ピクシブ百科事典

仮面ライダーOOO

かめんらいだーおーず

仮面ライダーOOOとは、2010年から放送された、『平成仮面ライダーシリーズ』第12作目である。全48話。
目次[非表示]

俺が変身する!!!

仮面ライダーOOO(かめんライダーオーズ)とは平成ライダーシリーズ12作目のタイトルである。
OOOには「メダル3枚」「王s」といった意味が込められている。
また関連イラストに付けられるタグとしては
仮面ライダーOOO』・『仮面ライダーオーズ』の両方が存在している。

前者は番組内容、後者はOOO本人と主な使用アイテムを記述する。

また、「仮面ライダー000」と、数字のゼロが3つだと「仮面ライダーオーガ」になる。
「仮面ライダーOOO(オーズ)」は、アルファベットのオーが3つである。

・『○と○と○』:サブタイトルのテンプレ
・『前回の三つの出来事』:2話構成の内前半回の内容を後半回冒頭で3点でおさらい
・『前回までのハイライト』:前半回冒頭はこちら
・『カウント・ザ・メダルズ』:本編の始めと終わりに現在オーズ側にあるメダルの表示
というのが今作の構成上の特徴。

新しいコアメダルを入手することで、コアメダル3枚の組み合わせ・フォームの選択肢を増やしてゆくことになる。

物語

800年の永い眠りから目覚めた怪人グリード
彼らの目的はただ一つ――人々の欲望から生み出されるオーメダルを集め、己の身体を完全にすること。
グリードによって生み出されたヤミーが欲望のままに人間を襲うとき、そこに敢然と立ち塞がる戦士の姿があった。
その名は仮面ライダーOOO(オーズ)
無欲な青年・火野映司が変身するオーズは、次々とヤミーを倒しオーメダルを回収していく。
だがその裏には不完全すぎる姿で復活してしまったグリード・アンクと、謎の組織・鴻上ファウンデーションの影があった。
果たして、オーメダルを巡る壮大な戦いに巻き込まれた映司の運命は、何処へ向かっていくのか――

登場人物

主要人物

火野映司
本作の主人公。定職も金も住所も持たず、
明日のパンツがあれば生きていけるという新しいタイプのホームレス。
自由気ままに日本、さらには世界各地を転々としているが、そこで出会った人たちのためなら命を掛けることも厭わない超絶的なお人好し。
アンクに促されるままオーズドライバーの封印を解きオーズに変身し、彼と「人の命よりメダルを優先させない」という契約を結んでオーメダル集めに奔走することになる。

ちなみに名前の「えいじ」を1文字ずつ下にずらすと「おうず」となるが、どうやら偶然らしい。

アンク
グリードのうちの一体で仲間に先んじて復活したが、メダルがあまりにも足らず復活できたのは右腕のみ。
棺の封印を解いてオーズドライバーや他のグリードのコアメダル数枚を奪取。
タカ・コアメダルを拾った映司をそそのかしオーズに変身させ、自身の体を構成するオーメダルを集めさせるため彼と行動を共にする。
普段はカマキリヤミーとの交戦で瀕死の重傷を負った刑事・泉信吾の身体を借りて行動している。
怪人としての特徴は後述のグリードの項を参照。

泉比奈
服飾系の専門学校に通う女性で、アンクに憑依された信吾の妹。
映司が持ち上げるのに必死だった自販機形態のライドベンダー(重さ実に260kg)を軽々持ち上げるほどの怪力の持ち主。
兄の姿をしながらもまったく正反対の性格であるアンクと複雑な関係を結んでいく。

クスクシエ

映司とアンクが居候し、比奈がアルバイト勤務をしている多国籍料理店。

白石知世子
クスクシエの店主で、各国のコスプレが趣味。腕っ節もかなり強い。
真木清人の姉である仁美に瓜二つ。

鴻上ファウンデーション

巨額の富を有する謎の財団。
オーズが使用する武器・メダジャリバーやバイク・ライドベンダー、そしてその内部に収納されているカンドロイドはこの財団の所有物である。
グリードが封印されていた石棺を保管していたのも財団傘下の美術館であり、オーメダルの確保のためオーズを陰ながら支援していく。

鴻上光生
鴻上ファウンデーションの会長で、強面に似合わず趣味はケーキ作りと結構ファンシー。
何よりも『欲望』を重視し、欲望を開放する事を美徳としている節がある。
対グリード用の装備をオーズに提供しているが、グリードの復活を喜ぶ一幕もありその真意は一切不明。
『オーズに全てのメダルを集中させる』事が現時点の目的だと言っては居るがその真意・本心は一切表には出していない。
その欲深さはグリードやヤミー被害者にも匹敵し、アンクに対し「入手メダルの7割を我々に納めるのなら装備を貸そう」という破格の取引を申し出る等、怪人以上の悪辣さを見せつけるおっさん。
(結局6割に落ち着いたが実は最初から6割の条件で取引を進めていた策士)。

里中エリカ
鴻上ファウンデーション会長秘書。会長のケーキを食べさせられてしまうことが多く、体重増加が悩みの種。
スタート当初は会長の右腕的な位置に居るような雰囲気だったが、どうやら特に会長の理念や真意等を別に知っていたり共感していたりする訳では無さそうでもある。

後藤慎太郎
鴻上ファウンデーションのバイク戦闘部隊『ライドベンダー第1小隊』の隊長。
第1小隊が全滅した現在は主にオーズのサポートにあたっている。
グリードやヤミーと戦って世界を守りたいという強い意志を持つがやはり現行装備では力及ばず、自身の無力さに拳を握りしめることもしばしば。
だがアゲハヤミーとの戦いを通し、『自らが今成すべきことを成す』ことが大切なのだと考えを改めた。余談だが、何故か武器としてバズーカを持ち出して来る事が多い。

真木清人
鴻上ファウンデーションが誇る天才科学者。
『鴻上生体研究所』の所長を務め、現在オーズが使用しているメダルシステムはすべて彼が開発した物。
常に左腕に不気味な人形を乗せており、人と話す際であっても常にその人形に話しかけるようにして会話する。また、その人形を落とすと情緒不安定になってしまう。
『人の一生はその結果で決まる』という信念を持ち、口癖は「~に良き終わりが訪れんことを」。

カザリと接触し、彼の企みに加担したりと、その行動には謎が多い。
物語後半で鴻上の下を離れ、持ち出した恐竜系コアメダルを取り込みヤミーを作るようになる。

伊達明
海外で働いていたらしく、帰国後「セルメダル収集の報酬として1億稼ぐ」事を理由に仮面ライダーバースの装着者となった男。
「説明書を読むのは嫌い」「説明が面倒」「適当に(バースを)触ってりゃ何とかなる」と非常に大雑把かつ豪快な性格をしている。
近年のライダーには珍しく、筋骨隆々とした体躯を持ち、生身でバースバスターをある程度扱えるほど(なお、後藤は初めて扱った際反動で大きく吹き飛ばされた)。
そんな外見・性格に似合わず思春期の少女の恋愛感情を敏感に察知し励ましたり、人の本質を見抜くなど非常に繊細な面も持つ。

グリード

800年の眠りから覚めた謎の怪人集団。
その体は数枚のコアメダルと無数のセルメダルから出来ている。
復活時点ではその多くが失わていたため、不完全態「セルメン」としての活動を余儀なくされる。
セルメンはセルメダルの消費が激しいので、手下の怪人・ヤミーを用いてオーメダル集めを企む。
体を無数のメダルに戻すことによる空中浮遊での移動も可能。人間に憑依することができ、その人間の脳内情報を調べることができる。
ちなみに英字での綴りは「GREEED」とEが3つ並ぶ。

アンク
鳥系幹部。イメージカラーは、属性は炎。
復活時は自分のコアメダルが他4人と比べて圧倒的に不足しているため、右手のみと言うさらに不完全な形で実体化。
外見的特長は(全容は不明だが)羽の生えた腕部や猛禽類を思わせる爪など。
その狡猾で信用ならない性格は、他のグリードメンバーにも良く思われていない。

ウヴァ
昆虫系幹部。イメージカラーは、属性は。名前の由来は「奪う」。
復活時は下半身が不完全。
外見的特長はクワガタ虫の顎のような角、右手のカマキリの鎌など。
気性が大変荒く、口調も荒い。何かあると直ぐに暴力行為に走る。
擬態時は緑色の服を着た茶髪の青年に化ける。
雷撃を繰り出すことが可能。

カザリ
猫系幹部。イメージカラーは、属性は。名前の由来は「飾り」。
復活時は下半身が不完全。
外見的特長はライオンの様なたてがみや鋭い爪と牙など。
飄々とした策士であり、五人の中で最も疑り深い。少年のような口調で話す。
擬態時は黄色の服を着た白髪の少年に化ける。
竜巻を発生させ、目標にぶつける攻撃を行う。

ガメル
重量系幹部。イメージカラーは灰色、属性は。名前の由来は「がめる」。
復活時は上半身が不完全。
外見的特長はサイの角や象の鼻・牙など。
片言で話す辺り知能はあまり高くなく、内面的な年齢は五人の中で最も幼いと思われる(山中で虫を追い回したり、臨時拠点にあったパイプ椅子を積み上げて自らの城壁を作ったりと、行動も子供じみている)。
擬態時は灰色の服を着た青年に化ける。

メズール
水棲系幹部。イメージカラーは、属性は。名前の由来は「愛づる」。
復活時は上半身が不完全。
外見的特長はシャチの様な頭部や吸盤の並んだ脚部など。
唯一の女性型グリード。最初にヤミーの収穫に成功したデキる女。
セルメダルの消費の早いガメルに自身のセルメダルを分け与える等姉御肌で、ある意味で彼を義弟か義子のように扱っている。
擬態時はティーンエイジャーの美少女に化ける。→メズール人間体
水流を自在に操る力を持つ。

アンク(ロスト)
鳥系幹部。イメージカラーは赤・緑、属性は
復活時は右手と頭部の右側が不完全。
外見的特長は右手と同じ。他は鷹のような頭、左のみの翼、派手な体色など。
右手とは別に休眠していたが、鴻上にコンドル・コアメダルを1枚抜かれたことで他に遅れて復活。右手のアンクを鳥系ヤミーと探す。
右手のアンクと違い子供のような口調で寡黙。ボール遊びをするなどガメルよりも行動は幼い。
擬態時は赤い服を着た子供に化ける。
片翼だが空を高速で飛行し、左手からの火炎や羽手裏剣で攻撃する。

ギル
恐竜系幹部。イメージカラーは、属性は。名前の由来はおそらく「裏切る」。

ヤミー

下級怪人。詳しくは上記リンクを参照。

呼称表

が\に映司アンク比奈知世子鴻上エリカ後藤伊達
映司アンク比奈ちゃん知世子さん鴻上さん里中さん後藤さん伊達さん
アンク映司比奈鴻上後藤伊達
比奈映司君アンク知世子さん後藤さん伊達さん
知世子映司君アンクちゃん比奈ちゃん後藤君伊達君
鴻上火野君アンク君里中君後藤君伊達君
エリカ火野さんアンクさん会長後藤さん伊達さん
後藤火野アンク比奈ちゃん知世子さん会長里中伊達さん
伊達火野アンコ比奈ちゃん会長さん里中ちゃん後藤ちゃん

オーメダル

コアメダルとセルメダルの2種類が存在する。
様々な生物のパワーが込められていて、そのメダルのつかさどる生物の文様が表面に描かれている。

コアメダル

生物の種族ごとに色分けされた、縁が金色のメダル。各色毎に3種類存在。
秘められた力はセルメダルより強力で、何度使用しても消滅することはない。
グリードの核、オーズの各フォームへの変身に使われる。
アンクの腕もオーズのタカヘッドもタカ・コアメダルで形成されるように、同種のコアメダルは複数存在し、その数は3枚。
なお、グリードを構成する9枚の他にもう1枚、グリードを生み出すために除外することを前提に作られた10枚目が存在し、プテラ、タカ、トラ、バッタの4枚目が劇中で明かされている10枚目のメダル(水槽系・重量系の10枚目は不明)。

セルメダル

銀色で統一されたメダル。
コアメダルに比べると込められた力は弱く消耗品だが、これ1枚でヤミーを作り出し成長させることで、爆発的にセルメダルを増やすことができる。
グリードやヤミーの体の構成に使われる他、鴻上ファウンデーションの開発した各種アイテムのエネルギー源としても利用される。

鴻上ファウンデーション開発品

メダジャリバー
大型の剣。詳細はメダジャリバーを参照。

ライドベンダー
特殊バイク。詳細はライドベンダーを参照。

カンドロイド
量産品。ライドベンダー(マシンベンダーモード)から入手できる缶状のツール。
プルタブスターターを起こす事で、カンモードから各メカモードに変形。メダル投入者のサポートを行う。
仮面ライダー響鬼に登場したディスクアニマルに用途がよく似ている。
登場するカンドロイドは、登場するオーメダルほど存在する為、こちらに移項する。

関連タグ

仮面ライダー 平成ライダー OOO オーズ 海賊戦隊ゴーカイジャー ライダーキー

登場ライダー仮面ライダーオーズ 仮面ライダーバース
コンボ形態タトバコンボ ガタキリバコンボ ラトラーターコンボ サゴーゾコンボ タジャドルコンボ シャウタコンボ プトティラコンボ
劇場版限定コンボタマシーコンボ ブラカワニコンボ スーパータトバコンボ
亜種形態タカキリバ タカトラーター ラトラバ ラキリバ タカキリーター ガタトラバ ラトラゾ タカゴリバ タカウーター ラキリーター タカウバ タカジャバ タカトラドル タカゴリタ タカウタ シャウバ タカトラタ サウバ サジャゾ シャジャーター シャゴリーター シャトラーター ラウバ サゴリーター タカウゾ ラゴリタ シャゴリタ ガタトラーター ガタトラドル ガタゴリーター
主人公周辺の人間火野映司 泉比奈 泉信吾 白石知世子
鴻上ファウンデーション鴻上光生 里中エリカ 後藤慎太郎 真木清人 伊達明
怪人グリード アンク ウヴァ カザリ ガメル メズール アンク(ロスト) ギル 映司グリード ヤミー
アイテムオーメダル メダジャリバー ライドベンダー カンドロイド キヨちゃん
用語歌は気にするな 嫌いじゃないわ! はい変わったー
劇場版AtoZ/運命のガイアメモリ MOVIE大戦CORE レッツゴー仮面ライダー 将軍と21のコアメダル MOVIE大戦MEGAMAX スーパーヒーロー大戦
二次創作関連信号機 東方鷹虎蝗 メダルビト オーズオリジナルコンボ

平成仮面ライダーシリーズ
仮面ライダーW←仮面ライダーOOO→仮面ライダーフォーゼ

仮面ライダーゴースト:主人公がリアル僧職系男子の仮面ライダー。『オーズ』放送期ネタにされていた仮面ライダー坊主が実現することになった作品

他の記事言語

Kamen Rider OOO

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーOOO」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 18775866

コメント