ピクシブ百科事典

仮面ライダー剣

かめんらいだーぶれいど

仮面ライダー剣とは、2004年から放送された、『平成仮面ライダーシリーズ』第5作目である。全49話。
目次[非表示]

運命の切り札を掴み取れ!

ブレイド



現代の世に蘇った不死生物・アンデッドとの戦いを描く。

序盤の出演者の滑舌の悪さが良くも悪くも話題になってしまったが(オンドゥル語参照)、
放送が進むたびに演技力は完成され、また、物語の結末も賛否両論とはいえ、今なお評価は高い。

総合的な評価

一見すると龍騎や555から初心に戻り、人を襲う怪人をライダーが倒すというシンプルかつ真面目な構成だが、トランプがモチーフ、敵が不死身で倒すのではなく封印して力を得るという新しい要素を取り入れている。さらに、上記の滑舌の悪さなどにより平成ライダーで最もファンからのネタ要素が多い作品である。又、前々回に引き続きキーアイテムとしてカードが適用されている。
当時は同時期に登場した作品の期待度が高く、平成ライダーの氷河期とも言える時期であった為、序盤の複雑かつ早過ぎる展開によりそれほど注目はされていなかった。

しかし、関係がチグハグしていたライダー達が中盤から和解し手を取り合っていく人間としての成長を描いた展開や、運命をテーマにした映画と全く違う衝撃の最終回から根強いファンは多い。そしてなにより、555と同様に仮面ライダーディケイドでの活躍でふたたび注目を浴びた作品とも言える。


ライダーとしての能力

ライダーは、ラウズカードと各ライダー専用武器兼読み取り機であるラウザーを使い、
不死身のアンデッドを倒す。

ラウズカード

トランプのスートでカテゴリーと呼ぶ2~10・A・J・Q・Kの役割を持つ52枚組のカードと、3枚の特殊なカードで構成される。
さらにラウズカードには、アンデッドが封印されているかどうかで、特別な呼び方がある。

トランプのスートと甲虫のダブルモチーフのライダー

運命の切り札


ブレイドカブトムシ+スペード両刃剣型ラウザーでの近接攻撃を得意とする。
図の右上ラウズカードの効果は主に格闘術に使用する。
ギャレンクワガタムシ+ダイヤ拳銃型ラウザーでの遠距離戦に持ち込む・・・が、銃撃を行いながら敵に突進、インファイトに持ち込む展開も多く見られる。
図の左下ラウズカードの効果を相手に打ち込む。
カリスカマキリ+ハート弓剣型ラウザーで素早くアクロバティックな攻撃を繰り出す。
図の左上変身ベルトの本体を武器に装着してからラウズカードを読み取る。
レンゲルクモ+クラブ杖型ラウザーでラウズカードを駆使する戦法を行う。
図の右下ラウザーや素手による直接攻撃よりも、カードの性能に頼った戦いや、カード内のアンデットを開放し、使役する戦法を好む。

なお、ブレイドは(0w0)、ギャレンは(0M0)、カリスは(<::V::>)、レンゲルは(0H0)という顔文字で表現される。ブレイド・ギャレンは特に再現度が高く根強い人気がある。
(カリスのAAの<>が全角な理由は、(<::V::>)のリンク先で説明する)

強化フォーム

劇中では、ラウズアブゾーバーを使って強化変身する。
ラウズアブゾーバーにカテゴリーQ・アブゾーブを挿入し起動。
その後カテゴリーJ・フュージョンをリードした場合にはジャックフォーム、
カテゴリーK・エボリューションをリードした場合にはキングフォームへと変身する。
ラウズアブゾーバーは基本的にブレイドとギャレンが所持している為、カリスは使用していない。
レンゲルについてはラウズアブゾーバーをタイガーアンデッドから入手し、使用したが…。


ジャックフォーム
ラウズアブゾーバーにカテゴリーJ・フュージョンをリードすると変身できる。
カテゴリーJのアンデッドのイメージに包まれ、鎧の一部が金色に変化。
ブレイドとギャレンの場合、背部にオリハルコンウィングという翼が出現し、飛行して戦闘することも可能になる。
なお、レンゲル・ジャックフォームは設定のみで劇中には登場せず、レンゲルが彼らと共に飛行アンデッドと戦う際、

( 0w0)<フュージョンジャック!→( 0M0)<フュージョンジャック!→( 0H0)<フロート!

と、レンゲルだけ代わりの品で飛ぶハメになったことが今なお時折ネタにされる。
なお、雑誌「ホビージャパン」掲載の「HERO SAGA」にてS.I.C改造のレンゲル・ジャックフォームが登場しているが、他の二人とは一線を画すごっつい姿になっていた。
これはブレイドが鷲、ギャレンが孔雀に対してレンゲルは象のアンデッドと融合しているからである。

キングフォーム
ラウズアブゾーバーにカテゴリーK・エボリューションをリードして変身する。
13枚のラウズカードが変身者の周りを飛び、それらが体の各部に宿る事で、変身が完了する。
本来はカテゴリーKのアンデッドとのみ融合するものであり、13体のアンデッドとの融合は、剣崎の融合係数が極めて高かった為に起こった想定外の事態であった。
スピードこそ通常フォームより劣る物の、パワー面ではどのフォームをも凌ぐ。
その戦闘力は絶大であり、仮面ライダークウガを除いた平成ライダーの各最強フォームが後半の敵に苦戦したりする事が多い中、互角はあっても苦戦は殆どみられないという戦績にも現れている。
13体のアンデッドとの同時融合を果たしたことから、アンデッドの力をラウザーを通さなくてもノーアクションで発動できる
そのため、通常のスピードは通常フォームに劣るがマッハジャガーの能力により克服されている。
が、13体のアンデッドとの融合というイレギュラーの反動で、変身解除後に体力の回復として強制的に睡眠に陥るなど、リスキーな点もあり、序盤から延々と張られていた伏線も重なり、事態を打開する切り札として、また重厚且つ王の風格が漂うデザインも含めて今尚人気の高いフォームでもある。

キングフォーム


ブレイドの場合
ディケイドよりも前の図鑑フォームである。

ブレイドだけでなくギャレン、レンゲルにもキングフォームは存在するが、劇中未登場(キング・ギャレンは「HERO SAGA」にてS.I.C改造で登場)。カリスはワイルドカリスの姿が事実上のキングフォームである。

ワイルドカリス


カリスの場合

ブレイドのキングフォームとは変身方法が違う。
カリスラウザー(要するに変身ベルト)にカテゴリーKをリードして変身。
頭上にハートのスートのカードが1~13枚並び、ベルトに同時に入り、変身する。
ブレイドとは違い、戦闘後の昏睡状態等のデメリットなどは一切ない。
ちなみにこの姿の時だけ使える、カード13枚が融合したカード、「W(ワイルド)」がある。

今作の怪人:アンデッド

決して殺害する事が出来ない不死身の存在で、地球上に棲む生物の始祖。

アンデッド(undead)」というと一度死んでから蘇ったゾンビのようなイメージになるかも知れないが、本作においては「不老不死の怪物」という意味である。英語のニュアンスとしては「イモータル(immortal)」と呼んだ方がしっくりくるが、日本の子供たちにもわかりやすい単語を考えてこうなったのだろう。

唯一倒す方法は大ダメージを与える事によって1時的に行動を停止させ、それを表す「腹部のベルトにあるバックルの開閉(この時に、♠6や♦8といったマークが現れ、そのアンデッドがどのスートのカテゴリーに属しているかを見る事が出来る)」を確認してから、ラウズカードを刺して封印する事(※)である。
彼らの目的は、太古の昔から開かれる地球上の支配者の座を賭けて戦う「バトルファイト」で頂点に立つ事にある。
仮面ライダー剣の作品において、トランプカードは古代の人間が彼らの存在を元に考案したものであり、スペードダイヤハートクラブの4つのスートに、AからKまでの13の階級、番外のジョーカーという共通項を持つのはその為である。
怪人デザインは主に韮沢靖が担当(一部を除く)。

再生アンデッド軍団


ファンの想像で描かれた劇中未登場の下級アンデッド達
上から
スタッグビートルアンデッド(ダイヤのカテゴリーA
テイピアアンデッド(クラブのカテゴリー10
キャメルアンデッド(ハートのカテゴリー9
アルマジロアンデッド(ダイヤのカテゴリー2
コブラアンデッド(クラブのカテゴリー5
ライノセラスアンデッド(クラブのカテゴリー4

彼らのバトル

他のアンデッドを倒した場合、天空から神が操るモノリスが現れ、敗者となったアンデッドをラウズカードに封印し、最後に残ったアンデッドが優勝者となる。
本来の参加者は52体+ジョーカーの53体で、TV本編では新たにワイルドスートのAとしてケルベロスアンデッドと、もう一人のジョーカーが追加された。
また、本編とは異なった未来に到達した劇場版では全てのアンデッドの封印=優勝者の不在というイレギュラーに対して、
アルビノジョーカーと呼ばれるもう一体のジョーカーが新たに生み出された。
現在、確認されている参加者のアンデッドはTV本編が55名、劇場版が54名。
カードのみで本編、劇場版、ディケイド、HEROSAGA全てに未登場のアンデッドはアルマジロフロッグホエールファイアフライハンマーヘッドホークキャメルビーライノセラスコブラポーラーペアスコーピオンテイピアランスラルクの変身に使われる個体のケルベロスの計15体。


バトルファイトのルール

  • 参加資格はアンデッドのみ
  • アンデッドと融合する等して、自らをアンデッドと化した人間は、参加を認められる。
  • 優勝した参加者は、万能の力と次のバトルファイトまでその種の繁栄が約束される。
  • ジョーカーアンデッドが優勝すれば、地球上の生命はリセットを迫られる。
  • 新たに資格を持つ者が参入すれば、優勝は無効となり最初からやり直される。

※ただし、設定の異なるディケイドは、この限りではない。

各話リスト

話数放映題備考・関連タグなど
1紫紺の戦士BOARD壊滅/ナズェミテルンディス!!/オンドゥルルラギッタンディスカー!!/バーニングスマッシュ初披露【『明日のナージャ』最終回】
2謎のライダー仮面ライダーカリス初登場【『ふたりはプリキュア』放送開始】
3彼らの秘密…ウゾダドンドコドーン!/ザヨゴ初登場【『爆竜戦隊アバレンジャー』最終回】
4永遠の命の謎【『特捜戦隊デカレンジャー』放送開始】
5過去への挑戦伊坂初登場
6カリスの正体オレァクサムヲムッコロス!(ムッコロフェイス)
7囚われた2号
8甦った者たちライトニングブラスト初披露/だが私は謝らない
9戦う者の運命
10操られた戦士
11各々の居場所
12カテゴリーAスピニングウェーブ初披露
13金色の糸の罠上城睦月初登場/ライトニングソニックバーニングディバイド初披露
14エース封印!スパイダーアンデッド封印
15運命の適合者バーニングザヨゴ
16レンゲルの力仮面ライダーレンゲル初登場/橘がギャレンバックルを返上/スピニングアタック初披露
17邪悪なベルト桐生豪初登場/リモートの猛威
18暗闇を操る魂桐生がレンゲルに変身
19暗黒を征す者橘が戦線復帰
20標的は虎太郎スピニングダンス初披露
21友を思う戦い3!
22闇からの脱出コレクッテモイイカナ
23お前は誰だ?ブリザードクラッシュ初披露/挿入歌がリニューアル
24謎のハンターアンデッドハンター
25裏切りの疾走ブラックファング/ダブルライダーキック
26俺を動かす力嶋昇初登場/そうだよ、それだよブレイド!/ラウズアブゾーバー/ブレイドジャックフォーム初変身
27揺れ動く心…
28危険な賭け!?始が劇中で初めてジョーカーと呼ばれる
292人のカリス三上了登場/始の記憶喪失
30失われた記憶鯛焼き名人アルティメットフォーム/宅急便で橘のラウズアブゾーバーが届く/ギャレンジャックフォーム初変身/バーニングショット初披露
3153番目の存在キング初登場/改造実験体トライアルシリーズ初登場/オープニング曲、挿入歌がリニューアル
32破壊者の秘密
33狙われた剣崎
34カテゴリーKブレイドキングフォーム初変身
35危険な変身!?城光初登場/ブリザードゲイル、ロイヤルストレートフラッシュ初披露
36最強フォーム
37新たな運命へストレートフラッシュ初披露/ワイルドカリス初変身
38運命を掴む者ワイルドサイクロン初披露
39再会…父と娘
40過去との訣別
41強くなりたい
42レンゲル復活睦月がスパイダーアンデッドを再封印
43敵か味方か?
44フォーカードフォーカード初披露
45新たなカード
46支配者の封印ブリザードベノム初披露
47ギャレン消滅この距離ならバリアは張れないな!/バトルファイトの勝者がジョーカーに決定/ダークローチ出現、世界の滅びが始まる
48滅びへの序章志村純一似の警官
49永遠の切札最終回/剣崎ジョーカー/バトルファイト決着せず


外伝スピンオフ

小説・仮面ライダー剣“たそがれ”
『愛蔵版 仮面ライダーブレイド 超全集』に掲載されたTV本編の後日談。後に『永遠の平成仮面ライダーシリーズ 語ろう! 555・剣・響鬼』に再収録された。

ドラマCD 仮面ライダー剣 -切り札の行方-
最終回の後日談を描いたオリジナルキャストたちによって紡がれるオリジナルストーリー。時系列的には最終回から10年後、上記にある小説・仮面ライダー剣“たそがれ鳥も前の時間軸のの物語である。

小説 仮面ライダー剣
最終回から300年後の未来を描いた公式外伝小説作品。ただし、-切り札の行方-や“たそがれ”と全く物語の内容が繋がっていない為、可能性の世界あるいはパラレルワールドの物語としてファンの間では認識されているらしい。

MASKED RIDER BLADE EDITION -DAY AFTER TOMORROW-
HERO SAGA』掲載の最終回の後日談を描いた小説。TV本編では活躍しなかったカメレオンアンデッドが登場する。なお、公式外伝ではないが時系列的には-切り札の行方-よりも前である可能性が高い。

関連タグ

仮面ライダー 平成ライダー トランプ
アンデッド(仮面ライダー剣) 改造実験体トライアルシリーズ
MISSING_ACE ELEMENTS 小説仮面ライダー剣

ライダー

仮面ライダーブレイド 仮面ライダーカリス 仮面ライダーギャレン 仮面ライダーレンゲル
仮面ライダーグレイブ 仮面ライダーラルク 仮面ライダーランス

登場人物

剣崎一真 相川始 橘朔也 上城睦月 広瀬栞 白井虎太郎
烏丸啓 栗原天音 深沢小夜子 嶋昇
三上了鯛焼き名人アルティメットフォーム

呼称表

が\に剣崎睦月虎太郎
剣崎橘さん睦月広瀬さん虎太郎
剣崎睦月広瀬白井
剣崎睦月?白井
睦月剣崎さん橘さん相川さん広瀬さん虎太郎さん
剣崎君橘さん?睦月君白井君
虎太郎剣崎君橘さん睦月広瀬さん

台詞系

オンドゥル語
だが私は謝らない そうだよ、それだよブレイド! この距離ならバリアは張れないな!

その他



仮面ライダー555← →仮面ライダー響鬼

他の記事言語

Kamen Rider Blade

pixivに投稿された作品 pixivで「仮面ライダー剣」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 7486174

コメント