ピクシブ百科事典

ディケイド

でぃけいど

ディケイドとは、『仮面ライダーディケイド』と、その主役の仮面ライダーの名称。
目次[非表示]

「――通りすがりの仮面ライダーだ! 覚えておけ!!」


タグとしては正式名称よりこちらの方が多数派の模様。
この記事には、仮面ライダーディケイド自身の能力を記載しています。
正式名称→ 仮面ライダーディケイド

概要

ディケイド(decade)とは「10年期」「10年」という意味で、10周年を記念した商品などに用いられる言葉。
英語圏の発音としては「デケイド」が正しい。
平成ライダー10周年を記念されたライダーとして相応しい名前を持つ。

光写真館に居候する青年門矢士が変身ベルト・ディケイドライバーを使って変身する。
専用武器のライドブッカーを武器とする。

戦闘能力

カメンライド

他のライダーの姿・能力を借りる能力。
詳細はリンク先参照。
この能力によって歴代ライダーの姿・性能を借りる点、カラーリング、敵組織の首領という出自、パラレルワールドに纏わる設定、世界を滅ぼしかねないと他のヒーローから憎まれる点・・・等、村枝賢一の変身ヒーロー漫画(仮面ライダーSPIRITS・ジエンド炎人)との共通項が目立つ。また、ライスピの主人公でもあるZXはディケイドと同じ10号ライダーである。(ZXは昭和10号、ディケイドは平成10号)

アタックライド

「ATTACK RIDE」のカードをディケイドライバーに読み込ませ、カメンライドで変身している仮面ライダーの武器や特殊能力を発動させる。
(例:カブトのクロックアップ→「ATTACK RIDE:CLOCK UP」、龍騎のストライクベント→「ATTACK RIDE:STRIKE VENT」、ブレイドのトリロバイトメタル→「ATTACK RIDE:METAL」など)
※ただし、クウガの固有能力である「手元の道具をイメージした武器に作り変える力」などはカードを使わずに発動できている一方、響鬼の固有能力である「鬼火(口から火炎放射)」や、そもそも固有能力と呼べるかどうかさえ怪しい格闘ワザである電王アックスフォームの「つっぱり(相撲の張り手ラッシュ)」などはカードを必要としたり、同じ超加速系の能力である「クロックアップ」や「ジャガーマッハ」はカードを使うのに対し、ファイズアクセル使用による10秒間超加速にはカードを使わないなど、能力によってもカードの要不要はバラつきがあるようである。

無論、この「変身しているライダー」のアタックライドカードの種類にはディケイド自身も含まれており、ディケイドのアタックライドでは以下の能力を発動可能。

  • 「ATTACK RIDE:SLASH」
    • ライドブッカー(ソードモード)の刀身にエネルギーを纏わせて一時的に分身させ、一振りで数太刀の斬撃を浴びせる。
  • 「ATTACK RIDE:BLAST」
    • ライドブッカー(ガンモード)の銃口を一時的に分身させ、一度に発射できる弾丸の量を増やして自動追尾のエネルギー弾の掃射を浴びせる。ディエンドにも同様のカードがある。
  • 「ATTACK RIDE:ILLUSION」
    • 発動と同時に自分の姿を六つに増殖させ、相手を眩惑する分身技。
  • 「ATTACK RIDE:INVISIBLE」
    • ディエンドの通常アタックライドだが、ディケイドも激情態になることで使用可能に。姿をバラけさせながら透明になり、一時的に自分の姿を見えなくする。

なお、ディケイド激情態になった際には『”変身しているライダーの能力を”使用』という制限が取り払われ、ディケイドの姿のままで他のライダーのアタックライドカードを自由に発動できるようになる。

  • 「ATTACK RIDE:REKKA DAIZANTOU」
    • 特別枠その1。「シンケンジャーの世界」にて使用。シンケンレッドと共闘の際、ディケイドがシンケンレッドの武器である烈火大斬刀を使えるようになる。
    • なお作中ではこのカードを使った際、ディケイドは烈火大斬刀を、シンケンレッドはディケイドがFFRで武器にしていたブレイドブレードを使って敵にトドメをさしていた。
  • 「ATTACK RIDE:GAGA NO UDEWA」
    • 特別枠その2。「アマゾンの世界」にて使用。海東が盗み出して手にしていたガガの腕輪を、カード発動でアマゾンの腕に強制的に移動、装着させる。


また余談だが、中には電王の「ORE SANJOU!」(電王ソードフォームの名乗りである「俺、参上!」という台詞を、ポーズをキメながら言うだけ)のようなよく分からないカードも存在する。
(同じ電王セリフ系アタックライドカードは、ほかにも「KOTAEWA KIITE NAI」答えは聞いてない)や、「BOKUNI TSURARETE MIRU?」僕に釣られてみる?)、「NAKERUDE」泣けるで!)が作中に登場している。マジで。ただし後者二つは使用するか考えている間に攻撃を受けたため劇中未使用)
(ちなみに「KOTAEWA KIITE NAI」使用時にはガンフォームに姿が変わったため、これらのカードは下記のフォームライドの効果を同時に持つ模様。もちろん電王用のフォームライドのカードは別に存在する)

フォームライド

「FORM RIDE」のカードを使用することでカメンライドしている仮面ライダーのフォームチェンジ形態に変身する。
なお、カブトの能力であるプットオンについては、この種のカードである「FORM RIDE:KABUTO MASKED」で『マスクドフォームに変身』する事で行われる(つまり『プットオン』のアタックライドカードはないと思われる)。

他のカメンライドから別のライダーへ直接変身することも可能。
(例:第19話ではディケイド龍騎から「FORM RIDE:DEN-O AX FORM」を使用しディケイド電王アックスフォームに変身している)

ファイナルフォームライド

異世界におけるクウガ~キバまでの、リ・イマジネーションライダーを武器・モンスター・特殊な形態に変形させる能力。この「FINAL FORM RIDE」を使用すると、各ライダーが自身の作品に関わるモンスター・道具に姿を変える。
さらに「FINAL ATTACK RIDE」の使用により、強力な必殺技が発動する。
なお、ディケイドとライダーの連携攻撃というわけではなく、激情態で使用した際には、そのライダーと敵対していても強制的に変形させていた(ただし、これはあくまで激情態に変化したことで追加された能力という可能性もある)。
というか、シンケンジャーの世界でディエンド チノマナコ変身態が召喚したブレイドを戦闘不能に追い込んだ上で変形させている。
MOVIE大戦2010では仮面ライダーWのFINAL FORM RIDE+FINAL ATACK RIDEも披露している。
この後にベルトの性能が更新されたのかは不明。

ファイナルアタックライド

「FINAL ATTACK RIDE」のカードを使用することで強力な必殺技を発動させる。カメンライドと同様にクウガ〜ディケイドまでに対応した10枚のカードが存在する。
前述のように歴代仮面ライダーをファイナルフォームライドさせた状態でその変形させた仮面ライダーのファイナルアタックライドのカードを使用すると、その仮面ライダーが変形したモンスターや道具を使用した必殺技を放つが、歴代仮面ライダーにカメンライドした状態で使用するとカメンライドした仮面ライダーの必殺技を発動する。

ディケイドのFINAL ATTACK RIDEのカードで発動する必殺技は歴代仮面ライダーのライダーキックに当たる「ディメンションキック」、ライドブッカーソードモード・ガンモードを使用して放つ「ディメンションスラッシュ」「ディメンションブラスト」である。

強化フォーム

コンプリートフォーム

ディケイド コンプリートF




激情態

MOVIE大戦2010で士が『世界の破壊者』である事を受け入れた、言わばディケイド本来の姿

通常のマスクと異なり、Oシグナルが紫になっている他、複眼が険しい形相になっている。

世界の破壊者


通常時のディケイドよりも戦闘能力が格段に向上している。
詳しくは該当項目参照。


楽曲の「ディケイド」

ディケイドが戦闘する時のBGMで、主に士がカードを取り出し、ディケイドに変身するタイミングでかかる。
アレンジが複数あり、下記動画は全部繋げたもの。
なお、初めの曲は士が説教をするシーンで流れる事から俗に「説教BGM」と呼ばれる曲で、サウンドト
ラックでは「パラレルワールド」というタイトルが付いている。


ファンからの評価

その強力な能力や一度は全ての仮面ライダーを倒した(正確には全てではないが)という実績から「ディケイドこそ最強の仮面ライダーだ」と押すファンも多い。
ネット上でよく目にする最強の仮面ライダーを決める討論スレでもアルティメットクウガ、BLACK RX、カブト等の強力な仮面ライダー達と並んで必ずと言っていいほど名前が上がる。この手のスレでは基本的に平成ライダー達は最強フォームの状態で名前が上がるのに対して、ディケイドは通常状態で名前が上がることも少なくはなく、ファンからの評価の高さが伺える。

一方で、「ディケイドが倒したのはあくまで本編とはパラレル上の存在。本編と同一人物だったらディケイドに負けるはずがない。だからディケイドは最強ではない」「そもそも他の仮面ライダーの能力を使うなんて反則だ」というアンチ・ディケイド派も当然存在する。本編とは別人だとしても、同一の仮面ライダーであることには変わりないのだからそういった言い訳のような意見を出すのはおこがましいと考えることもできるが、『555』等の作品から分かるように例え同一の仮面ライダーでも変身者によって強さが異なるということは紛れもない事実のため決して間違った意見とは言えない(ディケイドに登場したリ・イマジネーションライダー達の実力が必ずしも本家より劣るとも言い切れないが)。
また、ディケイドやディエンドがその能力を発揮する為に使われるものこそライダーカードなのだが、実際の話ガンバライドなどに登場しなかったものまで関わるとその点はあやふやである
例えば、ブレイドに時間停止の能力を持つタイムがあるのでこんな事もできる・・・と考えても、そもそもタイムのアタックライド自体無く、また劇中でも使用している点は特にないので、この点は想像の域を超えていない。

結局のところ、誰が最強の仮面ライダーなのかというのは人それぞれだということなのだろうか…。


余談だが他の仮面ライダー達と比べ彼は演出上の都合もあるとはいえ、本編などの戦闘描写では変な所で苦戦や善戦していることも多く。例に挙げると、「別の仮面ライダーになったものの、イマイチ効果は薄く結局失敗している」「上記にもあった電王のアタックライドを使用し、案の定クロックアップに翻弄される」「なった後の仮面ライダーよりも通常時の方が善戦している」「そもそもアタックライドもカメンライドせず苦戦する」など、彼自身使いこなせてない場面も存在している。

ガンバライジング

ガンバライジングでは1弾から参戦し、見事LR、LREX枠を手に入れ、ついでにCPとCPEX枠も入手。
ガンバライド時代の名残か、ディケイドの特性からかバーストはカメンライドによって平成ライダーにフォームチェンジするものが多い。その為、必殺技は各ライダーのモノがほとんど。
演出は基本的に元のライダーと同じだが、ディケイドカブトのクロックアップは演出が変更され、ディケイドライバーの操作がある。
ちなみにマイティキックと俺の必殺技パート2はディケイド版のほうが先に収録されている。
これまでに出たカメンライドはディケイドクウガディケイド龍騎ディケイドファイズディケイド響鬼(5弾のCPの連続必殺技の一部のみ)、ディケイドキバ(5弾のCPの連続必殺技の一部のみ)、ディケイド電王ディケイドカブトが出ている。
何故か1弾の高レアのバーストアピリティは体力が減った時に発動するものである。
5弾のCPで、連続必殺技の一部だが、ようやく念願の「ディメンションキック」が収録された。
ナイスドライブ4弾では龍騎、ブレイドと共にトリプライドキャンペーンでのトリプルライダーキックが収録された。
ナイスドライブ6弾では待望のコンプリートフォームが登場。同弾で新登場した新タイプ『チェイン』で1弾以来の二度目のLREX枠(現行ライダー以外では初)で登場。
必殺技は、LRの方はクウガ~キバ(ただし未参戦は除く)の最強フォームがランダムで登場する『ファイナルアタックライド』、LREXはディエンドとのタッグ技『ファイナルアタックライド ディエンド』が収録された。次弾のバッチリカイガン1弾ではLREXのディエンドタッグの方がディケイド初のブレイカータイプでSR落ちした。

バトライド・ウォーシリーズ

初代よりプレイアブルキャラクター。ステージ開始前に3人の仮面ライダーを選択し、自由にカメンライドすることができる。基本的には同じ性能だが一部のスキルがオミットされており、また強力な技が設定されている△+〇の必殺技を使用すると「ディメンションキック」が発動しディケイドに戻ってしまう。
超必殺技ではコンプリートフォームに変身し、その際に選択していたライダーに対応した「ファイナルアタックライド」を放つ。
「2」より激情態がプレイアブルキャラとして参戦する。

これは番組全体に影響する話だが、大人の事情等も絡んでいたとはいえ、鳴滝共々、ディケイドについて謎が残った部分がある。

それはなぜディケイド=士の存在によって世界の崩壊が始まったのかである。

映画では、かつてディケイド…士はショッカーの大首領だったとされている。
映画の設定も合わせた解釈によっては、

1.ショッカーが世界融合を誘発させることで、最大の敵である全ての仮面ライダーを世界もろとも消滅させるためにディケイド(もしかしたらディエンドも)を誕生させた。
2.ディケイドライバーには世界を融合・消滅させる効果があり、ドライバーに選ばれた人間が死なない限りその崩壊は止まることはない。
3.倒されたライダー及び彼らの世界は、ディケイドによって倒されることでも消滅するが、ライダーカードとなって残留するため、世界融合による完全消滅だけは防ぐことは可能。その状態でディケイドが倒されればカードの封印が解除され、世界融合によって崩壊したライダーの世界は再生する。
4.記憶を失う前の士は敢えてショッカーの幹部に上り詰め、ディケイドとなることでショッカーの目論見と世界崩壊を防ごうとした。(家から出られない妹に『世界を見せるため』という意図もあったかもしれない)
5.紅渡たちオリジナルの平成ライダーたちは、ディケイドの存在による世界崩壊を知り、ディケイドの討伐、あるいは1時期の世界破壊と再生による世界救済のためディケイドの力を借りることを考える。


…などと取れる。とはいえ、上述の解釈には大きな矛盾も浮かぶだろう。


後の作品である『仮面ライダー3号』や『4号』(全てのライダーの世界に影響を及ぼしたという点はディケイドと共通)と違い、誕生経緯についての明確な描写が一切ない。

鳴滝や渡、剣崎一真たちオリジナルの平成ライダーたちは何かを知っていたようだが、結局劇中で視聴者を納得させる理由が明かされることはなかった。そのため、設定のあいまいさを不満に思うファンから苦情が来たというケースもあった。


関連タグ

仮面ライダーディケイド DCD
仮面ライダークウガ 仮面ライダーディエンド 仮面ライダーキバーラ
ファイナルフォームライド ジャンボフォーメーション
もやし
仮面ライダー龍騎仮面ライダーブレイド・・・同じくカードを用いて戦うライダー
ウルトラマンギンガウルトラマンオーブ ゴーカイジャー・・・こちらもなんか似ている。

仮面ライダーフィフティーン仮面ライダー大戦に登場したディケイドとほぼ同じコンセプトを持つ言わば「ディケイド二号機」。作中でもディケイドから「顔が多けりゃ偉いのかよ」と言われている。


他の記事言語

Decade

pixivに投稿された作品 pixivで「ディケイド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6402947

コメント