ピクシブ百科事典

海東大樹

かいとうだいき

『仮面ライダーディケイド』の登場人物。仮面ライダーディエンドに変身する。
目次[非表示]

演・戸谷公人

概要

お宝を集めるためにさまざまな異世界を旅している青年
九つの世界とはまたさらに別の世界である「ディエンドの世界」出身。
大ショッカーから奪ったお宝、ディエンドライバーを使って仮面ライダーディエンドへと変身する。

登場しては「士、なまこは食べられるようになったかい?」と言うなど、門矢士の過去を知っているかのように振る舞っていたが、結局正体は謎のまま。
ディエンドの世界に、海東純一がいる。
初登場以降から士にただならぬ発言をかましている。

身体能力はオルフェノク相手に生身で超人テニスをやってのけた士に負けず劣らず常人離れしており、仮にもクウガであるユウスケがヘロヘロになっていたG3-Xの装着員テストメニュー(単にユウスケの基礎体力がなかっただけの可能性もあるが)を軽々とこなし、大ショッカー戦闘員に囲まれた時にも、変身せずに生身で応戦し続けられるだけの腕っ節や身のこなしを持ち合わせている。大ショッカーからディエンドライバーを盗めたのもむべなるかな、である。

スーパーヒーロー大戦』では終盤ラスボ…………ではなく、迷惑な八つ当たり屋さんと化している(ビッグマシン参照)。

人物像

各世界の「お宝」に対する執着は並外れており、目をつけたお宝を手に入れるためなら人道や法・社会正義に外れた行為も、仲間・友人に対する裏切りも厭わないところがある。
(例:「アギトの世界」で、お宝と見初めた『G4チップ』欲しさに、G3-X装着員役を先に志願していたユウスケから強引に掻っ攫い、目的を果たしたと見るやさっさと警察の備品であるG3-Xを戦場に脱ぎ捨て放棄してディエンドに変身し、更に召喚したライダーに、芦河ショウイチのせいで変身を強制解除された生身の士を撃たせようとするなど)
なお、海東自身もそんな自分を自覚して悪びれてもおらず、『泥棒』呼ばわりも平気で受け入れている。

また、「シンケンジャーの世界」ではシンケンゴールド梅盛源太の所持する烏賊折神をお宝と見初めて盗み、追いかけてきた源太にカメンライドライアシザースを召喚してけしかけ、後のスーパーヒーロー大戦に先駆け、平成の世では初となる仮面ライダーvs戦隊ヒーローの戦いを勃発させた
もっともこの後、海東自身も、外道衆アヤカシチノマナコにディエンドライバーを奪われてしまうのだが…。

……あれっ、鳴滝さん
あの世界に最初に仮面ライダー出現させてしまった直接の原因って、士じゃなくって海東じゃないですか?

そんな海東大樹だが、その一方で『人の思い』や『思い出』というものも大事なお宝であると認識しており、
響鬼の世界」でヒビキからアスム師匠役を押し付けられた際も、指導らしい指導こそしなかったが、海東なりの『心の持ちよう』をアスムに教えたり(この縁でアスムには『師匠』と慕われ、海東自身もアスムを『少年くん』と呼ぶ仲に)、劇場版MOVIE大戦2010』で一度士が消滅した際にはその復活に奔走したり、同じく劇場版『超・電王トリロジー』における主役エピソード「お宝DEエンド・パイレーツ」では、泥棒ライダーである海東を捕まえようとした時間警察の黒崎レイジ宛てに出されていた、一度捨てられたはずの『レイジの家族からの手紙』をきちんと回収してレイジに見せたりなど、気まぐれではあるが情に厚い一面も持ち合わせている模様。

……だが、そんな妙な所で人情家な性格ゆえに、
上述の劇場版「スーパーヒーロー大戦」における士とマーベラスの行動とその真意は、海東としては許しがたかったらしく…。

その他

小説版ディケイドにもメインキャラとして登場。作中で光夏海と共に士と同居することになる。
また、ストーリーにおいてある重大な役割を担っている。

おのれディケイドー!!

関連タグ

仮面ライダーディケイド 仮面ライダーディエンド
門矢士 海東純一 アスム
盗人 怪盗 トレジャーハンター
侍戦隊シンケンジャー

ゾルーク東条:同じく怪盗で仮面ライダー。

pixivに投稿された作品 pixivで「海東大樹」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 663416

コメント