ピクシブ百科事典

仮面ライダーガイ

かめんらいだーがい

『仮面ライダー龍騎』に登場する13人のライダーの1人。
目次[非表示]

「これでホントの、ゲームオーバーだ。」


概要

芝浦淳が変身する仮面ライダー。
西洋甲冑のような外観をしており、基本カラーはグレー寄りの銀。
外見とは裏腹に動きは軽快で、ストライクベントによって召喚する、メタルゲラスの頭部を模したメタルホーンを用いて敵を強引に押し切る戦法を得意とする。
相手が直前に発動したアドベントカードの効果を一度だけ無効化する、コンファインベントという特殊カードも複数所持している。

召喚機は突召機鎧(とっしょうきがい)メタルバイザー。
左肩アーマー前部に取り付けられている。この中にアドベントカードを投げ入れることで、そのカードの効力を発揮する。

ファイナルベントの技は、メタルホーンを装備した状態でメタルゲラスの肩に乗り、高速で突進して標的を粉砕する「ヘビープレッシャー」。

所持カード

ストライクベントメタルホーンを召喚2000AP
コンファインベント相手のカードの効果を無効にする
アドベントメタルゲラスを召喚4000AP
ファイナルベントヘビープレッシャーを発動5000AP


契約モンスター

契約したモンスターはメタルゲラス
二足歩行のサイ型のミラーモンスター。
頭部のドリル状の角や両手の鋭利な爪を武器とし、巨体を活かした突進攻撃を得意とする。

ガイの死後は仇として王蛇を付け狙ったが、逆に契約させられてしまった。
ジェノサイダーではボディを構成する。

最期

王蛇に盾代わりにされ、ゾルダのファイナルベントで瀕死になる。怒り狂って王蛇に反撃するも返り討ちに遭い、ファイナルベントで止めを刺された。ライダーバトルすらゲーム感覚で挑んだ彼は、皮肉にも、自分が言い放った上記の台詞を己自身で体現したと言える。

ガードベント


お前…! オレが、ゲームを、面白くしてやったのに…!!
近くにいたァ…お前が悪い…!!


王蛇の盾代わりにされたということから、「王蛇専用ガードベント」という情けないネタがあったりする。
ちなみにこのシーンは児童誌『たのしい幼稚園』では

龍騎「みんな! たたかいは やめるんだ!」
王蛇「くくく…まず おまえから しんでもらおうか。」
ゾルダ「みんなよけろ。 おうじゃ だけは ゆるせない。」
地の文『ゾルダは おうじゃに ファイナルベントを あびせるつもりだぞ。』
王蛇「へん ばかめが。 やれる もんなら やってみろ。」グイッ
ガイ「なにっ!?」
ゾルダ「エンドオブワールド!」
王蛇「おまえが くらえーっ!」
ガイ「ギャーッ!」
地の文『ガイは、おうじゃの たてがわりに されて しんだ。』
龍騎「なんて やつだ!」
王蛇「はっはっは、ゆかいだぜ。
地の文『おうじゃは、ガイの モンスターを てにいれた。 いったい、なにを たくらんで いるんだ?』

とより情けなく表現されている。
ちなみにこのゾルダの太字の台詞は「あまり北岡が言いそうに無いセリフ」ということもあり、よく改変でネタにされている。


TVSPでは、突如現れたディスパイダーに捕食されると言う、更に情けない最期を遂げてしまった。

余談

ガイは本来、手塚海之が変身するライダーとしてデザインされていた。

デザインでバイザーを左肩に付けたら、いざスーツを作った際、バイザーに手が届かないという緊急事態が起こったが、カードを投げ入れるという手段が思いついたためそのまま採用されたという逸話がある。

仮面ライダー鎧武放送前、仮面ライダーサイという誤情報が流れた。
その後もガイだけではブッキングしやすいため、鎧武検索時は「よろいぶ」「よろいむ(しゃ)」からの変換を推奨する。

銀のボディとメタルバイザーの赤い角は人造人間キカイダーグレイサイキングのオマージュ。
BLACKRXが裏モチーフ。口の形状などに面影が見て取れる。
またネオショッカーの怪人サイダンプに似ているがおそらく関係はない。

DRAGON KNIGHT版

本作での名称は仮面ライダートラスト(突進)。
モトクロスのレーサー、ブラッド・バレットが変身。
詳細は『仮面ライダートラスト』の項目を参照。

関連項目

仮面ライダー龍騎 平成ライダー 仮面ライダー 仮面ライダー王蛇 龍騎 仮面ライダーナイト ガードベント
(使い捨て) 近くにいたお前が悪い 王蛇専用ガードベント

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダーガイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 76596

コメント