ピクシブ百科事典

アメリカのニュージャージー州一帯で古くから報告されているUMA若しくは悪魔
リーズ・ポイントの悪魔』『リーズ家の悪魔』と言う異称を持つ。

容姿

体長1~1.8m程度、馬、羊、鹿に似た面長の顔付きをしており、真っ赤な目と細長い尾を持つ。
胴体は黒っぽい毛で覆われている。
背中にはコウモリを思わせる翼が生えており、空を飛ぶ。
後足は馬のそれに似ており、路上や建物の屋根に馬蹄状の足跡を残す。

その正体としては、

  1. 中生代に棲息した翼竜の生き残り
  2. アフリカに生息するウマヅラコウモリ
  3. アメリカワシミミズクやの誤認
・・・などが挙げられている。

伝承

1735年、同州南部に住んでいたリーズ家の母親(因みにこの「リーズ家の母親」はジャネット・リーズという実在の人物で、少なくとも12人の子供が存在した記録が残っている)が13番目の子を出産する際に大変な難産であった為、「こんなに苦しませる子なら悪魔が生まれてくればいい」と冗談で言った所、 ようやく生まれた13番目の子供は母親の腕の中で突如怪物へと変身し、そのまま天井を突き破り飛び去った…と言う。
上記の「リーズ家の母親」伝説は後世脚色が加えられた可能性が指摘されている。異伝では、当時12人の兄弟のうち下から3番目の子供が森で奇妙な卵を見つけ家に持ち帰った。子供達は卵を孵化させようと家の暖炉で暖め始めたが、数ヵ月後卵から孵化したのは見た事が無い奇妙な獣だった。親はすぐ、森に獣を捨てるよう子供に命じるが、情が移ったのか子供達は地下室で密かに育てる事にした。然し、兄弟の内一番下の妹が獣に噛まれた事が切欠でとうとう親に見つかってしまう。奇妙な獣は既に子犬ぐらいの大きさになり、しかも凶暴化していた為子供達も手に負えなくなった。そこで親や近所の住民がその夜獣を処分しようとしたが、突如獣は奇声を発し、夜の闇へと飛び去ってしまったと言う。
この一件が大袈裟に伝えられている内に、上記のような悪魔誕生話へと成長したのが真相ではないかと言われている。

尚、これらの伝承以外にも幾つかの異説が存在する。

1778年~1993年にかけてニュージャージー州の各地で目撃情報があり、最近では2007年、2008年にも観測されている。

pixivに投稿された作品 pixivで「ジャージーデビル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 42588

コメント