ピクシブ百科事典

オンドゥル語

おんどぅるご

オンドゥル語とは、言語のひとつである。
目次[非表示]

概要

オンドゥル語とは特撮番組『仮面ライダー剣』での俳優陣の滑舌の悪さから生まれた空耳、あるいはそれらを元にした架空の言語である。

名称は第一話にて主人公・剣崎一真(ブレイド)が「本当に裏切ったんですか!」と叫ぶシーンのはずが、俳優の滑舌が悪かったため「オンドゥルルラギッタンディスカー!」と聞こえたことに由来する。
同作品に限らず、登場人物(の俳優)の滑舌が悪いとオンドゥル語認定されることも。
一部では「剣崎は実はオンドゥル星の王子で本名はオンドゥルⅧ世」などというわけのわからない設定まで生まれていたりする。

一般的には楽しんでいるファンが多く、剣崎役の椿隆之も公認しているネタではあるが、一応、「純粋に作品を評価していない」としてこのネタを嫌うファンも少なくないので注意。使いどころはある程度気をつかったほうがいいだろう。

そもそもオンドゥル語は、『剣』前半の物語の評価が低く(無駄に刺々しい上にキャラがブレブレな登場人物、大事にされない伏線など)「滑舌をネタとしていじるくらいしか楽しむ所がない」と感じたファンが多いことも、誕生要因の一つとして挙げられる。その辺りも、(特に番組前半を楽しめた)一部のファンからはあまり良く思われていない理由である。
(なお、前半戦の評価の低さは、メイン脚本担当の今井氏が外部招聘であり東映特撮に慣れていなかったことと、サブプロデューサーの武部氏の意向で無理にライダーバトル路線が組み込まれたことが理由として挙げられる。また、ファンの側からの評価の低さの原因に「相川七瀬の主題歌がライダー作品世界に合っていない」というのもある。
 メイン脚本が會川氏に交代した後半戦は大きく持ち直し、現在では総合的に見て良作と言う評価を受けているが、その頃にはすでにオンドゥル語は定着しており、いまさら無くなるはずもなかった)
もちろん、前半の重厚でキャラ間の対立と和解を複雑に繰り返すシリアスな展開、キャラ設定と人類史の謎が伏線として少しずつ回収されていく展開を評価するファンも多いし、最初の主題歌を支持するファンもまた多い。かつそういったファンでオンドゥル語を楽しんでいるファンもいるので、決めつけ過ぎは禁物である。

なお、「オンドゥル語=滑舌の悪さ」と一般的には思われており、実際滑舌が悪いことは否定出来ないのだが、同時に「聞き取りやすさよりも、強い感情を篭めることを優先した」と言う事情もある。また低品質な当時のMAD音源ならともかく高品質なDVD音源では、全く普通の滑舌に聞こえていたりする。あくまでもネットに上がった当時の粗雑なコピー音声を素材としたネタであることを忘れず、オンドゥルを批判するにも擁護するにもあまり本気で俳優批判等に結びつけない方がいいかもしれない。


代表的なオンドゥル語

以下に日常的に使う機会が多いと思われるオンドゥル語表現を記す。なお、元が空耳である関係上、微妙に表記揺れすることがあるので注意。

オンドゥルルラギッタンディスカー!(本当に裏切ったんですか!)
すべての発端となった剣崎のセリフ。

アンダッテオレハ、アカマジャナカッタンデェ…ウェ!(あんたとおれは、仲間じゃなかったんで…ウェ!!)
続き。倒れるところ重要。この後、状況を陰から見ていたギャレン(橘さん)が立ち去って行った。ちなみに『剣』放映当時の2004年はシリーズ第1作『ふたりはプリキュア』が始まった年でもある。プリキュアを観るため?

ナズェミデルンディス!(なぜ見てるんです!)
この後、上のセリフに続く。セリフや発音だけでなく「物陰からギャレンの姿でじっと剣崎を見つめる橘さん」というシュールな光景も人気。ただしセリフそのものはほとんど台本通りである。

7020キロ!(南西に20キロ)
ヒロシザン→剣崎への無茶振り。いくらV3のハリケーンと同じ原子力で最高時速600Kmのブルースペイダーといえどそれは…

なんと45キロ!(南東45キロ)
距離シリーズその2。ヒロシザンは一体何に驚いていたのだろうか…

チョ、チョットマッテクダサイヨオヤジサン、ソリャナイレショー?ヒゴトサキロ、タックンラールカラリカレツハモロレライケロ、カララズカエッテクルッテイッタジャナイデスカ(ちょ、ちょっと待って下さいよ大家さん、そりゃないでしょう? 仕事先の、特訓があるから二カ月は戻れないけど、必ず帰って来るって言ったじゃないですか)
ヒゴトサキロニョーから帰るとアパートを追い出されてしまっていた王子。オンドゥニ一話はネタの宝庫ディス

オレノジャマヲスルナラカタイプロポッポデロ!(俺の邪魔をするならたとえこのBOARDでも!)
ぐるぐる回りながら「アンタガナ、アンタガゼンブワァールインダヨォ!」と烏丸所長にぶちぎれる橘さん。

アンナルンゲンナデカャール!(あんな悪人なぜ庇う!)
所長を誘拐、アンデッドを解放したのは橘さんでは? と疑い、問い詰めた剣崎に対しての叫び。

オデノカラダハボドボドダ!(俺の体はボロボロだ!)
剣崎に木(急)で造ったライダーシステムの欠陥を告げる橘さん。実は本人の気のせいだったんだけどね。

ウゾダドンドコドーン!(嘘だそんなこと!)
上記の橘さんの言葉を受けて、(自分がそうなったらという妄想による)剣崎の叫び。
通称冷やし土下座

ドウシテドンドコド/ナヅェドンドコドイッタ(どうしてそんなこと)(なぜそんなこと言った)
ドンドコシリーズ。

ナニヲジョウコニズンドコドーン!(何を証拠にそんなこと!)
ドンドコシリーズ。
実は上記のウゾダドンドコドーン!より先に発言している。

ダリナンダアンタイッタイ(誰なんだあんた一体?)
カリスと初対面するキンジャキ。殴られる。

イガダナンダヨナァ?ヲレト、イッショニタタカッチクレルンデェ…ウェッ!(味方なんだよな?俺と一緒に戦ってくれるんでウェ)
続き。セリフを最後まで言わせてもらえないシリーズ。

ジカンガナイタリッタルラロー!(時間がないと言ってるだろ!)
鉄拳制裁ムッコロ。

オレァクサムヲムッコロス!(俺は貴様をぶっ殺す!)
セリフもさることながら、このシーンでの相川始の表情は顔芸としても有名。
なお、演者である森本亮治氏によると、「子供向け番組なので、監督の指示で『ぶっ殺す』と言う過激な発言は敢えて聞き取りづらくした」との事。……ぶっ殺すがダメでムッコロスがよい理由はよくわからないが。
ムッコロフェイス

ヒドォチョグテルトヴッドバスゾ!(人おちょくってるとブッ飛ばすぞ!)
牛乳の「アア-饅頭コワーイ」に対するレス。そもそも「ブッ飛ばすぞ」っていう地点でクールキャラでも何でもないだろ!
フォーゼ』のネットムービーでも披露した。

ワートマーチョイジャナイノー?/ワートマートナートナーチョノーン?(まーた間違いじゃないの?)
牛乳のセリフと思われがちだが実際は剣崎のセリフ。ステーキを食べながらの発言。
何を言ってるか分かるけど分からない。

ドフゥ!…バヤディオダスナ!イイナ!…ディオバスディオ…(どふう! お前は手を出すな! いいな! (間)手を出すなよ…)
センチピードアンデッド(ハート10)戦。
アバレチャンを直す抗体を取りだしてから敵を倒さなくてはいけないムッコロ。

ナニイテンダ、フザケルナ!トイストーリーガー!(何言ってんだ、ふざけるな! そいつは俺が!)
そんなこと(↑)はどうでもいいダディャーナザン。

タカラヅカニコワイガ、アマッタレナフルァ!(確かに怖いが、甘ったれだ俺は(?))
一般人、仁のセリフ。初期のウザキャラ。

ノゾムトコロダ…ケッチャコ(望むところだ。決着を)
ムッコロスに続くムッコロの代名詞。スロー再生しても「ケッチャコ」と言っている。

ニゴリーエースハオリノモノダー!!(カテゴリーエースは俺のものだー!!)
↓のセリフに続く。スパイダーアンデッドを狙う橘さん。ハイテンション。カテゴリー=ニゴリーを確立した。

パンツハワタサン!(そいつは渡さん!)
変態橘さん。

コレガ、トウキョウアンデッドノ、チカラナノカ…(これが、上級アンデッドの、力なのか)
伊坂(ピーコックアンデッド)という、初の上級アンデッドと対峙し、その強さに驚愕する剣崎。

カテキ(かたき)
サヨコを失い、闘志を燃やす橘さん。「俺は必ず、君のカテキを討つ」

コロモノコロカラ、ピエロニアコガリチタ(子供のころから、ヒーローに憧れてた)
CMでもオンドゥル語ディスカ!?

アンデアンデヨブレイドノヤロウョ…コロレニハァジカワカセテクレチャッテサァ…ぐすん(何なんだよブレイドの野郎…この俺に恥かかせてくれちゃってさぁ…)
ドラム缶に八つ当たりする音、通称「たらい」と並ぶ矢沢ネタ。

3!
飛んでくるボールに書かれた数字を読む訓練で、睦月に反射神経のトレーニングをする橘さん。

8!/5!
数字を読もうとする睦月。片方は適当なことを言っている。

ベトナムヲイウナ!アテズッポウデコタエルナ(でたらめを言うな。あてずっぽうで答えるな)
睦月を叱るダディャーナザン。セリフネタでよく使われる。

コノママダト、ニンゲガドンドンアンデトモドキニナッチワイマス!(このままだと、人間がどんどんアンデッドモドキになっちゃいます!)
新明(ウルフアンデッド)によって、街のニンゲ達がアンデトモドキにされる光景に驚きを隠せない剣崎。

コレハカラスマショチョオカラアズカッタモンダ
アクセントがおかしいですよ、嶋さん! 当時のネタ動画では、投げたラウズアブゾーバーが(象さんにやられるシーンと繋げて)ブレイドのマスクに直撃してしまうというネタがあった。

コンナトコロデ、コドモタチニイワナイ!(こんな所で、モタモタしてる暇はない!)
KIDSに優しい橘さん。

ジッカニモドシテ、タバルカ!(ジョーカーに戻してたまるか!)
ムッコロの身を案じるケンジャキ

イヤ、ムカラナイ…(いや、分からない)
言ってるムッコロの言うことのほうが分からない。

オレダッテトゥッチンサレタラクヤシイ!(俺だってトゥッチンされたら悔しい!)
暴走し捕まった睦月を助ける橘さん。「気持ちはわかる、でも…」と続く。
ダディーヤナザン、トゥッチンってなんなんだ!(おそらく「人質に」か「宙吊りに」だと思われる)

この他の代表的なオンドゥル語を見たい場合は外部リンクを参照のこと。

呼び名シリーズ

キンザキ…(剣崎…)
始→剣崎 のやり取りより。

ケンジャキ!/ゲゲゲ!/デテケ!/ケンゲゲ!(剣崎!)
橘さん→剣崎 かなり頻繁に言う。たとえそれが、最終回の感動の一葉であっても。さらに映画『仮面ライダー3号』でも披露。

ダディャーナザン(橘さん!)
剣崎→橘さん ナヅェミテルンディス!の前のセリフ。この言葉により橘さんは通称ダディと呼ばれるように。

タチバンサン!(橘さん!)
剣崎→橘さん 

クサー!(橘!)
所長→橘さん オレノジャマヲスルナラカタイプロポッポデロ!へのレス。エコー付

オシメ!(始!)
剣崎→始 キンザキ…に対するレス。

オッペケテンムツキー!/オッペケテンムッキー!(万引きよ、追っかけてん睦月
スーパーのオヴァチャンまでオンドゥル星人ディスカ!? 睦月=ムッキーの元祖

プラズマチョチョン/プラズマショチョー(烏丸所長)
剣崎→烏丸 所長はプラズマだったらしい。サンバルカンシャイダーか?
( 0M0)「見ろ! マグネシウムだ!」との関係は不明。

ヒロシザン!(広瀬さん!)
剣崎→広瀬栞 冷蔵庫を軽々と押しのけたりする人のどこがヒロインだったのか…

ラネメチャン!(天音ちゃん!)
剣崎→天音

アバレチャンチャチョベルナ!(天音ちゃんたちは中だ!)
ムッコロ→天音

アンギョン和田!(相手は俺だ!)
剣崎→ライオンアンデッド(スペード3)
橋から川に飛び降りながら。
おかげでライダーシリーズの撮影でよく使われるこの川は、アンギョン和田川と呼ばれるようになってしまった。

オゥ林田!(意味不明 アンデッド語らしい)
ムッコロ→モスアンデッド(ハート8)

オデ/オリ(俺)
「俺」という言葉1つでも橘さんは「オデ」、剣崎は「オリ」と言ってるように聞こえる。
もちろん普通に「俺」と言ってるときもある。

天のおじさん
「天王寺さん」。劇中の人物ではなくニコニコ生放送の弾幕コメントより。
なぜか本人が登場するより遥かに前の序盤でのコメントである。

その他オンドゥル語として扱われるネタ

小錦ラブ、きっとラブ 小錦ラブ、スゲェ汗
初期の挿入歌「覚醒」からの空耳。

ロリコンデブ、嵐の中、何も迷わずに
同上。夏コミの季節か何か?当時は天気良かったのだが…

辛味噌!
ダディの歌う第二の挿入歌「Rebirth」より。

敵裸体!
ムッコロの歌う第三の挿入歌「Take it a try」より。

わらび草、煮えたくない
ケンジャキが歌う(残念ながら劇中では流れなかった)キャラソン「wanna be strong」より。
歌いながら何かを煮込むケンジャキ。

そのパズルのピースは、俺が呑み込んだ
橘さんが小夜子に付いた謎の嘘。橘さんの主食=パズルということが判明した。

これ食ってもいいかな?
ケンジャキとヒロジザンがまずいと評したパスタを朗らかに馬鹿食いする橘さん。
「スーパーヒーロー大戦」のネットムービーでも披露した。

だが私は謝らない
ダディャーナザンのカラダをボドボドにしたのがライダーシステムによることを認めたプラズマ所長の言い放った名言。
演じた俳優も驚いたようで、俺だったらすぐに謝っちゃうのにとコメントしている。

そうだよ、それだよブレイド!
君とか〆のためじゃなく戦うことを決意する剣崎の姿を見た、嶋さんの言葉。
カラスマショチョオカラアズカッタモンをさずけてくれるぞ!

ジャックフォームなどなくとも、俺は負けない!
ラウズアブゾーバーがもらえなかった橘さんの叫び。
しかしすぐ後にチベットから届く…あとジャックフォームになっても負けるのは秘密。
むしろジャックフォームじゃない方が負けない。そういう意味ではこのセリフは正しい。

(せき)
アンデッドにやられ、雪山で倒れたボドボドな橘さんが咳き込んだときに表示された字幕

(ゆき)
↑の咳に誘発されたかのように枝につもっていたが落ちたときの字幕。

(橘のせき)
画面に橘さんが写っていないときはこっちが出る
もはや何も言うまい

公式がオンドゥル

ブレイドとカリスの俳優は、自分のブログでオンドゥルをネタにしていたりする。
ブレイドの中の人は、最終回の後は、ブレイドはオンドゥル星に帰ったのかも?などと言ったり、カリスの中の人は、ブログでムッコロフェイスを披露してたり。

さらに、『ネット版 オーズ・電王・オールライダー レッツゴー仮面ライダー 〜ガチで探せ! 君だけのライダー48〜』には、「ピーマン! オンドゥルラギッタンディスか?〜みずがめ座O型の君へ」という作品がある。ちなみにタイトルにルが一個足りない。
○オンドゥル「ル」ラギッタ
×オンドゥル「 」ラギッタ

全くの余談だが、主要ライダー達の中で、唯一ムッキーだけオンドゥル語を話していない(これは出演者達も認識している)。
要するに役者としてきちんと仕事をこなしたということであり、喜ぶべきことであるはずなのだが、おかげでネタMADなどでは半ば空気化してしまうという、妙な事態を招いている。

オンドゥル語が話せるキャラクター

剣崎一真
橘朔也
相川始

ヘルシグマロックマンX6
南光太郎仮面ライダーBlack) - ゆ゛る゛さ゛ん゛!!
伊賀崎天晴手裏剣戦隊ニンニンジャー) - スリケンヘンゲ!!
ヴァンファイナルファンタジー12) - オイヨイヨ
ナイトハルトロマンシングサガ) - イグゾー
早乙女拓也学園ハンサム
ロバート・E・O・スピードワゴンジョジョの奇妙な冒険 ファントムブラッド) - ダメダドンドコドーン
星村眞姫那屍姫) - レンビント ブベッツォ
玉置亜子ネトゲの嫁は女の子じゃないと思った?) - アンダーギッタンディスカー!!

関連タグ

仮面ライダー剣
グロンギ語
空耳

外部リンク

オンドゥル語変換(ひらがな→オンドゥル語への変換ができる)
オンドゥル語普及委員会
Wikipedia - オンドゥル語
まさかの電子辞書の項目に追加

pixivに投稿された作品 pixivで「オンドゥル語」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1077147

コメント