ピクシブ百科事典

仮面ライダーカイザ

かめんらいだーかいざ

仮面ライダーカイザは、『仮面ライダー555』に登場するライダーの1人である。
目次[非表示]

「仇を取らせてもらう・・・俺自身の仇をな!!」



概要

主な変身者は草加雅人。カイザドライバーで変身する仮面ライダー。
変身コードは「913」。
カイザフォンはリボルバー型。ギリシア文字のΧ(カイ)をイメージさせる頭部が特徴。
フォトンストリームの色は
555作中において主役ライダーであるファイズに続いて二番目に登場した、いわゆる2号ライダーである。

安定性を重視としたファイズに対し、カイザはパワー重視の設計となっている。ファイズのフォトンブラッドよりも高出力かつ2本線になっている「ダブルストリーム」の効果によって、通常のファイズよりもパワーに優れたギアとなっているが、反面瞬発力はファイズに劣っているという欠点もある。

オルフェノクやオルフェノクの記号を持つ者なら誰でも変身でき、劇中では木場冴子など複数のキャラクターが変身している。
だが、不適合者が使おうとするとエラーが起きて弾かれてしまうファイズギアとは異なり、カイザギアには「オルフェノクの記号さえ持っていればとりあえず変身できてしまうが、その記号が適合しているか否かを判別する機能が無い上に、不適合だった場合は変身終了後に死に至る」という致命的な問題点がある。もっとも、ベルト自体が人間が使うことを想定しておらず、一度きりの変身というのも結果的に所持を防止するということにもなるため、オルフェノクにとっては一番理想的な性質と呼べる。劇中で草加が何度も変身できたのは、オルフェノクの記号に草加の肉体が適合していたため。
しかし、何度も使用するうちにやがて消耗していった。

このような使用者の命を省みない危険性から、カイザギアは「呪われたベルト」とも形容されている。
どれぐらい呪われているかの端的な例として、カイザは「ファイズとオルフェノクの戦いを高所から観察だけして、手出しはしなかった謎のライダー」という具合に視聴者に顔見せだけする形で初登場したのだが、その時の装着者である高宮という人物は実は不適合者だった……つまり変身して突っ立っていただけで死亡したというあんまりにも哀しすぎる事実が後から判明した、という一幕がある。
さらに、適合した人物もほとんどがカイザギア以外の要因で最終的に死亡しているという事実もある。

劇場版では、啓太郎が『変身一発』を飲んで決死の覚悟でカイザに変身すると言う場面も見られた。この薬は前述の『オルフェノクの記号』の人造版を人体に埋め込み人間にもギアを使えるようにするのだが、ギアにも負荷を強いるという欠点があるらしく、一度変身に成功してライオンオルフェノクを倒した直後、作動不良を起こしてギアが灰化してしまった。

登場した当初はファイズを上回る出力で活躍していたが、やがて出力で上回るデルタが登場し、またファイズも出力こそ低いものの高い拡張性を発揮していき、結果としてカイザは、出力ではデルタに劣り、多用途性ではファイズに劣るという、どっちつかずのライダーギアになってしまった。

作中でもその点は指摘されているが、草加はカイザギアに愛着があったのか不適合者が死んでしまう欠点を危険視していた(=これ以上カイザの欠点で仲間の流星塾生を失いたくなかった)かは解らないが三つのライダーギアを揃えてもここぞという時に変身するのはカイザだった。まあ、一番使うのに慣れているからというのも、理由の一つなのかもしれないが…。

また澤田に命を奪われた真理を救う際にはスマートブレイン社に向かうも、「スマートブレインを潰すためのベルトを渡すわけにいかない」と苦渋の決断をし引き返すがその決断に苛まれ、彼は悲痛な叫びとともに3本のベルトのケースを地面に投げつけるがカイザのケースだけは開いていた。

この時、彼は既にカイザの運命を課せられていたのかもしれない。

ついでにいえば、作中、唯一破壊されたギアである。

因みに有名な斜め入れは草加が使うようになってからで、その前の流星塾生はファイズギア同様縦から入れていた。玩具でも縦入れが可能な仕様なので恐らく草加の趣味だろう。

必殺技

カイザスラッシュ
カイザブレイガンのショットで敵を捕捉後、ブレードを立てたまま敵の体内を通過するように貫く技。二次創作や一部の関連書籍では「ゼノクラッシュ」と言う技名の場合もある。

グランインパクト
カイザショットを手に装着し、エネルギーを込めて殴る必殺技。
ファイズの技と全く同じ。威力はファイズよりやや高め。

ゴルドスマッシュ
カイザポインターから射出する黄色いマーカーで敵をロックオン、両足を揃えて飛び蹴りを当てる必殺技。
啓太郎と木場が使用したときは片足蹴りだった。単独での使用機会はファイズほど多くはない。
威力は23.5t。

サイドバッシャー

草加雅人の使用するサイドカー。
仮面ライダーディケイド(激情態)も使用している。

乗 ら な い か



客演

仮面ライダーディケイド』では「キバの世界」で村上氏本人の演じるカイザが登場。鳴滝の命により門矢士を倒してディケイドライバーを奪い取ろうとする。ディケイドと競技場の観覧席で激しいガンファイトを繰り広げ、「なぜ俺をつけ狙う」と問い詰められた際には「邪魔なんだよ、俺の思い通りにならねえモノは全て」と吐き捨てた。最終的には「アタックライド イリュージョン」で追い詰められ、形勢が不利と判断し退却した。イヤミな性格や癖などは草加に酷似している。

仮面ライダー大戦』では回想シーンで登場、ホースオルフェノクビーム攻撃を受けて変身解除され、灰化してしまった。

量産型カイザ

井上敏樹が執筆した小説仮面ライダーファイズ正伝 異形の花々』ではカイザギアがオルフェノクを排斥する事を目的とした組織によって量産されたベルトであるという設定になっており、ライオトルーパーのようにカイザ兵団として登場する。作中ではクレインオルフェノクを壮絶なライダーリンチフルボッコにして惨殺してしまった。
文庫化に際し書き下ろされた後日談「五年後」では草加亡きあとも増産が続けられ、オルフェノク対策委員会によりオルフェノクだけでなくその疑いを持たれた人間まで対象としたオルフェノク狩りに使われていた。素晴らしき青空の会ZECTも真っ青な暴力的な集団としてカイザ兵団は描かれており、変身者は身体能力を完全に引き出すため血液を特殊な溶液に挿げ替え、その傷口からは黒いが漏れるという。

カイザの日

本編3ライダーの中で唯一、変身コードと日付を一致させられるため、
ファンの中には9月13日は「カイザの日として、この日を狙ってカイザの絵をアップロードする者もいる。

913の日2016



草加を演じた村上幸平は、毎年この日には公式ブログに草加に関する文章をアップしている。
2008年には『カイザ祭』なるイベントをロフトプラスワンで行った。

ガンバライジング

無印の2弾ではレアとしての登場。
その後、無印の6弾ではSRに昇格した。
さらにナイスドライブ3弾ではライバルキャンペーンの1枚として収録される。
高レアカードはファイズがいると発動するアピリティを持っている。

バトライド・ウォー創生

前作から敵、サポートキャラとして登場していたが、今作からプレイアブルキャラとして登場。「呪いのベルト」を発動させることで必殺技が強化されるという特徴を持つ。
超必殺技でサイドバッシャー・バトルモードに搭乗し、ミサイル、豪快な格闘攻撃が可能になる。

関連タグ

仮面ライダー555 草加雅人 カイザ 913 カイザの日 乾巧って奴の仕業なんだ

ジュウオウバード・・・同じく中の人が演じる変身ヒーロー。

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーカイザ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 895668

コメント