ピクシブ百科事典

ガンダムバエル

がんだむばえる

ガンダム・バエルとは、TVアニメ「機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ」に登場するモビルスーツである。
目次[非表示]
ガンダムバエル


概要

ソロモン72柱序列第一位の悪魔の名を冠するガンダム・フレームの初号機。
原初の機体らしく、白銀に輝く細身の体躯を持つシンプルなスタイルでまとめられた機体で、バックパックには大型のスラスターウィングを有しており、光の翼と見紛うほどの巨大な噴射光を伴う推力を利用する事で重力下での単独飛行を可能とする。

ギャラルホルンの創設者アグニカ・カイエルの乗機であり、機体には彼の魂が宿り、その魂に認められた者(=機体を起動する事が出来る者)は文字通りの「主(バアル)」として組織を統べる事が出来ると伝えられている。
一方で純粋な機体性能は他のガンダム・フレーム機と同水準であり、動態保存されていたとは言え機体特性面では対モビルスーツ戦を想定に於いて仕様変更を施されたガンダム・バルバトスルプスレクスガンダム・キマリスヴィダールに劣る一面も見られる。
その為、ギャラルホルンでは単純な戦力以上に権力の象徴としての意味合いが強く、ラスタル・エリオンはこれを「錦の御旗」と表現している。(錦の御旗とは、元々は朝廷より朝敵を討つ際にその将に渡される赤い錦に黄金の日の丸が描かれた旗の事であり、この旗に敵対することは朝廷(天皇家)の敵とみなされる。なお、最も有名な戊辰戦争で用いられたものは維新軍側の密造品。)
マクギリス・ファリドは幼少期からこの機体の事を熟知しており、過去にラスタルから欲しいものはないかと聞かれた際に「バエル」と答えたことがある。

機体の与える影響力こそ大きいものの、現存するガンダム・フレームで唯一、厄祭戦当時のコックピットブロックを持ち、バルバトスやグシオン・リベイクと同じ垂直スティック型の操縦桿を備える。
操縦には阿頼耶識システムによる交感を必要とし、加えて人体の機械化を禁忌とするギャラルホルンが長い歴史の中でその起動条件を忘却していった事もあり、これを操る事が出来る者は存在しなかった。(また、阿頼耶識のコネクタ形状やパイロット側の埋め込み位置も従来の阿頼耶識とは異なるのが特徴。)
その為、長らくギャラルホルン地球本部「ヴィーンゴールヴ」の地下層「バエル宮殿」にセブンスターズ各家のガンダム・フレームと共に安置されていたが、組織の全権を掌握する為にクーデターを起こしたマクギリスが、アイン・ダルトングレイズ・アインによって得られたデータを使用して成人でありながら自らに阿頼耶識システムを施術した事で、300年の時を越えて起動を果たした。

機体データ

型式番号ASW-G-01
動力源エイハブ・リアクター×2
使用フレームガンダム・フレーム
全高18.0m
本体重量30.0t
武装
  • バエル・ソード×2
  • 電磁砲×2
パイロットアグニカ・カイエル→マクギリス・ファリド


武装

バエル・ソード

腰部ブレードホルダーにマウントされる二振りの近接格闘武器。
グリムゲルデに採用されているヴァルキュリアブレードと同様の特殊超硬合金製の刀身を持つ。
特殊合金は硬度に優れるが素材の希少価値が高く加工も難しい為、メイスやランスのような大型武装には使いづらく、これを使用した武器は総じて刀剣など小柄な物に限られる。
バエルはこれ以外目立った携行武装を持たないが、これはアグニカが他の武装を必要としていなかった事に起因しており、彼の強さの象徴としての意味合いが強い。
ブレードホルダーはアームによってフレキシブルに可動し、スムーズな抜刀が可能。

電磁砲

スラスターウィングに1門ずつ内蔵されている小口径レールガン。
ウィング自体が持つ高い可動性により広い射角を誇る。

関連イラスト

ガンダムバエル
ガンダムバエル(再設定バージョン)



関連項目

機動戦士ガンダム鉄血のオルフェンズ
ギャラルホルン ガンダム・フレーム
マクギリス・ファリド
鷲尾直広

pixivに投稿された作品 pixivで「ガンダムバエル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 57527

コメント