ピクシブ百科事典

みーくん

みーくん

みーくんとは、入間人間によるライトノベル『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の登場人物。
目次[非表示]

曖昧さ回避

  1. 人間、または動物に付けられるあだ名の一種。
  2. 漫画「がっこうぐらし!」の登場人物。→直樹美紀
  3. ライトノベル「嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん」の登場人物『僕』の愛称


本記事では3について記述する。

概要

入間人間著作のライトノベル『嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん』の主人公。
原作では容姿が意図的に伏せられているものの、中性的な美形らしく、『年上キラー』『美少年』との異名を持つ。
現在pixivに存在しているみーくんのイラストは、漫画版もしくは実写映画版の容姿に添っている。

タイトルが指し示すように極度の虚言癖を持っており、本編の文中では特定の事柄について淡々と述べた後に「嘘だけど」とそれら解説を自分で一蹴するという形でよく表されている。

作中における『八年前の誘拐事件』の関係者。
『まーちゃん』こと御園マユと共に犯人に監禁され、様々な残虐な仕打ちを受けた。一巻ではその影響から坂下恋日の診療所に通っていることが明かされている。
二巻以降では恋日が辞職した為通院出来なくなったが、事件後常に足を運んでいた為、心が壊れたマユと異なり精神は僅かに回復しているようだ。

事件に伴い、『ある単語』を聞くと強烈な悪寒に襲われるという症状が残っている。また、下の名前で呼ばれても同様の反応を示す。自分の名前が嫌い。
事件以前から不遇な環境で育った影響もあり、多くのトラウマを抱えている。蛾、蜜蜂ハッチ、働き蟻など昆虫によく例えられ、自分に対しても「昆虫系」の評価を下している。

『みーくん』『みーさん』と呼ばれているが、本人は名前を明かさない為、文章上では本名不明となっており、ミステリー要素を持つ本作の大きな謎の一つとなっている。
短編集である『i』の最終話にて明確な名前が明かされているが、それ以前にもヒントとなる描写は点在している為、名前を特定することは可能。
(というか、この記事の文章ですでに彼の名前は推理できる。興味のある方は考察してみてはいかがだろうか)

一巻では「まーちゃん、世界で一番きみを××してる。嘘だけど」と述べている。
ただしその『嘘』もまた『本当』かどうかは不明である。

関連タグ

嘘つきみーくんと壊れたまーちゃん
御園マユ 坂下恋日
にもうと
大江湯女

pixivに投稿された作品 pixivで「みーくん」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 2049453

コメント