ピクシブ百科事典

超鈴音

ちぇおりんしぇん

超鈴音とは、『魔法先生ネギま!』のキャラクターネ!
目次[非表示]

本項目は、原作15巻以降のネタバレを含みます!!

プロフィールネ!

出席番号19
誕生日1988年12月1日(おそらく詐称)
身長160センチ
スリーサイズ77・56・78
好きなもの世界征服(おそらく肉まんで)
嫌いなもの戦争、憎悪の連鎖、大国による世界の一極支配



概要ネ!

ニックネームは「超(チャオ)りん」。学年主席の天才児でありテストは常時満点の才女。工学中国武術料理に長けていて、文武両道。研究仲間であるハカセとはよくつるみ、武術仲間である古菲とは仲良し。

彼女の正体は、かつて火星に住んでいた未来人22世紀の住人)で、その時代の火星は崩壊しかけていた(ネギまの魔法世界は火星)。それによって地球人と生存をかけた戦争を繰り広げていた。彼女はそれをなくすために、過去の地球に魔法の存在を示そうとネギ達のいる世代にやってきた。
また、彼女曰くネギの…つまり「サウザンドマスター」ナギ子孫らしい。自ら暴露してもネギのことを「爺ちゃん」とは呼んでいなかったが、戦いによってネギが落下死しそうになったときは、タイムパラドクスを考慮してか自らを身代わりにしている描写もあった。

異常なまでに知恵が回り、常に二手三手先を考え布石を打つような賢明な人物であるが、科学世界の住人に決して危害を加えないように考えて行動したり、自身の家系図(つまりネギが何年後に誰と結婚して、何人ガキこさえたかまで書いてある)を使った仲間割れの誘導をあえて封印したりと潔い部分もある。ネギが超一派への武力介入を躊躇ったのもそうした彼女のある種の高潔さがあったからでもあろう(カモ君も「一般人に危害を及ぼすようなら超も所詮は『その程度』ってこった、魔法使いも手出ししやすいだろうよ」と発言している)。

まほら祭りにて過去改変に失敗すると未来へと帰る(退学届をしたためていた以上、現代に長居するつもりはなかったようである)こととなり、出席番号19番は欠番となった。

能力ネ!

クーフェとは違った中国武術をメインに闘う。また強化服を用いて戦うこともあり、中にも「カシオペア」使用の場合は、自分をよその時空に飛ばすか周りの物を止めることによって、避けられないはずの攻撃もかわせるようになる(ただしナノ秒単位の未来予測ができない限りこのような荒業はこなせず、背部の最新型コンピューターによりオートマ制御して持たせている)。
本人曰く魔法は使えないらしいのだが、呪紋回路によって強大な威力である炎魔法ができる。しかしネギを上回るほど強い代わりに体や魂を犠牲にしなければならない。

ネギを意識しているものもあって、始動キーは「ラスト・テイル・マイ・マジック・スキル・マギステル」であり、ネギの始動キー「ラス・テル・マ・スキル・マギステル」「ト」「イ」「イ」「ジック」を加えていて似たような感じにしている。
また、(ネギ対超鈴音からだいぶたって判明するが)エンテオフュシア一族は代々特別な力が使えるらしく、エンテオフュシア家であるアリカ及びサウザンド・マスターのナギ、そして習得が極めて困難な闇の魔法を習得したネギを先祖を持つ彼女ならば、諸刃の剣当然の能力を持つのも納得できる。

関連タグネ!

魔法先生ネギま!
火星 中華娘 未来人

pixivに投稿された作品 pixivで「超鈴音」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 20214

コメント