ピクシブ百科事典

龍騎

りゅうき

平成ライダーシリーズ第3作目『仮面ライダー龍騎』に登場するライダーの一人。
目次[非表示]

「っしゃっ!!」
「いつまでこんな戦い続けなきゃいけねぇんだよ!!こんなのが運命だなんて、俺は絶対認めないからな!!」

曖昧さ回避

龍騎(りゅうき)とは、

  1. 平成ライダーシリーズ第3作目、『仮面ライダー龍騎』の表記揺れ。
  2. その中に登場するライダーの一人。本稿で解説。

概要

仮面ライダー龍騎


主人公城戸真司が変身する赤いライダー。
炎の技を使って戦う。基本的には格闘に優れているが剣や飛び道具も使いこなせる。ライダーの中でも装備品が多彩なのは、流石主人公と言ったところか。スペックもナイトよりもひと回り高く、数々のライダーを上回るが真司のライダーバトルを拒絶しているのもあって劇中でのライダー戦は思うように力が発揮出来ない場合が多い。

変身ポーズは右手を左斜め上に伸ばすというもので、仮面ライダー新1号の変身ポーズを意識したものである。なお、主要なライダーである龍騎、ナイトゾルダはそれぞれ、初代仮面ライダーの複眼クラッシャー触角をデザインに取り込んでおり、龍騎は赤く丸い複眼が継承されている。

召喚機は龍召機甲(りゅうしょうきこう)ドラグバイザー
左腕に装備されているガントレットタイプの召喚機。ライアのエビルバイザーと違い、防具としての機能は設定されていない。アドベントカードをベントインする際には、ドラグバイザーの上部カバーを開いてその中にカードを装填する。
ファイナルベントでの必殺技は「ドラゴンライダーキック」。
後に「SURVIVE-烈火-」のカードでサバイブ形態にパワーアップが可能になる。

仮面ライダーディケイド』ではカメラマン辰巳シンジが変身することになる。

TVSPでは、榊原耕一が初代龍騎として登場。
息絶える直前に自身が助けた城戸真司にカードデッキを託した。

契約モンスター

契約モンスターは無双龍ドラグレッダー。詳しくはリンク先参照。

所持カード

ソードベント
ドラグセイバーを装備。2000AP。一度の変身で二度使用したことがあるため、二枚カードがある可能性が高い。
ストライクベント
・ドラグクローを装備。2000AP。形状はどう見てもドラグファングだろと小一時間(ry
・そして昇竜突破(ドラグクロー・ファイヤー)を発動できる。この技で葬ったモンスターも多く、実質シュートベント扱いである。
ガードベント
・ドラグシールドを装備。2000GP。腕に装備する場合と両肩に装備する場合を選択可能。
アドベント
・ドラグレッダーを召喚。5000AP。
ファイナルベント
・ドラゴンライダーキックを発動。6000AP。

ブランク体

まだモンスターと契約していなかった時の姿。紺色の体で、モンスターの力を得ていないため弱い。
ソードベントでモンスターに斬りかかった所あっさり折れてしまい、
思わず「折れたぁ!?」と発したシーンが有名。

所持カード

ソードベント
・ライドセイバーを装備。300AP。形状はカッコいいのに…。
ガードベント
・ライドシールドを装備。300GP。劇中には登場せず、設定のみ存在。
コントラクト
・モンスターとの契約用のカード。

龍騎サバイブ

龍騎サバイブ


途中から登場した最強形態。該当項目参照。

カタログスペック一覧表

仮面ライダー龍騎のスペックは全てAPとして表示する。(1AP辺り0.05t)

パンチ力キック力ジャンプ力(ひとっ跳び)走力(100m辺り)
龍騎プランク体50AP(2.5t)100AP(5t)10m8秒
龍騎200AP(10t)400AP(20t)35m5秒
龍騎サバイブ300AP(15t)500AP(25t)45m4.5秒

城戸真司

23歳。ネットニュースサイト『OREジャーナル』の見習い編集員。
詳細→城戸真司

魔宝石の龍騎

仮面ライダーウィザード』52話ではライダーリングの力で魔宝石の世界に召喚され、召喚者の少年の依頼で、面影堂の面々をに閉じ込めてしまった。そのことを操真晴人に詰問されると、謝罪しつつも「俺は戦いを終わらせたいんだ」と進言していた。
やがてアマダムに捕らえられ、ライダーの力を奪われてしまうが、ディケイドウィザードにより解放される。次々に襲い掛かる怪人たちを蹴散らしていくその雄々しい姿は、他のライダーたちと何ら変わることのない、正義の使者の姿そのものだった。
巨大怪人戦では(過去の経験からか)「でかい相手にも戦い方は有る!」と他のライダーたちを鼓舞し、ドラグレッダーを召喚して激しい空中戦を繰り広げた。

ガンバライジング

ガンバライジングでは2弾からSRで参戦。ライダー同士と戦うのが嫌なのを再現しているのがテクニカルタイプのカードが多い。
ナイスドライブ4弾ではディケイド、ブレイドカードライダーと共にトリプライドキャンペーンの一枚として登場。
バッチリカイガン2弾現在でもSR止まりで、しかもライバルの浅倉さんが彼を差し置いてLRになってしまったので龍騎の高レアを要望するファンは多い。
バッチリカイガン4弾では待望のサバイブが参戦となり、それと同時に強力なアビリティを引っ提げてLR枠も獲得した。

ガシャットヘンシン2弾にてリュウガの参戦に併せてか、ボイス仕様が本人ボイスへ変更。同時にドラゴンアーツの一枚として登場し、ストライクベントを使った必殺技が実装された。

バトライド・ウォーシリーズ

初代よりプレアイブルキャラクター。「アドベント」によるドラグレッダー召喚が強力。超必殺技でサバイブへと変身する。

DRAGON KNIGHT版

名称は仮面ライダードラゴンナイト
龍騎の設定を踏襲し、主人公の少年キット・テイラーと本来の変身者(キット以前のドラゴンナイト)であるアダムが変身する。
吹き替えを演じていたのはどちらも鈴木達央氏。

キット・テイラー

キットは年齢は18歳。カリフォルニア在住で、元々の稼業はバイク屋。愛車はスズキ・カタナ
数年前に父・フランクが行方不明になり養護施設にいたが、第1話で18歳になったのを切っ掛けに施設から出て一人で生活をするようになった。帰って来た家でアドベントデッキを見つけたのがきっかけで仮面ライダーになる。
ピンチに陥ったり悩みを抱えている際には父のから助言をもらっていた。

当初は父親を探す事に固執していたが、とある病院で意識が無い父と再会してからは「ゼイビアックスの野望を阻止しない限り真の再会は出来ない」事を悟り、戦う決心をする。だがライダー同士の戦いに関しては、同じ地球人をベントすることに罪悪感を持ち、長らく躊躇していたが、アックス(タイガ)をベント出来なかったせいでスティング(ライア)を救えなかったことを悔やみ、迷いを捨てスピアー(インペラー)をベントした。
それ以後、自分と瓜二つであるオニキス(リュウガ)幻影に悩まされるもベンタラと地球のために戦い続けた。ラス(オーディン)との戦いでラスのファイナルベントを食らってベントされ、デッキはゼイビアックスに強奪された。
その後復活したユーブロンに救出され、オニキスのデッキを渡されてオニキスに変身。最終決戦までオニキスとして活動した。

最終決戦の後は、引退したアダムから正式にドラゴンナイトのデッキを受け継いだ。

アダム

かつてベンタラでドラゴンナイトに変身していた人物。
キットとは並行同一の存在であるためにキットと瓜二つの容姿をしている。

ユーブロンがゼイビアックスとの戦いで消息不明となり、契約に縛られ続ける人生に嫌気が差していたところに、ゼイビアックスの誘惑に負けて他のライダーを裏切ってしまう。
その後ゼイビアックスに契約を解除してもらい、冷凍休眠から目覚めて活動していた頃に知り合った恋人サラと共にゼイビアックスが用意した異空間に閉じ篭っていたが、手駒を必要としたゼイビアックスによってドラゴンナイトのデッキを渡され、再び戦いを強要される。
親友のレンや他のライダーを裏切ってしまった事に関しては、ずっと後悔の念を抱いていた。

その後キットとの邂逅を経てNo Menに合流。サラを人質にとられていた為、ゼイビアックスの策に嵌ることもあったが、ユーブロンや他のライダー達と和解。ゼイビアックスと決別してドラゴンナイトとして最終決戦に臨んだ。

その後はライダーを正式に引退し、サラと二人で暮らすようになる。

漫画版駈斗戦士仮面ライダーズの仮面ライダー龍騎

こちらは竜生という小学生が変身する。一応主人公だが、性格は城戸真司辰巳シンジとは違い、金にがめつい、卑怯な手段を平気で使う、傲慢で独り善がり、勝負は勝利すればいいと言う歪んだ考えを持つ鬼畜ヒーローである。自分の味方であっても平気で攻撃するという事も劇中では行った。(他の登場人物にもこの漫画には卑怯な手段を使うキャラが沢山いる。)

関連イラスト

仮面ライダー 龍騎
ドラゴンライダーキック



関連タグ

仮面ライダー龍騎
城戸真司 ドラグレッダー サバイブ / 龍騎サバイブ ドラゴンライダーキック ファイナルベント
仮面ライダーリュウガ 仮面ライダーディケイド 仮面ライダードラゴンナイト

pixivに投稿された作品 pixivで「龍騎」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1115803

コメント