ピクシブ百科事典

ライジングアルティメット

らいじんぐあるてぃめっと

映画『仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』に登場した仮面ライダークウガのフォームの一つ。原典ではクウガの最強形態であった、アルティメットフォームの上位形態。
目次[非表示]

概要

小野寺ユウスケが変身するクウガの更なる強化形態。
『劇場版仮面ライダーディケイド オールライダー対大ショッカー』にて門矢小夜(大神官ビシュム)が地の石の力を与えた事で誕生した。

アルティメットフォームがすらりとした印象を受けるのに対し、ライジングアルティメットはよりン・ダグバ・ゼバに似た豪壮な装甲を持つ。特に上半身の装飾や枝分かれしたはダグバのそれに酷似している。

真・最強VS最凶
技と力の、究極の闇。


設定上はアルティメットフォームすら凌ぐ戦闘能力を持つ為、それと同等の力を持つン・ダグバ・ゼバをも超えると思われる。
劇中では門矢小夜(大神官ビシュム)によってライジングアルティメットクウガと呼称された。

当初はユウスケの意思が小夜の支配下にあったため、黒い瞳をしていた(通称ブラックアイ)。
ストーリー終盤の大ショッカーとのラストバトルで仮面ライダー達を圧倒するが、アルティメットフォームを超える身体能力を持つにも関わらず、生身の門矢士を殴りつけても即死させる事はなかった(小夜が士をじわじわと苦しめるために意図的に手加減させたと思われる)が、殴られながら説得する士の言葉で改心した小夜によって地の石を砕かれて正気に戻った。
その後、シャドームーンとの戦いにおいて再変身した際には赤いになっていた(通称レッドアイ)。

スペック差。


しかしこの際はディケイドと二人がかりにも関わらず、シャドームーンに触れることさえ出来ておらず、ネタにされる事もしばしば。実際はアルティメットフォームよりも更に制御が難しいのかもしれないし、シャドームーンがライダートーナメントでクウガの戦闘データを把握していたのかもしれない。

MOVIE大戦2010』では、ユウスケは自らの力でダークアイのアルティメットフォーム(第1話の光夏海の夢に登場したそれと同じ姿)に変身するが、「世界の破壊者」となったディケイドを倒すのに失敗し、を落としている。その後ディケイドが死んだことで生き返り、スーパーショッカーを倒すため集合した平成ライダーがディケイドコンプリートフォームのカードによって最強形態にパワーアップした際にこのフォーム(レッドアイ)になった。
最終決戦では稲妻を纏った右ストレートドラスを吹っ飛ばしている。


他作品での客演

仮面ライダーウィザード』の特別編にて平成ライダー最強フォームが揃い踏みした際にも、クウガはこの姿になっていた。
このことから、どうやら現在ではライジングアルティメットがクウガの最強形態とされているようである。


S.I.C.HEROSAGA』の『仮面ライダーディケイドエディション -ストロンガーの世界-』では、並行世界の仮面ライダーストロンガーに悪しき過剰なライジングパワー(電気エネルギー)を与えられたことでブラックアイバージョンとなりディケイドと戦ったが、後にオリジナルのストロンガーに、カブトローで電気エネルギーを吸収されることで元の小野寺ユウスケに戻った。

さらに『HEROSAGA 仮面ライダーディケイドエディション -オーズの世界-』においては、ショッカー首領の魂を宿したライダーロボネジバコンボの強大な力に対抗すべく、仮面ライダーディケイドオーズアーマー仮面ライダーオーズファイナルフォームライドさせた形態)シャウタコンボのウナギウィップおよび、仮面ライダーディエンドが召喚したストロンガーの電ショックを浴びることで、更に凄まじい金の力を帯びた形態であるスーパーライジングアルティメットフォームと呼ばれるイレギュラーなフォームが登場している。

必殺技

暗黒掌波動ブラックアイ時の必殺技で、両手から放たれる邪悪なエネルギー波。複数の仮面ライダーを圧倒するパワーを持つ。
ライジングアルティメットマイティキックレッドアイ時の必殺技。アルティメットマイティキックのパワーアップ版(と思われる)。


余談

ユウスケを演じた村井良大は「オダギリさんのクウガにはない自分だけの形態を演じることが出来てうれしかった」とコメントしており、このフォームがかなりのお気に入りである旨の発言をしている。

関連イラスト

塗ってみた



関連タグ

仮面ライダーディケイド 仮面ライダークウガ オールライダー対大ショッカー 
クウガ 小野寺ユウスケ アルティメットフォーム 五代雄介
最強フォーム 劇場版限定フォーム
ライジングアルティメットフォーム(表記揺れ)

pixivに投稿された作品 pixivで「ライジングアルティメット」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 147906

コメント