ピクシブ百科事典

仮面ライダーイクサ

かめんらいだーいくさ

仮面ライダーイクサとは、『仮面ライダーキバ』に登場するライダーの一人である。
目次[非表示]

「ファンガイア・・・その命、神に返しなさい!!」

概要

素晴らしき青空の会が軍事用のパワードスーツを改造して製作した、対ファンガイアパワードスーツ。作中では2号ライダーという位置付けだが、キバがいない過去編では実質主人公ライダーである。イメージは聖職者法衣
1986年にロールアウトし、それ以降10回のアップデートを重ねている。ロールアウト間もない過去編のプロトイクサは、武装イクサナックルしかなく、バーストモードへの変形機能が存在しなかった。また動作が非常に不安定で、長時間運用すると負荷がかかり装着者が死亡するほどの欠陥を抱えていた(わざと敵ファンガイアに奪わせて変身させ、体力を余分に使わせたシーンすらある)。
現代編では、22年間に及ぶファンガイアとの戦闘で得たデータによって「Ver.X」へと改良された。外見は変化していないが、内部性能が大きく向上しており、フエッスル、イクサカリバー、バーストモードへの変形等が追加された。また装着者に対する負担も軽減されている。本編途中にて「Ver.XI」へ再改良され、ライジングイクサへの強化変身を実現。それに伴い口部分が携帯電話型ツール「イクサライザー」へと換装された。
なお「イクサ」は、『Intercept X Attacker』の頭文字(I.X.A.)を取って略した呼称。
意訳すると「未知なる脅威(ファンガイア)を迎え撃つ戦士である。

変身方法

適合者がベルト型ツール「イクサベルト」に「イクサナックル」を装着(フィストオン)することで変身が完了する。

フォーム

セーブモード

イクサ


パワーを抑えている状態。変身したらまずこの状態になる。システムは安定するが性能はバーストモードより若干落ちる。過去編のプロトイクサはこのセーブモードのみで活動する。
必殺技は、イクサナックルに全エネルギーを一点集中させ、敵を殴って粉砕する「ブロウクン・ファング」。イクサベルトにナックルフエッスルを読み込むことで、「イ・ク・サ・ナッ・ク・ル・ラ・イ・ズ・アッ・プ」の電子コールと共に発動する。またエネルギーは弾丸のように遠距離に向けて放つことも可能。バーストモードでも使用可能。

バーストモード

イクサどこいった?


セーブモードで抑えられていたパワーを開放した状態。顔面部のシールドが展開する。このモードにチェンジする際風圧が発生し、近くの敵を吹き飛ばす事もある。システムの全機能を発揮できるが、装着者への負担は大きい。
必殺技は、光を纏ったイクサカリバーで敵を一刀両断する「イクサ・ジャッジメント」。イクサベルトにカリバーフエッスルを読み込むことで、「イ・ク・サ・カ・リ・バ・ー・ラ・イ・ズ・アッ・プ」の電子コールと共に発動する。

ライジングイクサ

最強形態。該当項目参照。

主な装着者

ツールによる変身システムのため、ある程度の戦闘能力を持つ者ならば誰でも変身可能。そのため、強奪されることもあった。
過去編
紅音也
麻生ゆり
次狼ガルル
ルークライオンファンガイア
現代編
名護啓介
糸矢僚(スパイダーファンガイア
襟立健吾
麻生恵

ツール(イクサアームズ)

イクサナックル

イクサシステム装着者をイクサに変身させる起動キーで、非人型小型ロボットでもある電磁ナックルウェポン。

イクサベルト

伊193


イクサナックルと共に、装着者をイクサに変身させるデバイス。バックル部には、各種フエッスルを読み込ませるフエッスルリーダーが搭載されている。本来(少なくとも当初)は手動でに巻き付ける物なのだが、話によってはイクサナックルを起動させた時には既に変身者の腰に巻かれているなど、まるで自動的に出現するかのような描写が見られた。

フエッスル

イクサベルト両サイドのスロットに装備された、キバのフエッスルを模した電子キー。7種類存在し、イクサベルトのフエッスルリーダーに差し込むことにより、様々な効力を発揮する。
ナックルフエッスル
唯一、過去編でも登場する。ブロウクン・ファングを発動する銀色のフエッスル。
カリバーフエッスル
イクサ・ジャッジメントを発動する金色のフエッスル。
パワードフエッスル
パワードイクサーを召喚する白いフエッスル。
フェイクフエッスル
キバの持つフエッスルを科学的解釈でトレースしたフエッスル。キバのフエッスルと似た周波数の音を出し、本来はキバの武器であるモンスターアームズを自らの下に召喚する。スロットにはガルルバッシャードッガの3種類のフェイクフエッスルが装備されているが、劇中ではガルルフェイクのみを使用。ガルル=次狼がかつてイクサシステムを使用していたからか?
ライザーフエッスル
ファイナルライジングブラストを発動する青色のフエッスル。イクサライザーのグリップ部に装着することで、ライザーを武器として使用する為のプロテクト解除キーでもある。

イクサカリバー

イクサ専用の武器。通常時は銃型のガンモードであり、ガンモードのマガジン部をグリップ部に収納することで、中心部から赤い刀身が伸び剣型のカリバーモードに移行する。ガンモード時には、パワートリガーを引くことでシルバーマズルからファンガイアが苦手とする純物質を含んだ弾丸シルバーバレットを秒間30発、最大120発連射することが可能。カリバーモード時には、ファンガイアの皮膚に化学反応を起こして溶解させる刃・ブラッディエッジで敵を切り裂く。

イクサライザー

ライジングイクサへの強化変身用武器。通常時は携帯電話型であるが、変形させてグリップ部にライザーフエッスルを差し込む事で、として使用可能になる。キーの数字の組み合わせによって機能を選択し、その後通話ボタンを押す事で決定実行する。
通常時のガンモードではエネルギー光弾を発射する他、コンソールのキーを押す事でシングル、バーストモードへの切り替えも可能。
また、全て本編未登場だがファイアーモード、ブリザードモード、レイザーネットモード、スカウターサーチの4種類の機能もあった。

専用ビークル

イクサリオン

「素晴らしき青空の会」が製作したイクサ専用のハイパーモーターサイクル。650馬力を誇るマシンで、別名<戦獅子>。キバのマシンキバーを上回るパワーを持つため、イクサの装着者に選ばれた高い身体能力を持つ者でなければ乗りこなせない。 
車体前部と前輪の両脇には、用途によってカートリッジを換装し、ホーミング弾やレールガンを使い分けられるマルチガンポッドも装備されているが、劇中未使用。

スペック

全長:2030mm
全幅:720mm
全高:1120mm
全装備重量:172kg
定置最高速度:753km/h
最高出力:477.75kw/21000rpm(約650ps)(ハイパーEXPチャージャー点火時)

パワードイクサー

ピンバッジ風パワードイクサー


イクサ専用の高性能重機。該当項目参照。

仮面ライダーディケイド

仮面ライダーディケイドにも何度か登場している。

第1話では光夏海が見た夢の中に登場。
「イクサリオン」にバーストモードの状態で搭乗していた。

カブトの世界ではディエンドカメンライドで召喚されて登場。
同時に召喚された仮面ライダーサイガとともに、クロックアップ中の仮面ライダーカブトに攻撃を仕掛けた。
しかも、クロックアップを破るというとんでもない快挙を上げている。
ディエンドの召喚したライダーの中で声を発したのはこの二人が初で、イクサは名護啓介を意識したような言葉遣いだった。
「待ちなさい」「ひざまずきなさい」

ライダー大戦の世界ではキバの世界のイクサが登場。
ライジングイクサにフォームチェンジするも、仮面ライダーブレイドらに倒される。

劇場版「オールライダー対大ショッカー」ではライダーバトルの参加者としてスカイライダーと戦う。「青空」つながりらしい。勝敗は不明。
主役ライダー以外でライダーバトルに参加していたのは(少なくとも映像中では)イクサだけだった。

ゲーム作品

ガンバライド

第1弾からセーブモードとバーストモードが登場。
必殺技はセーブモードが「ブロウクン・ファング」、バーストモードが「イクサ・ジャッジメント」でいずれも劇中技。
変身者は名護啓介で、放送中だったのもあり本人ボイス。
当初は低レアのみだったが、第7弾でバーストモードがスーパーレアで収録。しかもカードナンバーが名護さんナンバーである7-053。
相性が防御ベスパで、ライダースキルがボウギョ+300と防御特化カードとして有名。さらに、シャバドゥビ弾では機械タイプのタイプボーナスで防御が上がる。
続く第8弾ではセーブモードがスーパーレアで収録された。
その後、S4弾でバーストモードがSR、S6弾でセーブモードがCRで収録されている。

シャバドゥビ5弾ではついにライジングイクサが参戦。レジェンドレアで収録された。
必殺技は「ファイナルライジングブラスト」。

シャバドゥビ弾ではセーブ、バースト、ライジングのいずれも機械(メカ)タイプ。

ガンバライジング

ガンバライジングでは2弾からキバと共に参戦。変身者は名護啓介。
声は一応本人ボイスだが、ガンバライドからの流用である。セーブとバースト両方のフォームが登場した(ある意味主人公を差し置いて)が、収録された劇中の必殺技がまさかの表のセーブモードの「ブロウクン・ファング」で裏のバーストモードは下位技という珍しいライダーである。
バッチリカイガン2弾ではようやく『VSライバルセレクション』の一枚として高レアで登場。同時に『イクサ・ジャッジメント』も実装された。ただし、バーストモードの演出は今の所なし

後は、ライジングイクサの登場を希望するところである。しかし、ガンバライジングのPVでライジングイクサが映っていたことから近い内登場する可能性は高い。

バトライド・ウォーシリーズ

初代より名護啓介イクサが、より紅音也イクサが参戦。いずれも本人ボイス。
「初代」、「Ⅱ」ではNPC、ボス、アシスト専用キャラ。
創生」より名護イクサがプレイアブルキャラとなる。通常時は力を抑えたセーブモードと強力なバーストモードを持つ。バーストモードは強力だが、時間経過と共に「ヒートゲージ」が溜まり、限界まで溜まるとオーバーヒートを起こし一定時間操作不能になる上しばらくバーストモードにチェンジできなくなる。そのため、ゲージを確認しつつ二つの形態を扱う必要がある。
超必殺技ではライジングイクサに変身。遊び心のキックも再現。

余談

・セーブモードは仮面ライダーの原案「クロスファイヤー」、バーストモードは仮面ライダー1号を意識している。
・当初の企画名では「仮面ライダーハンター」。
おそらく吸血鬼ハンター=聖職者の発想からであろう。
イクサはファンガイアハンターとして元々生み出されたのであるから……
・彼の専用マシン、イクサリオンのベースはホンダのフラッグシップスポーツバイク、CBR1000RRである。
Honda お客様相談センター
・ちなみに劇中のイクサリオンは仮面ライダーカブトのマシンゼクトロンを改造したリサイクル品である。
でも名護さんは最高です!!
・漫画作品である『仮面ライダーspirits』に登場する、滝ライダーとは共通する点が多い。(イクサナックルとライダーパンチ用の火器、戦う相手が吸血鬼など)
・本来2号ライダーと言えば、全体の形状やツールなどが主役ライダー同じプロセスで生まれる(主役ライダーと類似している)パターンが多いが、イクサの場合はフエッスル以外はキバとほとんどプロセス(顔や身体の形状、変身アイテムなどが全然違う)が違っており、独立している構想になっている珍しいライダーである。

でも検索のジャマ!

もちろん登場以降、ヤフオクにおいて「イクサー」というワードが普通に検索しづらくなった。これは登場前から言われていたことで、イクサー1イクサー3と紛らわしい。
実際に障害となったのはパワードイクサーのほうだが、とにもかくにも「おもちゃ」カテゴリは大わらわで、まんだらけの店員さえも惑わす始末。
スーパーロボット大戦L発売をもって、やっと「イクサー1」がキーワード補助入力されるようになった。
一方イクサリオンイクセリオンと一字違いのため、同じリスクを背負わなかった。

関連タグ

仮面ライダーキバ 紅音也 名護啓介 次狼
193 753 名護さんは最高です! その命、神に返しなさい!
イクササイズ

外部リンク

テレビ朝日|仮面ライダーキバ

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーイクサ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 258191

コメント