ピクシブ百科事典

剣崎一真

けんざきかずま

『仮面ライダー剣』の主人公。仮面ライダーブレイドに変身する青年。
目次[非表示]

「人を愛しているから俺は戦っているんだ!」
演・椿隆之

登場作品

仮面ライダー剣
劇場版 仮面ライダー剣 MISSING ACE
仮面ライダーディケイド
仮面戦隊ゴライダー

人物像(ネタバレ注意)

人類基盤史研究所、通称「BOARD」のライダーシステムの一つ、仮面ライダーブレイドに変身する青年。年齢22歳。

明朗快活で裏表のない性格だが、不器用で頭に血が上りやすい性格もあって友人は少ない。他人を信じやすい故に過去に何度も他人に裏切られた経験があるらしく、その度に人はもう信用しないと心に誓ってもいつも間にかまた信じてしまっているらしい。
劇中ではオロナミンCを飲むシーンが多い。
番組初期はBOARDの壊滅や先輩である橘朔也の裏切りにより、余裕の無い行動が多く、苦戦する場面や他人との衝突も多かったが、自分を支えてくれる仲間の存在と「人を愛している」と言う想いを糧に、不死生物アンデッドから人々を守る為戦い続ける。
11歳の頃に火事で両親を亡くしており、2人を救えなかったトラウマから「すべての人を守りたい」という想いが強い。その意志はトライアルEに蜂の巣にされようと変わることはなかった。その強い意志と人を愛する心が、傷ついた少女の心を救ったこともあった。
後輩ほどではないが微妙に不幸体質であり、アパートを追い出されたりオロナミンC万引きの罪を着せられたりもした。なお、アパートを追い出された後は初めての友人となった白井虎太郎の家に居候している。

物語開始時点では戦闘経験が浅かったため単独では下級アンデッド相手にも劣勢だったが、剣崎自身のアンデッドとの融合係数及び仮面ライダーとしての素質はかなり高かったため、戦いを重ねるに連れて次第に一人前の仮面ライダーとして成長していく。
また、とある事情で怪我をしていた相川始を助けたことがきっかけで、彼との間に友情が生まれる。その後、アンデッドでありながら人を守ろうとする彼を救うため、剣崎は奔走することになった。
中盤ではなんと、強化フォーム及びラウズカード無しで最強クラスの上級アンデッドであるコーカサスビートルアンデッドを撃破するという快挙を成し遂げた。

コーカサスビートルアンデッドにカードを全て奪われ、勝てる訳が無いと言われながらも、
「たとえカードが一枚もなくても、お前を封印できるはずだ! 俺に・・・ライダーの資格があるなら! 戦えない、全ての人のために! 俺が戦う!」と言い放った

後に共に戦い続けていた相川始仮面ライダーカリスの正体がアンデッドの一人、ジョーカーと知るが、それでも彼の心を信じ、時には仲間である橘とも衝突しながらもその強い意志を貫く。そして始を信じぬき、助け合い、次第に友情を深めていった。
しかし、相川始がバトルファイトの勝利者となってしまったことで世界の崩壊が始まる。
破滅を止めるには彼を封印するしか無いという状況に置いて、自らがジョーカーになる事によって始と世界を救い、永遠に死の訪れない存在となった剣崎は、その運命と戦い続ける決意と共に、仲間達の前から一人姿を消した。
始に、力強い宣言を残して。

「俺は運命と戦う…そして勝ってみせる…!」

劇場版『MISSING ACE

テレビ本編とは異なり、運命を受け入れて始を自らの手で封印することでバトルファイトに終止符を打った。
その4年後は清掃員として働いていたが、自分が始を封印したことで天音が心を閉ざしてしまったことに複雑な思いを抱き、心の底では仮面ライダーとして戦っていた頃が一番充実した時間だったと述懐する。
成金と化した虎太郎に対しては、「イヤなやつになったなぁ・・・」と視聴者の思っていたことを口にした。(しかし、虎太郎も今の自分の生活に満足していなかった)
自分達が封印したはずのアンデッドが復活したことで睦月と共に再び仮面ライダーとして戦う決意を固めるが、ブレイドへの変身に必要なスペードのカテゴリーAのアンデッド・ビートルアンデッドも解放されてしまったため、睦月がビートルアンデッドを封印するまでは変身不能という状況だった。

志村純一を始めとする新世代仮面ライダー達とは折り合いが悪く、顔を合わせるたびに諍いを起こしていた(しかし殆どは新世代ライダー達の失礼な態度が原因であり、志村が剣崎達の実力を認めて今までのことを謝罪した際には水に流し、共にアンデッドと戦うことを勧めていた)。

ちなみに一時的に虎太郎の高級マンションをアジトにした際、睦月と共にさりげなく虎太郎のマンションの金目の物を盗もうとしていたが、アンデッドサーチャーがアンデッドの出現を探知した際に誤って服の中から落としてしまい、アンデッドの封印に向かうことでなんとか誤魔化した。

その他

剣崎のその後は、『月刊ホビージャパン』2007年2月号から5月号に掲載された「HERO SAGA-DAY AFTER TOMORROW-」、小学館発行「仮面ライダー剣超全集」、講談社キャラクター文庫「小説 仮面ライダーブレイド」に書かれている。
「超全集」の會川昇氏(後半のメインライター)による小説「たそがれ」では、人とも獣ともつかぬ姿になりながらも戦災孤児を救う活動を行なっているという。ちなみにこの小説は、ファンからは実質的なテレビ本編のエピローグとして扱われている。

その存在の意味を


※画像はイメージです

小説 仮面ライダーブレイド」では記憶を失った状態で登場。戸惑いながらも子供たちを守るためブレイドとなって戦う姿が描かれている。ちなみにジャックフォームの活躍が多い。

仮面ライダーディケイド』(TV本編)にも客演。紅渡の仲間として門矢士の前に現れ、士=ディケイドを「ライダー大戦の世界」から排除しようとする。この時の剣崎は賛否両論のキャラクターとなっている為、詳しくは剣崎一真(仮面ライダーディケイド)で記述する。


スーパーヒーロー大戦GP』では橘さんがブレイドのことを「剣崎!」と呼ぶ場面があり、ブレイドの声も椿氏本人が演じている。

また、ビデオパス独占オリジナルドラマ『仮面戦隊ゴライダー』に登場する事も判明している。

名前の由来はスペードの由来である「剣」と、エースに繋がる「1」から。
ちなみに「剣崎」という名字は、現実では8世帯程度しか存在しない珍しい名字である。

テレビ本編の剣崎の結末は未だにファンの間では賛否両論であり、「なんであんな優しい男が自分を犠牲にしなきゃならなかったんだ」というファンもいるが、剣崎を演じた椿隆之氏本人は、「あれは、剣崎なりのハッピーエンドなんです」と語っている。

関連イラスト

心に剣
(0w0)の人



関連タグ

仮面ライダー剣 仮面ライダーブレイド 剣崎ジョーカー 

オンドゥル語 ケンジャキ (0w0) 椿隆之

主人公 

剣崎兄妹ドキドキ!プリキュア剣崎真琴とのコラボタグ 名字+スートと共通点が多い
葛葉紘汰…同じく最強フォームに変身し続けたことで人外になった主人公

pixivに投稿された作品 pixivで「剣崎一真」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 760429

コメント