ピクシブ百科事典

仮面ライダークロノス

むてきのうんえい

仮面ライダークロノスとは、「仮面ライダーエグゼイド」に登場する仮面ライダーである。
目次[非表示]

「今こそ審判の時……!」

CV:貴水博之

概要

仮面ライダーエグゼイド』第32話より登場した新たな仮面ライダーにして、仮面ライダークロニクル内で現時点で最強のキャラクター

バグルドライバーⅡとマスター版の仮面ライダークロニクルガシャットを使用して変身する。
しかし、バグヴァイザーⅡは檀黎斗バグスター用に設計したものであるため、もし人間が使用すれば大量のバグスターウイルスに感染して消滅することになる。また、クロノスの力を扱える者はあらゆる種類のバグスターウイルスの感染をものともしない完全な抗体を身につけた者のみである。

以上の理由から、黎斗は「クロノスに変身できる人間が現れる確率はもはや奇跡に等しい」と語っていた。
しかし自身の父親であり、16年前に「世界初のバグスターウイルス」を自身に感染させ完全な抗体を身につけたとされる檀正宗が変身者の資格を獲得した。

現在ライダーの中で唯一レベルを持たない(レベルの表記がない)ライダーである。
また後述するスペック・特殊能力ゆえ必要がないのか、変身時にエナジーアイテムが配置されない。

ゲームにおける本来の役割は「あらゆるゲームの力を凌駕する全知全能の神であり究極のバグスターである、ラスボスゲムデウスを理論上攻略可能にする伝説の戦士」であり、プレイヤー側の究極のヘルプキャラであるはずだった(上記の変身条件と黎斗の語った内容を参考にすれば、どうやらライドプレイヤーが仮面ライダークロニクルのバグスターを12体倒すことで抗体を手に入れて初めて変身できるライドプレイヤーの最強形態・装備という扱いだった様子)。

しかし、変身者である正宗は、「仮面ライダークロニクルは世界に誇るゲームであり永遠に愛され続けるコンテンツでなければならない」として、クロノスの圧倒的な力を「仮面ライダークロニクル」参加者全員の運命をジャッジするために用いている。

スペック及び形態

The Cronicle Cronos



『バグルアップ!天を掴めライダー! 刻めクロニクル! 今こそ時は極まれり!』

パンチ力110t
キック力120.7t
ジャンプ力96m(ひと跳び)
走力100mを0.96秒

開発者の黎斗曰く究極のバグスター「ゲムデウス」は攻略出来ない、倒すことは不可能なラスボスであるとされている。しかし、それを理論上可能とするキャラとして作られたのがクロノスである。そのためクロノスの戦闘能力は本作に登場する他ライダーに比べ文字通り桁違いであり、スペックはレベル99のライダーであるマキシマムゲーマーレベル99パーフェクトノックアウトゲーマーレベル99を上回る。

胸部の「ロングライフガード」は時間経過で防御力が上昇し、腕部・脚部の「セイヴァーファイトグローブ」・「セイヴァーファイトシューズ」には攻撃を与えるごとにパンチ力・キック力を10%上昇させる機能があり、戦いが長引けば長引く程更に強力になっていく

その上、腕部と脚部に装着された「メックハンドレッドガード」は100t以下の攻撃を安全に受け止められる為、他の能力と併せると倒すどころかダメージを与える事すら非常に困難である。

頭部はエグゼイド及びゲンムと同形状だが、王冠のように伸びる5本のブレードアンテナ「クロノブレードクラウン」によって独自のシルエットを成している。

能力

「し......」


ポーズ&リスタート

「仮面ライダークロニクル」のラスボスである究極のバグスター「ゲムデウス」に唯一対抗できる伝説の力、それがドライバーのAボタン、Bボタンを同時に押す事で発動する時間停止能力である。

この機能は、胸部の「サンクションズエフェクター」内に搭載された、「タイムエグゼキューター」によるものであり、その名の通り「ポーズ」で時を静止させ、「リスタート」で再び動かすことができる(初登場の第32話時点では停止できる時間に制限がある様子はない)。

止まった時の中で死を迎えた者はコンテニューできず、死という瞬間のまま永遠に止まり続ける仕様になっている。即ち倒されてもレベルアップと共に復活するバグスターに対して、”終わりのない終わり”という『死』をもたらせるということであり、ポーズ中にクリティカルクルセイドを受け倒されたラヴリカは完全体のバグスターにも関わらず復元できず、断末魔も上げることなく“死亡”している。

1つしかライフ(命)を持たず一度死を迎えれば2度とコンティニューできない人類に対して、何度でもコンティニューできる事を強味としてきたバグスター側の優位を無効化する能力であり、その事実を目の当たりにしたパラドグラファイトは戦慄する事となった。

元ネタは言わずもがなゲームの「ポーズ」機能。
またよくあるタイプのゲームのポーズ機能と違い、ポーズを発動するクロノスは動ける。また、ポーズ中に攻撃を食らった相手の動きはタイム連打の動作そのものであり、強化版のタイム連打とも言える。

ただし、公式サイトにもあるように「自分以外のゲームエリア内のプレイヤーの時を止める」というだけなので、クロノスのバグヴァイザーⅡの中等に隠れれば無効化が可能(最も、そんなバグ技にも近い荒唐無稽な荒業を可能とする者など以外存在するとも思えないが)。
第33話でこの欠点を突いた作戦が実行されたが、ある人物の裏切りにより失敗に終わった。

また、ゲムデウスのウイルスをバグヴァイザーⅡに流し込む事でもポーズを封じる事は可能。しかしクロノスに付き従う左腕の力でゲムデウスのウイルスが抑制され、こちらも失敗に終わっている。

上述のように、ポーズを攻略するための突破口はいくつか確認されているものの、その事を考慮した正宗が予め用意していた経営者ならではの戦略で悉く潰されてしまう。上述の通りのスペックの高さ(取り押さえるどころか足止めも容易にできない)に加えてこの抜け目なさにより、クロノスの攻略は一筋縄ではいかない物となっている。
(変身前を襲えばいいとか言ってはいけない。)
しかし第36話では、ポーズを無効化する無敵能力を持つムテキゲーマーが登場。変身解除にまでは到達しなかったものの、今回で初の敗北を喫する事となった。更に自身の左腕だったレーザーターボが裏切った事でゲムデウスのウイルスを抑制する術も失われてしまった為、クロノス攻略の道は徐々に切り開かれつつある。

必殺技

  • クリティカルクルセイド

足元に巨大な時計を投影し、針の回転を模した反時計周りの回し蹴りを繰り出す。
ドライバーのBボタンを2度押すことで発動。必殺技炸裂後の音声は「終焉の一撃!」
初披露の第32話では、リプログラミングにより攻撃が効くようになったラヴリカバグスターを撃破した。

  • クリティカルサクリファイス
ガシャコンバグヴァイザーⅡのチェーンソーモードで発動する必殺技。第33話で初披露。
丸鋸型のエネルギー刃を放つ。エグゼイドレベル99を一撃で変身解除させた。

  • クリティカルジャッジメント
ガシャコンバグヴァイザーⅡのビームガンモードで発動する必殺技。第34話で初披露。
強力なビームを周囲にばら撒くように放つ。パラドクスレベル99グラファイトレベル99、エグゼイドレベル99の3人をまとめて変身解除させた。

武器、アイテム

変身アイテム兼武器。ポッピーピポパポが所持する物と同じタイプ。

現時点での所持ガシャットは「仮面ライダークロニクル」の1つ。
他、戦闘に使用はしないが今までのプロトガシャットを所持している。

ガンバライジング

ガシャットヘンシン5弾より参戦。

余談

名前の由来は、ギリシャ神話の時間を司る神「クロノス」(Χρόνος、Khronos)から。
初登場回である第32話で登場した時計のオブジェは、初変身シーンの為に上堀内佳寿也監督の発案でクロノスをイメージして美術担当が作成した物で、約3メートル程の大きさである。
また、時を止める能力に因んでか、番組の共演者達が例のポーズをしている画像がメイキングにて掲載されている。
※情報出典⇒東映公式サイトへの外部リンク

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド 仮面ライダークロニクル 檀正宗 チートライダー
 
クロノス(時間神):モチーフ元。

クロックアップ重加速:完全ではないが実質的に時間を止めて動けるライダーの能力。

スカラベアンデッド カッシスワーム
仮面ライダーブレイド(ラウズカードの力で使用可能) スーパータトバコンボ(仮面ライダーオーズ)
・・・同じく時を止める能力を持つライダーまたは怪人繋がり。

仮面ライダーゼロノス:時間繋がり。
仮面ライダーオーディン:ポジション繋がり。
ガタキリバコンボ:黒い素体に緑の装飾というカラーリングが共通している。
仮面ライダーガイア:ギリシャ神話の神繋がり。
死神クロノス:『仮面ライダーX』に登場した、GOD機関神話怪人。名前繋がり。

TAS

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダークロノス」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 173475

コメント