ピクシブ百科事典

綾崎ハヤテ

あやさきはやて

「ハヤテのごとく!」の主人公であり、たまにメインヒロイン。女装姿は「綾崎ハーマイオニー」と呼ばれる。
目次[非表示]

プロフィール

西暦1988年
誕生日11月11日
星座蠍座
血液型A型
年齢16歳(高校1年生)
身長168cm
体重57kg(体脂肪率:1桁)
BMI20.2
好き、得意バイオリンサバイバル
苦手女の子
CV白石涼子


概要

綾崎家の次男。両親がそろってギャンブル好きのニートだったので幼いころから年齢を誤魔化したりして働いてきた。
親から愛情を受けず悲惨な家庭環境で育ち、高校1年生のクリスマスに1億5680万4000円(作中では概ね1億5千万と略される)の借金を押し付けられてしまう。
一度は絶望のあまり全てを諦めかけるが、身代金目当てで誘拐しようとした三千院ナギに色々な誤解があった上で一目惚れされ、さらに別の誘拐犯から助けた恩もあって、彼女の執事として仕えることになる。

以前は都立潮見高校に在籍していたが、両親が勝手に学費目当てに退学手続きを行なっていた。
潮見高校時代のクラスメートには、後に告白してくる西沢歩 や作者の前作「海の戦士ライフセイバーズ」の主人公、南野宗谷らがいる。
両親が学費を回収するためにかつて通っていた学校の退学手続きをしたせいで元の学校にも通えなくなった上に、バカ教師の意図しない行動から白皇学院不合格になるが、その後、ナギの計らいにより私立白皇学院に通うことになった。
ちなみにかつて通っていた高校の学費はハヤテが自力で出していた

ナイーブ且つ温厚な性格。悲惨な過去のせいでネガティブな方へ物を考えてしまう癖がある。
自己主張をあまりせず空気を読む。だが、そのため周りに流されてしまうこともある。
完璧主義者で何でも完璧にこなそうとし、失敗するとかなり落ち込んでしまう。
女顔だが、生徒会三人娘によれば「そんなにハンサムではない」らしい。女装すると完璧に美少女以外の何物でもなくなる。

能力

華奢な容姿とは裏腹に怪力の持ち主で10キロ以上の機関銃MG42)を片手で振り回したり、300キロのタマ左手で持ち上げてトラックに跳ねられそうになっているのを救い上げたり、洋服の入ったタンスを持って全力疾走してもピンピンしているほど。
読唇術も使えるらしいがほとんど間違っている。(本人はいい出来だと思っている)
自転車の最高速度は200km/hくらい電車を追い抜くことができる。
武器の扱いも達人級でサーベルを使ってを粉々に砕ける。だが、本人はこの技を「この程度しかできない」と軽く評価している(ちなみにこれは20巻分くらい後に伏線として回収された)。また、幼少期の経験から家事全般も大得意。
体も非常に頑丈。第1話時点でにぶつかって死にかけたことがあったが、両親がハヤテの保険金で喜ぶのが心残りで蘇生したことがある(あくまでハヤテの想像だが、このとき両親は「ハヤテが死んで助かった」と言っていた)ことから分かる通り非常に強靭な肉体をしている。両親に「を食わせてやる」と言われてライオンの中に放り込まれ、強奪したこともある。(本当は逃げ回っていただけだったらしい)

画作の真偽を一目でわかるほど、鑑定の能力を持つ。
子供の頃で親の贋作すりかえ販売を手伝った時で訓練された。

対人関係

基本的に優しく頼りになる性格のため、ナギを始めとする多くの女性キャラに好意を寄せられているが恋愛には疎いためそれに気づく気配はない。更に女性への配慮やデリカシーがやや欠けており、そのせいでナギやヒナギクを怒らせてしまうことが多い(ヒナギクに至っては彼女のツンデレな発言などを真に受けて嫌われていると勘違いしている)。

元クラスメートの 西沢歩 の告白に応えることは出来ず、返事保留中としている。もし、潮見高校に通ったままなら、とifルートを想像したこともある。ハヤテ曰く「とても大切な人」

当然ながら親のことは激しく憎悪しているため、同じように両親に借金を押しつけられた境遇を持つヒナギクに「何か理由があったんじゃないか」と言われた際、「更生はありえない」と非常に冷めた反応をしていた。ただ兄イクサのことは気にかけており、いつか探したいと考えている。

10年前に天王州アテネに出会い、わけあって喧嘩別れしたが、その後10年間にわたりアテネを想い続けていた。
タイミング悪くハヤテに告白しようとしていたヒナギクにそれを打ち明けてしまうが、「フラれた」とその後軽く片付けてしまった。

家族概要(全員が消息不明)

本名は綾崎瞬。ハヤテの父。「自分探し」として定職には就かず、ハヤテに詐欺の片棒を担がせたり幼稚園の給食費を盗んだりした。アテネがハヤテに送った指輪を売り飛ばした張本人。後にワタルのビデオ店でさらなる借金をしていたことが判明した。
本名は不明。ハヤテが病気でも給食費をパチスロにつぎ込みに行っているなど、完全にハヤテをネグレクトしていた。子供のような絵を描いている。馬券ではなく夢を買っているとのこと。
本名は綾崎イクサ。ハヤテとずいぶん歳の離れた兄であり、ハヤテが幼稚園の時点で高校生だった。困ってる人を見るとそちらを優先してどこかに行ってしまうが、それでもハヤテが唯一信頼していた家族だった。アテネを王族の居城から救出して一度帰宅して以降、消息を絶っている。ちなみにハヤテよりもずっと強いらしい。

関連タグ

ハヤテのごとく! 三千院ナギ 桂ヒナギク 天王州アテネ 瀬川虎鉄
ハヤテ 綾崎ハーマイオニー 男の娘 執事 一級フラグ建築士
ハヤナギ ハヤマリ ハヤヒナ ハヤアテ ハヤハム
虎ハヤ






















以下、ネタバレ注意





















 第490話にて、修学旅行のアトラクションをクリアしたことで三千院家への借金を全額返済した。以降も、ナギの執事を自らの意思で続けていくことを宣言している。
だが、恋愛に関しては・・・

pixivに投稿された作品 pixivで「綾崎ハヤテ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1211038

コメント