ピクシブ百科事典

仮面ライダー555

かめんらいだーふぁいず

仮面ライダー555とは、2003年から放送された、『平成仮面ライダーシリーズ』第4作目である。全50話。
目次[非表示]

疾走する本能。
Open your eyes for the next φ's!

概要

怪人(オルフェノク)へと変わってしまった者の苦悩や変身ベルトの争奪戦、草加君などハードな描写やアクの強いキャラクターが本作の特色として挙げられる。
また、物語は人間関係が非常にドロドロしていたり、胸糞悪いリアルないじめ嫌がらせの場面が比較的多かったり、登場人物達の凄惨な経緯や末路の描写など、朝の特撮ドラマでありながら昼ドラ並の重々しいストーリーが展開されていき、それらは常に賛否両論の的となっていった。
ちなみに、全50話の脚本を井上敏樹がすべて担当していたことと、彼自らが執筆した小説版ではより陰惨な描写が増えていることも有名。

平成ライダー4作目なのに555という一見紛らわしいネーミングだが、これはメカニカルなライダーの原典である仮面ライダーXが仮面ライダーシリーズ三作目にして五人目のライダー、すなわち「仮面ライダー5号」であることから。

総合的な評価

平成ライダー初の怪人側のエピソードがある事で当初から波乱を呼んだ作品であり、怪人でありながら人間の心を持つものと、人間でありながら悪事を働くもの等が登場する等、龍騎同様にこれまでの仮面ライダーの常識を覆す作品としてニチアサ枠を飾った。
しかしこれらの要素から上記の通りのアクの強いストーリーや劇中描写故に苦手な人も少なからずいたらしく、当時はBPOテレビ朝日に「朝から重すぎる話を見せられて気分が悪い」「もっと子供に安心して観せられる内容を放送してくれ」等のクレームが殺到するなどかなり批判を喰らった。
なので平成1期時代はそれ程評価は高くなかった(玩具の売り上げは別として)。

555の株が本格的に急上昇したのは平成2期に入ってからといってよいだろう。
ディケイドをはじめとした諸企画で平成1期のライダー全般に注目が集まる中、ライダーや主人公の純粋な格好良さと、ヒーローとは言い難い卑劣漢ながらも一概に悪人とも評し難い濃いキャラ性で人気を獲得した草加雅人影の主人公としてストーリー上で大きな存在感を示してくれた木場勇治、そんな彼らの裏でコメディでもシリアスでも良き狂言回しを務めた海堂直也などの個性豊かな味のあるレギュラーキャラ達の存在やスーパーヒーロー大戦等の映画などの活躍により人気を高め、大人から子供まで広い範囲で愛される作品となっているといえる。
仮面ライダー4号」という、555そのものの続編と呼んで差し支えない話(ただし語り部は仮面ライダードライブ泊進ノ介)まで作られている。

主な登場人物

ライダー

本作には、本編では4タイプのライダーが、劇場版を含めると6タイプのライダーが登場する。
以下に示しているのは主にそのライダーに変身する人物であり、
ファイズ、カイザ、デルタについてはベルトが奪われることで(敵を含め)他の人物が変身する場面もある。

乾巧 / 仮面ライダーファイズ
草加雅人 / 仮面ライダーカイザ
三原修二 / 仮面ライダーデルタ
木場勇治 /ホースオルフェノク / 仮面ライダーオーガ(劇場版)
レオ / 仮面ライダーサイガ(劇場版)
ライオトルーパー

スマートブレイン

村上峡児 / ローズオルフェノク
スマートレディ

ラッキークローバー
ジェイ / クロコダイルオルフェノク
澤田亜希 / スパイダーオルフェノク
琢磨逸郎 / センチピードオルフェノク
影山冴子 / ロブスターオルフェノク
北崎 / ドラゴンオルフェノク

その他

園田真理
菊池啓太郎
長田結花 / クレインオルフェノク
海堂直也 / スネークオルフェノク
花形 / ゴートオルフェノク
鈴木照夫 / アークオルフェノク
木村沙耶
阿部里奈

呼称表

が\に草加三原勇治真理啓太郎結花直也
草加三原木場真理啓太郎?海堂
草加三原?真理???
三原草加?真理???
勇治乾君??園田さん?長田さん海堂
真理草加君三原君木場さん啓太郎?海堂さん
啓太郎たっくん草加さん?木場さん真理ちゃん結花さん?
結花???勇治さん?啓太郎さん直也さん
直也??勇治真理ちゃん?結花

関連イラスト

己己己
仮面ライダー555


プリティでキュアキュアなホワイトとブラック描いてみた
913



関連タグ

特撮 仮面ライダー 平成ライダー
オルフェノク
パラダイス・ロスト 異形の花々
乾巧って奴の仕業なんだ 駈斗戦士


仮面ライダー龍騎← →仮面ライダー剣

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダー555」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 4740987

コメント