ピクシブ百科事典

ウィルフレド

うぃるふれど

ウィルフレドとは、『ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者』の主人公。
目次[非表示]

概要

『ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者』の主人公。
父・セオドールが戦死し、その魂が戦乙女であるヴァルキリーに選定されたのだが、その後ウィルフレドの妹のエルシーが衰弱死してしまい、更に母・マルゴットはセオドールとエルシーの死を受け入れられないあまり記憶退行する等、家庭は崩壊してしまう事になった。
やり場の無い怒りに駆られたウィルフレドは、受け入れ難い現実から目を背けたいあまり、父の魂を連れて行ったヴァルキリーが全ての元凶であると憎む様になってしまい、神を殺す為の力を得るべく、幼馴染みのアンセルと共に村を旅立つ。

本来は、優しく直向きであったのだが、ヴァルキリーへの復讐心に取り付かれてからは、そのなりを殆ど潜めてしまっている。また、思い込みが非常に激しく、ヴァルキリーに対する憎しみは傍から見ても常軌を逸しており、行動を共にしているアンセルからも心配されている。

なお、ヴァルキリーが原因で父親のセオドールは死ぬ事になったと、ウィルフレドは解釈しているのだが、実際のセオドールの死は戦場で戦った末に戦死したに過ぎず、ヴァルキリーが直接手に掛けて殺した訳ではない
たとえヴァルキリーがセオドールの魂を選別しなくても、セオドールの死そのものは回避できないという「どうにもならなかった結末」でしかなく、有体に言ってしまえば、ウィルフレドがヴァルキリーに向けている憎しみは、ただの「八つ当たり」…もしくは「逆恨み」で、ヴァルキリーを殺す為の力を得るという行動も、現実逃避としか言えないのである。
アンセルもその事実に気付いている為に、出来る事ならウィルフレドがヴァルキリーへの復讐をするのはやめて欲しいと思っている。

傭兵となって戦場を渡り歩いたウィルフレドは、やがてアンセルを不使者の攻撃から庇って命を落としかけ、ヴァルキリーにその魂を選定されそうになるも、エインフェリアになっていた父・セオドールの願いを汲み取った彼女によって再び生を得る。
しかし、意識が朦朧としていたウィルフレドはその事実に気付けず、セオドールを失った後の過去を走馬灯によって蘇らせた事で、より一掃ヴァルキリーへの憎しみに取り付かれた結果、冥界の女王・ヘルに選ばれる事になり、1年間の期限のついた冥界との契約によって、『女神の羽根』の力を得る事になる。
そしてウィルフレドは、力を求めるあまり、その代償を知っていながらアンセルに『女神の羽根』を使ってしまい、遂に『取り返しのつかない過ち』を犯してしまう事になる。
必死に死にたくないと叫びながら死んでいったアンセルの姿を目の当たりにしたウィルフレドは、その後、冥界からの使者としてエーリスが現れ、理性のタガが外れかかったも同然の状態に陥り、彼女と共に『ヴァルキリーを倒す力を蓄える為の仲間』を捜し求めて戦場を駆け巡る事になる。

なお、ウィルフレドは結局、行動を共にしていたエーリスこと冥界の番犬・ガルムやヘルによって利用されていたに過ぎず、エーリスはヴィルノアとクレルモンフェランの両王子を支援し、ロイエンバルグが中心となって行っていた和平会談を阻止する計略等を行っていたのだが、ヴァルキリーへの復讐にしか頭に無かったウィルフレドは、本人が明かすまでまるで気付けないでいた。
また、ヴァルキリーは倒されても、あくまでも物質化した身体が滅ぶだけで、人間と神それぞれへの転生を繰り返す為、ウィルフレドの望むヴァルキリーの抹殺という目的は、どうやっても出来ない。これの事実についてエーリスも知っていたようであるが、ウィルフレドを利用していた彼女はその真実を話す事はなかった。

女神の羽根を使用する程、ウィルフレドの力は強化されていくが、次第に人格面にも悪影響を及ぼす事になる。
大量使用によって完全に力に溺れた場合は、見兼ねて姿を現したヴァルキリーに自分が女神の羽根で犠牲にして、その後エインフェリアになった仲間達を見せ付けられるも、自らの行い全てがヴァルキリーのせいであるとまで開き直っており、その浅ましさから、フレイにも『唆されるがまま、冥界の慰み者にされた愚かな人間』とまで酷評される程、救いようの無い存在にまで堕落する事になる。

プレイヤー等からの評価

かなりの悲劇的な経験の持ち主であるものの、ヴァルキリーに筋違いな憎しみを抱いている点や、独り善がりな復讐の為に記憶退行してしまった母親を幼馴染みに半ば押し付けて旅に出てしまう点、『女神の羽根』を使った親友のアンセルを始めとする仲間達への行い、そして『エンディングC』における身勝手過ぎる振る舞い等からも、その行動はもはやアンチ・ヒーローを通り越して、『鬼畜』、『外道』、『人間の屑』に等しいものがあり、プレイヤーによっては「レザード・ヴァレス以上の卑劣漢」と認識される事も。
また、『エンディングB』のルートでも自らを止めに現れた父・セオドールに対し、八つ当たり同然の憎しみをぶつけて戦った挙句、結果的に自らの行った冥界との約定の尻拭いをセオドールにさせてしまっており、やはり救い様の無い人物と見なされている。
これらの事から、主人公としての人気に関しては、レナスやアリーシャシルメリアとは程遠いまでに低く、手厳しい評価を下される事が多い。
むしろウィルフレドを利用していたエーリスの方が、高い人気を持っている。

最も妥当な結末は…

ウィルフレドが主人公となる『咎を背負う者』の結末は、『レナス』と同様に3パターン用意されているが、『レナス』のストーリーに繋がるのに最も妥当な結末はいずれになるのかファンの間では話題に出る事が多い。

まず、『女神の羽根』を全く使用しない『エンディングA』であるが、この場合だとエピローグにてレナスの人間としての記憶を封印するオーディンとフレイの会話が発生せず、辻褄が合わなくなる部分がある為、このエンディングが『レナス』のストーリーに繋がる事は殆ど無いに等しいといえる。
次に、『女神の羽根』を幾つか使用して父・セオドールと戦う事になる『エンディングB』では、オーディンとフレイの会話は発生するものの、レナス本人が気に病んでいるとはいえ、神界側の損失がエインフェリアであるセオドール一人に過ぎないのを考えると、レナスの人間の記憶を封印する理由として、それ程の重要性があるとはいえず、これも『レナス』のストーリーに繋がると言えない。
そして最後に、『女神の羽根』を大量使用した結果、欲望に溺れたウィルフレドが悪鬼羅刹の如き復讐者となる『エンディングC』は、仮にも神であるヴァルキリーが、冥界と契約したとはいえ人間に過ぎないウィルフレドに倒されてしまうという、神界と地上のバランスを大きく揺るがしかねない事態となり、そしてその原因が「『人間の心』を唯一理解出来得るヴァルキリーとしてのシステムそのもの」にあったとオーディンが判断したと、レナスの人間としての記憶を封印する理由として、最もらしい形で描かれている。
また、『レナス』のセラフィックゲートでは、『咎人の剣"神を斬獲せし者"』と呼ばれる剣が存在し、『咎を背負う者』のストーリー中に語られる『羽根の持ち主である戦乙女を斬獲する力』という咎人の剣の解説から、『VP1』の『咎人の剣』が、ウィルフレドの『咎人の剣』の成れの果てである可能性が高く、より『レナス』のストーリーとの関連が強くなっている。

あまりにも悲惨な結末であるが、残念ながら『レナス』のストーリーに繋がるウィルフレドの結末として最も妥当になるのは、欲望の果てに冥界に堕ちて身を滅ぼす『エンディングC』であると言える。

関連タグ

ツインテール ヴァルキリープロファイル 咎を背負う者 VP咎 外道 鬼畜 
アーリィ……セラフィックゲートで「主役をよこせ!」と言われる。


VP主人公リンク

レナス シルメリア アリーシャ

pixivに投稿された作品 pixivで「ウィルフレド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 51309

コメント