をクリアすることで手に入る称号。
みならい~だいまほうつかいまでの称号は主に「不思議事件を解決する」「雑草を抜く」「クラスメートと親密になる」「授業に出席する」等の行動で勝手に上昇していく。
それ以降の称号は特殊な入手条件を満たす事によって手に入る。ここで手に入れた帽子・杖は自由に付け替えることが可能。

階級・称号名貰えるアイテム備考
みならいまほうつかいホシのつえ/みならいとんがり帽最初から所持
ひとつぼしまほうつかい1つぼしまほうぼう
ふたつぼしまほうつかい2つぼしまほうぼう
みつぼしまほうつかい3つぼしまほうぼう
よつぼしまほうつかい4つぼしまほうぼう/ウッドスタッフ
だいまほうつかいだいまほうつかいぼう
ちえのまほうつかいリングワンド
ゆうしゅうなまほうつかいクリスタルステッキ
せいぎのまほうつかいサンダーステッキ
わるいまほうつかいわるいまほうぼうし
こいのまほうつかいプリティーステッキ
りゅうこうまほうつかいかわいいまほうぼうし
はなのまほうつかいひまわりステッキ
おしゃれまほうつかいマジカルパラソル
しんしのまほうつかいしんしのステッキ/しんしのぼうし
どくろのまほうつかいドクロのつえ/ガイコツマスク
ムシまほうつかいマジックハンド
さかなまほうつかいポセイドンのつえ

ふしぎ時間

ふしぎじかんとは、こちらの世界と向こうの世界が交わっている時間で、町の空が紫色に変わっている間のこと。(公式学校生活ブックから引用)
校長先生から"カギ"を受け取り、学生寮2階のはじまりとおわりの扉に使う事で起こす事が出来るふしぎな時間のこと。また、特定の日付になるとゲームを起動した際にカギの有無関係なく強制的に発生することもある(ゲーム内では"特定のふしぎ生物が強制的に扉を開けてふしぎ時間を起こしている"と記載)。
ふしぎ時間になると背景色が全体的に暗めになり、昼間でも紫色の空に天体が舞うようになる。この現象が起こった時にしか捕まえる事が出来ない生物も多数いる。
この時間になるといつもは機械室で寝ている骨格標本のダグラス先生が目覚め、広場で課外授業を始める。

ふしぎ事件

ふしぎ時間が起こった翌日以降から約7日間限定で起こるふしぎな事件。全52件。
季節などによって自動的に発生する事件が14件、その他の時期にカギを使って自発的に起こす事件が38件となっている。
UMA、地底人、ゴーレム、幽霊、ドッペルゲンガーなど魔法世界ならではのふしぎ生物との交流を思いっきり楽しもう。

ホウキ

ハロゲンデパートなどで購入し、アイテム欄から身に付けることでホウキに乗る事が出来る。
ホウキに乗るとプレイヤーキャラがホウキにまたがる形で宙に浮き、移動スピードが上がるが、なぜか川は越えられない最新作では改善されている)。
ホウキの種類はDLも含めると全24種。値段は800~15000R。
普通のホウキから家庭用掃除機、蝶やお花、キャンディ、果てはフルアルミ製など幅広い中からお気に入りの1本を探そう。

クラスメートとの交流

無機物~人間型まで種類が幅広く存在している。全100人。
クラスメートからの評価は4段階(嫌い<普通<友達<親友・恋人)で、よく遊んだり相手の好きなものを贈ったりすると好感度が上がり、話しかけなかったりイタズラ魔法をかけたりすると好感度が下がる。
クラスメートを呼び止めて「遊ぼう」を選択するとペアリング状態となり、この状態で一定の場所に行くと勉強会やお茶会が開かれたり、二人の相性をみてもらったりする事が出来る。
一定期間ごとに病気にかかったり転校したりするほか、日頃から仲良くしていると誕生日に電報をくれたりする。

ウワサ

魔法やおまじないを使う、雑草を抜く、クラスメートと話している時などに他のクラスメートにその姿を見られると、数日後にウワサになる事がある。
一度発生したウワサは早く芽を摘まないと瞬く間に広がり、学校中のウワサになると授業終わりにミニイベントが発生する(恋愛沙汰のウワサは当事者二人が授業に参加していないと発生しない)。
ヒゲマルラーメンに1人で食べに行くと、店主のヒゲマルから町で流れているウワサを確認することができる。

告白

友達の関係からさらに仲良くなると発生するイベント。
クラスメートに時間指定で恋人岬へ呼び出され、そこでの選択肢で肯定的なものを選ぶと同性なら親友、異性なら恋人の仲へと発展することが出来る。
親友・恋人となったクラスメートとは特別な会話が発生する。

留学生

本作では通信機能を使って、ほかの町のクラスメートを留学させることが出来る。
留学したクラスメートは学生寮に設けられている専用の部屋で過ごす。元の町に帰るにはもう一度通信をして迎えに来てもらう必要があるが、積極的に仲良くしているとクラスメートが元の街に帰った際、通信先の相手の話をすることがある。

登場キャラクター

名前モチーフ役職・備考
主人公人間プレイヤー。オリジナル主人公についてはオリとんを参照。

学校関係者

名前モチーフ役職・備考
校長先生太陽/月魔法学校の校長。
ドルイドン先生魔法使い教師(杖魔法)。
リカルド先生吸血鬼教師(魔法語)。
ミスキーキー先生かかし教師(おまじない)。
ダグラス先生骨格標本教師(課外授業)。
オルガンじいオルガン学校のチャイムを変更してくれる。
テツ柿?学生寮管理人。

商店街

名前モチーフお店
ピカード電球デパート「ハロゲンデパート」。
トメまほう使いのお店(材料・薬)「かめや」。
ビビトルソー洋服屋「スマイル・ビビ」。
ローリィサインポール美容室「モン・パリ」。
デイジーじょうろ花屋「フラワー・デイジー」。
メルシィワイングラスバー「ライムライト」のママ。
ジョージヤギ銀行。
ブニャー黒猫郵便局。
ゆうびんねこ黒猫ブニャーの部下の郵便局員。

その他

ヒゲマルダルマ屋台「ヒゲマルラーメン」の店主。ウワサの確認、ベリーの相場予想ができる。
マッハタクシー(ホウキ)運転手恋人岬~孤島まで無料で運転してくれる。送迎時間は約30秒。
ケット・シーケット・シー(アイルランド伝説の妖精猫)3の倍数の日にゆうれいやしきに現れる行商人。
さかなのしょ塔でサカナの登録をしてくれる。
むしのしょ塔で虫の登録をしてくれる。
キャプテン・ドット海賊孤島で決闘を挑んでくる海賊。

とんがりボウシシリーズ

とんがりボウシと魔法のお店⇒第2作。「とんがりボウシと魔法の365にち」のデータを引き継ぐ事が可能。要素を全て残しながら、新しく自分のお店の開店+アイドル業が出来るようになっている。
とんがりボウシとおしゃれな魔法使い⇒第3作。「とんがりボウシと魔法のお店」のデータを引き継ぐ事が可能。魔法のお店の要素+モデル業が出来るようになった。
とんがりボウシと魔法の町⇒第4作。前作までの要素はほぼ入っているが、前作のデータ引継ぎとローカル通信は出来ない。その代わりに巨大なショッピングモールが建っており、その中の自分のお店をすれ違い通信で交換できる。

関連イラスト



関連イベント

とんがりボウシと魔法の365にちに関するイベントがありましたら、紹介してください。

別名・表記ゆれ

とんがりボウシ

関連タグ

pixiv チョビ

pixivに投稿された作品 pixivで「とんがりボウシと魔法の365にち」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 113642

コメント