ピクシブ百科事典

ネギ・スプリングフィールド

ねぎすぷりんぐふぃーるど

ネギ・スプリングフィールドとは、「魔法先生ネギま!」の登場人物。
目次[非表示]

アニメ版の担当声優は佐藤利奈、ドラマ版の担当俳優は柏幸奈が演じた。

概要

本作品の主人公で、9歳(数えで10歳)で麻帆良学園中等部の英語教師になった天才少年(余談だが、現実の日本では、義務教育労働基準法の関係上、小学生クラスの年齢の子は絶対に先生になれません)。
魔法使いであり、メルディアナ魔法学校でトップの成績を修めた。誕生日は1993年5月2日で、イギリスのウェールズに生まれた。好きなものはネカネお姉ちゃんとハーブティ。そしてアンティークの杖と、名前の洒落なのか、イギリス人なのに焼き鳥のねぎま串まで好きである。嫌いなものは風呂と一人で寝ること。
性格は非常にジェントルマンで心優しい。しかし、それゆえに自分を犠牲にしがちで、このことは指摘されている。中盤以降は10歳とは思えないほど大人びた言動になるが、タイムマシンを手に入れた途端にキラキラと目を輝かせて恐竜時代に行きたがるなど年相応に子供らしい一面を見せることもある。
また、ハーブティーが大好きで、年の近い犬上小太郎とは歳相応の幼っぽさで振舞われる。

親族等

父親はナギ・スプリングフィールドで、サウザンド・マスターと言われた最強の魔法使いであった。ネギが最も尊敬する人でネギは父さんっ子でもある。
母親はアリカ・アナルキア・エンテオフュシアであり、彼女は王女でクーデターで国民を救った人であったが、ネギは魔法世界に来るまで母親の存在を知らなかった。(その為か、初めて知った時ネギは「母さん」ではなく「母」と呼んでいた。ちなみにナギには「父さん」と呼んでいる)

サウザンドマスター
アリカ姫


↑ネギの両親。エヴァ曰く、外観は父親に似て中身は母親に似ているらしい

ご先祖様はオスティアの初代女王・アマテルという大魔法使いで、その血を継ぐものは神代の魔法が宿ると言われている。また、アマテルの父親は、ナギの拉致及びエヴァを吸血鬼にした張本人にして「始まりの魔法使い」こと「造物主(ライフメーカー)」だと言われている。母方の祖父はアリカのクーデターの形でいなくなった。
父方のいとこにネカネ・スプリングフィールドがいて、ネギにはアルベール・カモミールというオコジョの使い魔を従わせている。
また、「ネギの子孫」を自称していて、能力的にどこか似ている超鈴音が存在する。更には、母方の親族だと思われる神楽坂明日菜が主なパートナーとして活躍している。

能力

父親譲りの天才で、生まれながらに凄まじい量の魔力を保有し、元々基礎魔法の応用が得意だったこともあってか大技も使いこなせる。それは、エヴァンジェリンの編み出した凶悪な大魔法である「闇の魔法」をマスターするほど。ネギは主にの魔法を使い、雷を起こす技「白き雷」「千の雷」や、それらを応用した自己強化技「雷天大壮」、また雷攻撃だけにあらず、風による魔法攻撃もできる。
序盤では遠距離戦を中心とするオーソドックスな魔法使いタイプであったが、大悪魔ヘルマン伯爵との戦い、そして父への憧憬から魔法剣士(実際は魔法拳士だけど)になることを選択。古菲やエヴァとの特訓を経て中国拳法をマスターした。
アーティファクトは「千の絆(ミッレ・ヴィンクラ)」。これを使ってほかの人のパクティオーカードをスキャンすると、対象のカードのアーティファクト及びその能力をネギも使うことができる。このアーティファクトは、魔法世界編でテオドラが大会のジャック=ラカン(ナギの仲間の男)戦で一時期仮契約されたもので、大会の後にこのアーティファクトは無くなっている。
アーティファクトの出番はこれだけで二人は拳での戦いを望んでいたが為にすぐに出番が終わったが、原作340話での、雪広あやかによる逆パクティオー未遂でのカードでは、テオドラが主とするカードのイラストが同じ、千の絆を持ったネギのイラストが描かれていた。

その他

  • ネギはイギリス人なので、イギリス人の特有である性質(風呂嫌い、紅茶好き)もちゃんと持っている。また、ふるさとであるイギリスは飛び級が存在するので、現地ならこの年で先生になり得ないこともない。
  • 上記の通り日本では先生になれないので、実際、物語の序盤では千雨は「労働基準法違反だろ」と突っ込んでいる。風香も「先生は10歳なのに先生だなんて、やっぱり普通じゃないと思います!」と言っているが、その後の鳴滝姉妹がパーティの提案をあげているのでその点はあやふや。また、上司たちも含め小学生クラスの年齢の子が先生をすることにあまり突っ込まない傾向が強い。
  • ネギの父は、最終回付近では復活していた(助けた方法は不明。また単行本での追加ページや本編最終章でのの言葉、さらに別作品の存在と内容から、これが本編に繋がらないパラレルワールドに依る可能性も指摘されている)。また、ネギの母の行方は未だに不明。
  • 原作353話・卒業式の日にて、好きな人がいるのが発覚したが、名前は不明で、アスナに教えていたことやその時のやりとり…
    • 「まあ逆にね!一周回ってネ!あー…納得かなぁ。いやあ、でも実際つきあうとどうなのかなー。ある意味似た者同士ってとこもあるし…」という言葉から、少なくともアスナではないことが予想される
  • 続編作品単行本12巻の初版限定スペシャルBOXにある赤松先生のインタビューにてネギの好きな人が判明。ネギま!ファンであれば是非とも購入し気になるその人を確認してみよう。


関連タグ

魔法先生ネギま! 神楽坂明日菜
ネギ ネギ先生 
魔法使い 魔法少年 先生教師 天才天才児努力家
王族 王子(王女の息子なので事実上そうなる)
イギリス ウェールズ
一級フラグ建築士


  ※ 以下、ネタバレ注意  





















「UQ HOLDER!」でのネギ
実質上の続編(とはいえパラレル続編の可能性がある)といえる同作者による『UQ_HOLDER!』において、同作の初期より主人公である近衛刀太の祖父として言及されている。
ただし、刀太は実験でネギほか複数の人間(実はその中にはアスナの遺伝子も含まれている)の遺伝子を用いて合成された特殊な遺伝子を元に培養された存在(自然な生殖を用いず、科学と魔法によって人工的に造られた合成人間、すなわちクローン人間)であるため、通常の家族や血縁的な祖父孫関係とは言い難い。とはいえ刀太はネギの「闇の魔法」とアスナの「魔法無効化」を同時に受け継いだ、まさに両者の孫と言うにふさわしい能力を持っている。(詳細は近衛刀太の項目を参照)

本作(および『ネギま!』を含めた世界観上のシリーズ)における最悪最凶のラスボスにして父であるナギのカタキでもある、「始まりの魔法使い」にして「造物主」なる全ての元凶そして幼きネギの元に魔族たちを送り込んだ張本人でもあるヨルダ・バオトを、自らの存在を賭けて屠り父の仇を討ち世界を救った「偉大なる魔法使い」として人々の間では認知されている。だが、その代償に自らも死亡してしまったとされる。

ただし、実際のところヨルダの本質は「自らを倒した敵に憑依して乗っ取る」力である「報復型憑依能力」を備えた精神生命体であり、ナギもまたネギが成長する間、自らの肉体の主導権を争う精神戦の最中にいた。ネギの村に魔族を送り込んだのも、実はヨルダに憑依されたナギがやってしまった事で、その一件の結果として、ヨルダの憑依から一時的に主導権を取り戻したナギがネギを救った、という構図をもたらしている。
結論としてヨルダに対して情報が不足していたネギは、ナギもろともにヨルダを倒してしまい、自らも父と同じくヨルダに憑依され終わりなき精神戦への道を歩む事になる。そして精神生命体として一日の長があるヨルダを相手にネギはナギ同様に防戦一方を強いられ精神力を削られ続けていく事となってしまう。

そして最終的に力尽きたネギはヨルダに精神の主導権すらも奪われ、刀太の前に「始まりの魔法使い・ネギ=ヨルダ」として立ちふさがる事になってしまう。
しかしネギもまた、ただ精神力を削られていたわけではなく「自らの後に続く者」(すなわち孫である刀太)のために、ヨルダ打倒のための「道標」を遺し、刀太に対してそれを追うようにメッセージを残した。

pixivに投稿された作品 pixivで「ネギ・スプリングフィールド」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 229022

コメント