ピクシブ百科事典

仮面ライダーオーディン

かめんらいだーおーでぃん

特撮ドラマ「仮面ライダー龍騎」に登場する13人目のライダーである。
目次[非表示]

「戦いを続けろ。生き残った者だけが私と戦い、力を得られるだろう」

「『13人目』である、この、私と…!!」

概要

エターナルカオス


CV:小山剛志

バトルに勝ち残ったライダーが最後に対戦する相手とされる13人目の仮面ライダー。基本カラーは茶色神崎士郎分身ともいえる存在。
「13番目の仮面ライダー」を自称し、実体を持たない士郎に代わって戦っている。
普段はオーディンのカードデッキは士郎が所有している。他の11人を倒して勝ち上がって来たライダーを倒し、その生命を回収し神崎優衣に与える事が役割である。

身長205cm
体重100kg
パンチ350AP(約17.5t)
キック500AP(約25t)
ジャンプ50m
走力100m4秒
…と、スペックも破格。
常に腕組みをした姿勢をとっている。
最初からサバイブ体であるため、全ての能力値で他のライダーを上回っている。それに加え、瞬間移動や自身の周囲を舞っている金色を飛ばして攻撃するなど特殊能力を持つ。
大型トラックを片手で弾き飛ばしたり、王蛇ナイトサバイブをも軽くあしらうなど、圧倒的な力を見せた(なお、デザイナーの早瀬マサト氏は雑誌のインタビューにおいて、オーディンにも通常体が存在することを示唆する発言をしている)。

召喚機は鳳凰召錫(ほうおうしょうしゃく)ゴルトバイザー
オーディンの意思を受けて転送されてくる、錫杖型の召喚機。先端の状の飾りの下の部分をスライドさせてその中にアドベントカードを装填することで、そのカードの能力を使える。
部分を観音開きのように展開することもでき、そこにはいかにもサバイブカード3枚を装填できるような仕組みになっているが…。
どうなるのかは不明。

神崎士郎の代理の存在であり、神崎が無作為に選んだ人間変身していた(させられていた?)ため、何度も蘇ることができる。(ただしこの設定は「仮面ライダー龍騎超全集」の最終巻にて掲載された「神崎士郎が浮浪者らしき人物にカードデッキを渡すシーン」の写真からの推測であり、脚本でも「神崎士郎が男の前に立っている」としか書かれておらず、そう考えるのが最も自然な状況ではあるものの、あくまでもオーディンの正体に関する詳細は「不明」とされている)
本来の役割の他にも、戦況が膠着状態に陥った場合の発破、神崎優衣に迫る危機の排除等も担当する事がある。


所持カード

ゴルトセイバーを装備。4000AP。

ゴルトシールドを装備。4000AP。
時間を巻き戻す。
ゴルトフェニックスを召喚。8000AP。
  • スチールベント
相手の武器を奪える。その他、設定上は補助系カードを全て所持。
サバイブカード。常時発動している。
双葉社発行の『仮面ライダーの超常識』にてサバイブ(無限)の効果はベルトに金色の縁取りが現れるという設定が公開された。
無論戦闘力も倍増する。
  • サバイブ「烈火」、サバイブ「疾風」
サバイブカード。本来はオーディンのカード。ちなみにサバイブカード3枚を並べるとゴルトフェニックスの絵柄が完成する。

「エターナルカオス」を発動。10000AP。

契約モンスター

契約モンスターは不死鳥型のモンスター「ゴルトフェニックス」。
8000APという、公式で判明している中では最強のミラーモンスター。
「ゴルド」ではなく「ゴル」である点に注意。
劇中ではオーディンがファイナルベントを使う際に現れただけであり全貌は不明。
ガルドサンダー、ガルドストームなどと言った鳳凰系モンスターの頂点に君臨する存在であり、それらのモンスターを自在に使役することができる。

ファイナルベントである「エターナルカオス」は10000APと言う桁違いのAPを誇るが、周囲が黄金のに包まれるということ以外は一切不明である。
ゲーム版ではオーディンがテレポートを繰り返しながらに連続で打撃を浴びせ、その後「終わりだ…」と呟きながらフェニックスと合体、空中から頭突きをするという極めて適当なものになっていた。

最期

神崎士郎が「新しい命」を拒否した神崎優衣に絶望したと同時に、ナイトサバイブが最後のライダーであることを認め、消滅した。

DRAGON KNIGHT版

名称は仮面ライダーラス。ラス(Wrath)とは「憤怒」、「激怒」の意味。
名前の由来は、おそらく元のキャラであるオーディンから。北欧神話の主神オーディンの名は、古ノルド語で「激怒(する者)」を意味すると言われている。
ベンタラ人のヴィック・フレイザーが変身。26歳。
吹き替えを演じたのは石川英郎氏。

原作同様ベンタラ最強のライダーであり、12人のライダーのリーダーであった。ラスのデッキはベンタラのエリートライダーのリーダーに代々受け継がれるものであり、ヴィックはその事に強い誇りを持っていた。
ゼイビアックスとの戦いに敗れ、ベントされたと思われていたが、そのを欲したゼイビアックスによって拉致され、昏睡状態で保管されていた。(その直前、セイレーン(ファム)に2枚のサバイブカードを託している)
触れたモンスターを強化(サバイブ化)させる能力を持つ(これは原作の裏設定でもある)。瞬間移動能力を持ち、他のライダーが触れていれば一緒に移動できるなど用途が広い。
ゼイビアックスはヴィックの体に憑依し、ラスに変身していた。(ライダーのデッキにはDNA認証があり、その本人しか変身できない為)
原作では披露されていなかったファイナルベントが披露されているが、ファイナルベントはゴルトフェニックスと一体化して相手に激突するというものである。簡単に言えば、科学忍法火の鳥

最後はサバイブ状態のドラゴンナイト(龍騎)とウイングナイト(ナイト)と闘い、ドラゴンナイトを葬ったが、二人の攻撃で規定値を超えるダメージを受けており、ベントされた。だがゼイビアックスはベント直前に分離し、ちゃっかり生き残っている。

最終決戦では他のライダー達と共に復帰している。
自分の意志ではないとはいえ、ゼイビアックスに利用されたことに強い怒りを露わにしていた。

仮面ライダーディケイド

龍騎の世界において、ライダー裁判の参加者の1人として登場。変身者は不明。

瞬間移動能力を駆使して羽黒レンの変身したナイトを圧倒するが、最後はナイトの放った起死回生の飛翔斬を受けてあっさり敗北してしまった。

なお、レンは上司であった桃井の殺害の真相を知るべく、オーディンの所持していたタイムベントのカードを探し求めており、オーディン撃破後、門矢士辰巳シンジがカードを使用し、桃井を殺害した真犯人を突き止めている。

余談

上記の理由から、13人のライダーの中で唯一変身シーンがない。

この後の仮面ライダーウィザードに登場した白い魔法使いや、仮面ライダー鎧武に登場したオーバーロードロシュオとは、チートキャラ繋がりで、圧倒的な力、物語の黒幕、不意打ちでやられるなど共通点が多数存在する。

デザインモデルは、仮面ライダーの影響を受けて制作された特撮ドラマ『変身忍者嵐』である。

関連タグ

仮面ライダー龍騎 仮面ライダー 平成仮面ライダー チート

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーオーディン」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76657

コメント