ピクシブ百科事典

スターオーシャン

すたーおーしゃん

1996年にエニックス(現スクウェア・エニックス、開発はトライエース)から発売されたゲームソフト。およびそのシリーズ。
目次[非表示]

スターオーシャンのほか、SOスタオースタオと複数の略称がありpixiv内でもタグ使用が混在しているが、この項目ではシリーズ第1作である『SO1』について記載する。「スターオーシャンシリーズ」についてはSOを参照。
なお「スターオーシャン」のpixivタグはSOシリーズを示すタグとして使われている例がかなり多いため、第1作の『スターオーシャン』を示す際にはSO1タグの併用がおすすめ。

人は云う、宇宙は星の海だと

概要

記念すべきシリーズ第1作。
声優起用によるフルボイス戦闘や聴き応えのある楽曲が売りとなり、スーパーファミコンの容量の限界に挑んだ作品と謳われた。

月刊少年ガンガン』でかぢばあたるによるコミカライズも行われている。単行本は全1巻。
話数の都合上固定4人で話が進むため本編に他の仲間が登場しないが、単行本扉絵と目次に全キャラとバーニィが、一部キャラが「未出演者達へのレクイエム」のタイトルでオマケとガンガンコミックお馴染カバー裏で登場している。

2007年12月にPSPで『スターオーシャン1 First Departure』と改題されたリメイク版が発売。オリジナルであるSFC版と区別するために『SOFD』あるいは『SO1FD』と略記されることもある。触れる機会の多いPSP版の要素も踏まえて紹介する。

あらすじ

文明がさほど発展していない惑星、ローク。
田舎町クラトスの自警団として勤める青年ラティクス、通称ラティは、退屈ながらも平和な毎日を過ごしていた。

しかし、ある時を境に平和は傾き始める。余所で発生した人体石化現象が広まり、ラティ達の身の回りにも影響が及び始めたのである。
遂には親友・ドーンが石化に蝕まれ、ラティ達は病状を治すべく、危険な山岳地帯へ薬草の採取に向かった。
到着した山頂で、ラティ達は得体の知れない2人の人物と遭遇する。
「薬草では石化は止められない」と告げられ、半信半疑ながらもラティ達はその2人と行動を共にする事となる。
これが300年過去のロークと星の海を跨る、長い冒険の始まりであった。

登場キャラクター

主に「ローク人」、「地球人」、「過去ローク人」に分けられる。
過去ロークとは、本作の冒険の大半を占める舞台で、ラティの時代から300年昔に遡ったロークである。
ローク・過去ローク人はその多くが猫や虎を先祖とするため、尻尾など動物の名残を残しているのが特徴。

ラティクス・ファーレンス
ミリー・キリート
ドーン・マルトー
ロニキス・J・ケニー
イリア・シルベストリ
シウス・ウォーレン
アシュレイ・バーンベルト
フィア・メル
ヨシュア・ジェランド
マーヴェル・フローズン
ティニーク・アルカナ
ペリシー

PSP版の追加キャラクター

エリス・ジェランド
ウェルチ・ビンヤード

敵キャラクター

アスモデウス
今作のキーパーソン。
退治ではなく、あくまでワクチン作成に必須な体組織の回収が目的。
SO4』にて、彼のバックグラウンドがより深く描写されている。
その存在によって狂信的宗教が発足していた様だ。

デル・アーガスィ-深紅の楯-
ヨシュア、マーヴェル、そしてエリスの物語の核心となる人物。
かつてはアシュレイと肩を並べた英雄だったが、とある経由で呪いに縛られ、今に至った。
SFC版とPSP版でそれらへの解釈がやや異なっている。
彼との戦闘BGM「TENSE ATOMOSPHERE」は名曲。

ジエ・リヴォース
惑星ファーゲットの独裁者。物語のラストは彼の暗殺が使命となる。
独裁者までに至った思考はともかくとして、ボス敵としてはロールプレイングゲーム史上最弱とまで謂われている。実際、万全を期してから戦いを挑むと、あっさりと勝利してしまう。
第二形態もあるが、あだ名はズゴック
ジエの弱さは「単独」で「巨大」で「動かない」といったラスボス然とした特徴が本作の戦闘システムにおいては致命的に相性が悪いことに由来している。敵味方共に攻撃を受けることで行動が中断されるため、上記の特徴は一方的な展開のラスボス戦を生じさせることになる。

関連イラスト

スターオーシャン本「星の海開き」表紙絵
スタオオオ!!からー


18周年おめでとー
20周年でした。



関連タグ

スクエニ トライエース
テイルズオブファンタジア SO ヴァルキリープロファイル

pixivに投稿された作品 pixivで「スターオーシャン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 5869563

コメント