ピクシブ百科事典

スリット姦

すりっとかん

ペニスが内部収納式のケモノ(動物、獣人、モンスター含む)のスリットを攻める性交の方法。

概要

爬虫類・鳥類・水棲動物系など多くの場合、雄のペニスは外部に露出せず平常時は内部に収納され、雌と同様縦(または横)に割れた割れ目状の穴を呈し、それをスリットと呼ぶ。

スリット姦は、そのスリットの中へペニス・指・舌・触手・器具などを挿入し、内部に収納されている相手のペニスを刺激し快楽を得る(与える)方法である。

しかし、総排出口タイプの場合はペニスが外部に露出した状態でも直腸からスリットへの挿入が可能である。
(現実にもペニスが露出したワニのスリットに挿入を行っている動画が存在している)

スリットを有するのはある種類の動物であるためスリット姦は獣姦、異種姦を兼ねる。

スリットの内部は雌の膣に似た空洞の奥に未勃起の状態のペニスが待機していると考えられているが、スリット内の構造やペニスの角度や深さや形状は種族や個体差によって千差万別である。

従来雄同士の場合、肛門から直腸を用いて後ろから挿入する性愛の方法が採られることが多いがスリット姦の場合、雄でありながら雌と同様前からの挿入が可能となる。

雌に対してもスリットという表現を用いることはあるが、通常は雄のケモノ(動物、獣人・モンスター等含む)に対して用いられる。

関連タグ

R-18 スリット ケモチン ケモノ 獣姦 異種姦 ヘミペニス

コメント