ピクシブ百科事典

アデット・キスラー

あでっときすらー

アデット・キスラーとは、『OVERMANキングゲイナー』のキャラクター。

概要

CV:林真里花
登場するなり授業中のゲイナーを問答無用で逮捕投獄した。ヤッサバと同様にシベリア鉄道警備隊の傍若無人ぶりを象徴する人物として登場する。ドゴッゾに乗っていたが起動したキングゲイナーに返り討ちにされた。
ヤッサバの命令で「ヤーパンの天井」に潜入。潜入中にヤッサバが任務に失敗して離脱し、「ヤーパンの天井」に取り残される。駅伝大会に乱入してサラと激闘を繰り広げ、なし崩しに「エクソダス」に参加。高校教師の職(と生徒達用の給食のパン)にありつく。教師となってからはゲイナーの家に強引に転がり込み、同居生活を始める。
シベ鉄時代は知的な口調を使ったりもしていたが、なぜか高校教師になった途端にその口調を使わなくなった。
シベ鉄時代もかなり無茶苦茶だったが高校教師になってからは食料調達のため生徒を引き連れ強盗するなど、輪を掛けて無茶苦茶になった。
サラが羨むナイスバディ。戦闘時は真っ赤なボディコンスーツ。教壇に立つときは白いワイシャツ。寝る時は全裸というとんでもない女傑。
荒っぽくがさつで強引な性格だが人情には厚く、シベ鉄警備隊に居たのも「不器用で女らしい仕事ができないが、それでも家族のために働きたかった」という話が後述のアデット隊隊員から。サラとは犬猿の仲で事ある事に対立するが、ある意味似たもの同士。
また「ヤーパンの天井」にガンガラン・ドームポリスの難民が流入した際、戦闘経験の無いガンガラン・ピープルと乱闘し、衝撃と感銘を受けたガンガラン・ピープルが自警団を創設、アデットは隊長にスカウトされ、隊の通称もアデット隊となる。
シベ鉄から「退職金の代わり」と称し大量の新型シルエットマシン・ドーベックを強奪しアデット隊に配備。赤く塗ったドーベックを愛機とする。
かつての部下ケジナンとエンゲは「姐さん(あねさん)」と呼び、同僚のジャボリは「お姉さま(おねえさま)」と呼んでおり、部下の面倒見は良かったようだが、寝返ってからは容赦がなく散々な目に遭わせている。
惚れっぽい性格で開始当初はヤッサバと恋仲。ゲインに色目を使った後で、ガウリに惚れ込む。一方ケジナンから熱烈な告白を受けるなど好意を寄せられるがまったく相手にしていない。
デスネッタの不安ウェーブの影響すら少なかった彼女だが、ナメクジだけは苦手らしい。
搭乗機体はシベリア鉄道警備隊時代にはドゴッゾに乗っていたが、エクソダス合流後はゲイナーをしごくためにキングゲイナーに同乗し、アデット隊では赤ドーベックを駆り陣頭指揮をとる。

pixivに投稿された作品 pixivで「アデット・キスラー」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20600

コメント