ピクシブ百科事典

仮面ライダーレーザーターボ

かえってきたれーざー

復活のレーザー。
目次[非表示]

概要

初登場は『仮面ライダーエグゼイド』第34話。
檀正宗が新たに製造した2本目の爆走バイクガシャットゲーマドライバーで復活を果たした九条貴利矢が変身する、新たな仮面ライダーレーザーの姿。レベルは0。
変身時の掛け声は「ゼロ速」。

檀正宗=仮面ライダークロノスの左腕」として、「仮面ライダークロニクル」におけるバグスターの管理を担当していた。

外見

姿は色違いのアクションゲーマーレベル2の体にハンターバイクゲーマーレベル5の頭部が付いている様な形態で、レベル2と類似した姿になっていたゲンムと異なり、人型になったレーザーのどの形態とも異なった姿をしている。
外装が減った分、体重も大幅に下がっているが、下記の通り機動性重視故と思われる。

戦闘能力

ゲンムレベル0同様、レベルX(テン)相当のスペックを持つ。

武器はガシャコンスパローを使用。レーザーレベル1の時からずっと胸部に描かれていたが、ここにきてようやく初期装備として使用できるようになった。

アルファ版限定の試作機能が移植されており、特殊なゲームエリア「アンチバグスターエリア」を形成可能な上に、接触したバグスターウイルスの活動を抑制することが可能。初登場した第34話ではゲムデウスのウイルスすら無力化した。

運動速度とパワーを重視した調整が施されたボディスーツを始めとして、主に脚部を中心に瞬発力やアクロバティックさを重視したカスタマイズがなされており、戦闘もこれらの特色を活かしたスピード中心の肉弾戦、特に変身者の貴利矢が得意とするキックが主な戦闘スタイル。(設定ではバトルシューズにエア噴射機能までもが備えられている)。

また正宗から譲渡されたプロトガシャットで他のライダーのレベル3に相当する形態へも変身。
更に、胸部を保護する銀色のプロテクター「プロトライフガード」にはプロトガシャットの力を引き出す特殊機能が備わっており、ゲーマ装備時の追加装備などの性能が強化される。
プロトガシャットを使用した際のスペックはレベルX(エックス)以上レベルX-0未満。

使用ガシャット

現時点で彼が所持しているガシャットは爆走バイクガシャットプロトシャカリキスポーツガシャットプロトジェットコンバットガシャットプロトギリギリチャンバラガシャットの4種類。

全て別バージョンではあるが、基本10種のガシャットの内、乗り物に関係のあるものを全て持っていることになる。

形態

※各フォームの名前はテレビ朝日公式の説明ページへの外部リンクになっています。

基本形態。

「アガッチャ!シャカリキ!メチャコギ!ホットホット!シャカシャカコギコギ!シャカリキスポーツ!」
二つ目のスロットにプロトシャカリキスポーツガシャットをセットして変身する。装着するゲーマの形状はヘルメットがないことを除けばスポーツアクションゲーマーレベル3の色違い。必殺技も同様に車輪をブーメランのように投げ付けて攻撃する。

「アガッチャ!ぶっ飛び!ジェット!トゥザスカイ!フライ!ハイ!スカイ!ジェットコンバット!」
二つ目のスロットにプロトジェットコンバットガシャットをセットして変身する。装着するゲーマの形状は頭部ゴーグルがないことを除けばコンバットシューティングゲーマーレベル3の色違い。レベルアップ時の掛け声は「爆速」。スナイプレベル3同様飛行可能で高い機動力を持つ。

必殺技

  • 爆走クリティカルストライク

劇中未使用。

  • シャカリキクリティカルストライク
第35話で初披露。高速回転する車輪を投げ付ける。ゲンムレベルX-0をゲームオーバーさせた。
  • ギリギリクリティカルフィニッシュ
第36話で初披露。黒いエネルギー刃を放って相手を切り裂く。マキシマムゲーマーレベル99を変身解除させた(ただしこの時の二人は正宗を欺くために演技をしていた)。

余談

基本形態がエグゼイド達と共通する姿になった為、他の4人が使用していたゲーマとの合体が出来るようになった。・・・代わりにチャンバラゲーマ・ハンターゲーマとの従来通りの合体が出来無くなった。フルドラゴン形態は可能なハンターゲーマはともかく、チャンバラゲーマェ・・・

外部リンク

テレビ朝日公式サイトの解説ページ

関連タグ

仮面ライダーエグゼイド 仮面ライダーレーザー  貴利矢ショック

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーレーザーターボ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 52435

コメント