ピクシブ百科事典

ミステリー

みすてりー

ミステリーとは、エンターテインメント作品のジャンルの一つ。
目次[非表示]

概要

何らかの謎を作中で提示し、その解明または解明を仄めかす描写を展開させることを趣旨とする作品群のこと。
元々は神秘不可思議を表す単語だったが、転じてそういった要素を扱った創作作品のジャンルの総称となった。
謎解きに使用される手段にちなんで『推理モノ』と呼ばれることもある。
pixivにおいては謎を用いた作品やそれ自体が謎な作品に付されるタグである。

多くの場合、作中で何らかの事件が起こり、その事件の真相を隠蔽しようとする『犯人』と、真相を暴こうとする『探偵役』の間で物語が展開される。

上記のような定義が含まれていれば基本的にミステリーとなり得る為、ホラーミステリーや医療ミステリーなど、様々なジャンルのミステリーが存在している。
基本的には小説を媒体とする『推理小説』が有名だが、テレビゲームなどでも使用され種類は幅広い。

ミステリ』と語尾を伸ばさずに呼ぶことも多い。

要素

ミステリーは様々な特徴的な要素からなる。典型的な犯罪事件を扱う場合は、who done it?(誰がやったか、犯人)、Why done it?(何故やったか、動機)、How done it?(どうやったか、犯行手段)が問題となる。原則として、これらが揃わないと真相を暴いたとは言えないからである。また、これらを応用することで発展的な要素、複雑なトリックも生まれている。

動機

犯罪、特に殺人のようなリスクの大きい犯罪が起こるからには、通常それなりの動機が必要とされる。ちょっとした気の迷いで人を殺すというのは、犯人として処罰されるときの長期の懲役、時には死刑といったリスクには見合わないであろう。動機がない者を簡単に犯人呼ばわりすることはできないのだ。もちろん、それを逆手にとって、通常の方法では動機を解明しようもない事件というのもありうる。

犯行手段

刺殺や撲殺なら、容疑者は犯行に用いられた凶器を犯行時に入手できたのか。凶器があったとして、容疑者に使いこなす腕力や技能があるのか。外傷がないのなら毒を盛られた可能性はあるのか。そもそも、推定死亡時刻に容疑者は犯行が可能であったのかどうか。手段を巡ってもミステリー作者たちはトリックに知恵を絞ることになる。

アリバイ

たとえ被害者を憎んでいて十分な動機がある人間であっても、被害者の死亡推定時刻に犯行を行う方法がなければ、犯人にはできない。これがアリバイである。複数の第三者から死亡推定時刻より前も後も一緒にいたと言われる容疑者は犯人にはできないであろう。アリバイが成立している容疑者が真犯人であることを証明するには、通常はアリバイを崩さななければならない。

密室

被害者が外部から出入りしようのない場所で死亡していたのならば、容疑者全員にアリバイが成立する。被害者と容疑者の一人だけが外部から出入りしようのない場所にいて被害者が死亡したのならば、犯行手段のある容疑者は一人だけである。これが密室での事件である。探偵が密室外の容疑者を告発したいのならば、まずは密室を破らないといけないであろう。

約束事

ミステリーは謎解きを趣旨としていることから、いかに読者に理解しやすい、または受け入れられやすい物語にするかが創作にあたっての課題となっている。
その為、よりよいミステリー作品を作るために様々な約束事が生み出された。

ノックスの十戒
推理作家ロナルド・ノックスが制作した、ミステリー制作への十のルール。

ヴァン・ダインの二十則
同じく推理作家であるウィラード・ハンティトン・ライト(ペンネームS・S・ヴァン・ダイン)が制作した二十のルール。

ファンタジーとの相性

ミステリーはその性質上、現実的・合理的な世界観を求める傾向が強い。
故に魔法や空想科学などの非現実的な展開に長けているファンタジーとは相性が悪いとされている。

が、現実的には以下のような方法をとることで、ファンタジー要素をミステリー作品に登場させることが可能であり、実際にそのような推理モノも多く制作されている。
また逆に、ミステリー要素を組み込んだファンタジー作品なども登場している。

・ファンタジー要素を『実はトリックで作られた偽物』として登場させる(『うみねこのなく頃に』など)。

・ファンタジー要素の仕組みをあらかじめ読者に明かして理解させ、その仕組みの範囲内でミステリーを進める(『新本格魔法少女りすか』『空の境界』など)。

アンチミステリー

上記のような定義や要素を含んでいるにも関わらず、それを皮肉った作風をしている、または作品自体がミステリーであることを否定している作品をこう呼ぶ。
ファンタジーを組み込んだミステリーとも異なる作風をしており、いわゆる中毒性を伴った作品も存在している。

日本三大アンチミステリー(三大奇書)

ドグラ・マグラ
夢野久作著の精神疾患をテーマにした情景の描写と、常軌を逸した展開が特徴の作品。
『読めば発狂する小説』という触れ込みで有名。

黒死館殺人事件
作者は小栗虫太郎。物語の9割が雑学に彩られており、それをもって真相解明を難解にさせるという大胆な手法がとられている。
一部シーンにおける探偵役の思考回路や行動原理にも一種の超展開が見受けられる。

虚無への供物
著者は中井英夫。登場人物自らが、実在する推理小説や前述のノックスの十戒などで推理をするというメタな展開になっている。
その内容から制作時、選考会の委員は当作を冗談で作られた小説とすら思ったという。

表記揺れ

ミステリ

関連タグ

フィクション サスペンス ホラー ファンタジー スリラー SF
探偵 怪盗 推理 謎解き
推理小説 ミステリ小説1話リンク集
ノックスの十戒 ヴァン・ダインの二十則
エンターテインメント作品のジャンル一覧

pixivに投稿された作品 pixivで「ミステリー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 973902

コメント