ピクシブ百科事典

エフラム

えふらむ

任天堂のゲーム「ファイアーエムブレム 聖魔の光石」の主人公の一人。英語表記はEphraim。
目次[非表示]

概要

ファイアーエムブレム 聖魔の光石の主人公の一人。
聖魔の光石エフラムエイリークの二人の主人公がおり、途中からどちらかを選択して物語を進めていくことになる。

ファード王の息子でエイリーク王女双子の兄。一人称は「俺」。
気高く恐れを知らないルネス王国王子。正義感が強く行動的な性格だが、王子としての気品も併せ持っている。
戦争の前はルネス王国の後継者という自覚がなく、エイリークが王位を継げばよいと考えていたが、戦乱の中で次期ルネス王としての自覚が徐々に芽生えることとなる。
非常に妹思いであり、作中に入り唯一の肉親となった彼女を度々気遣うなど、お互いを助け合う存在。

歴代FEの王子様系主人公にあたる妹エイリークと対をなす武闘派で、こちらはヘクトルの流れを汲み、後のアイクに続くこととなるアグレッシブな主人公である。
またシリーズで唯一、を初期からのメイン武器とするロード(主人公クラス)でもあり、
その槍の腕はルネス騎士団からも一目置かれるほどである。
ひたすら槍一筋で、戦争前は「槍一本で大陸一の傭兵になる」とも発言していた。
反面、戦いに関係しない勉学は苦手である。
また力がある故に強敵との戦いを望む業があるが、それに対する自覚はある。

グラド帝国に侵略された際は行方不明となっていたが、実は物語開始以前から前線でグラド軍相手に孤軍奮闘しており、数名の仲間騎士だけで水城レンバールを奪取。
しかしそれは罠で、制圧直後にグラド軍に包囲されたことを知るやいなや脱出を試み、ヴァルターの包囲網を突破する。
「勝ち目のない戦いはしない」らしいが、この時は描写的にどう考えても絶体絶命の危機だった。騎馬隊のみならずドラゴンナイトも複数いるし。
その後皇帝ヴィガルドに一矢報いようとグラドへ向かおうとしたが、救出のためにレンバールに攻め込んだエイリークたちの存在を知り合流。レンバール城を守るグラド軍を今度こそ一掃し再制圧に成功。

レンバールの戦いが終わった後は聖石の破壊を止めるため、妹たちと別れ引き続きグラド帝国に進攻していく。(ここで主人公選択があり、妹のルートを選ぶと自分の配下を全員妹の隊に回し他国の兵を率いてグラドを落とすという展開になるが気にしてはいけない)

初期クラスはロード。クラスチェンジするとマスターロードとなり、騎馬ユニットになる。
専用武器はレギンレイヴジークムント
エイリーク、ターナラーチェルミルラとの間にペアEDが発生する。
支援会話では直属の者と昔話したり、気の強い女性に怒られたり、ある少女からお兄ちゃんになってとお願いされたり、相手が思い出話してるのにその相手の兄との勝負の話をして怒られたしてる。なおライバル視されてる相手との支援会話はない。

容姿

水色ベースの服の上に内側は赤の黒マントに青い鎧が特徴。父似。
短髪の髪の色は絵師によってまちまちだがエイリークと比べて緑が入った青緑な色をしている。

「覚醒」でのエフラム

「エフラムの勇槍」という武器が登場する他、DLC「光対闇 光編」クリアで参入させられる。そこまでではないが台詞がやっぱり戦闘狂な感じ。
クラスは元作品の上位職に近いパラディン…かと思ったらまさかのグレートナイト。槍の師匠であるデュッセルと同じクラスとなった。
しかもヴァルハルト専用スキル「覇王」を持っているため、物理攻撃において弱点無しと言う凄まじい性能(魔力関連はお察しください)。
さすがに専用武装は無いものの、名を冠した武器の性能は良い為、それを装備して戦うのも悪くない。
が、彼を参入させるステージは復讐(技×2の確率で減ったHPの半分ダメージ追加)スキルを持つ過去の(準)ラスボスキャラがわんさかいるため、一筋縄ではいかないだろう。


ちなみに、彼のスキルはダブルを組むことで効果を発揮するスキルが多い。
エイリークが配信されたら組めって事なのか?…とか言っていたらこちらも専用イラストでエイリークの配信が決定してしまった。しかもクラス「花嫁」で

関連イラスト

緑フェスありがとうございました!
傭兵王に俺はなる!



関連タグ

ファイアーエムブレム 聖魔の光石
エイリーク ヒーニアス ターナ ラーチェル カイル フォルデ ミルラ デュッセル
リオン オルソン ヴァルター

けだもの
カップリングタグ
エフタナ エフラー
エフエイ

pixivに投稿された作品 pixivで「エフラム」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 491040

コメント