ピクシブ百科事典

草加雅人

くさかまさと

草加雅人は、『仮面ライダー555』の登場人物である。仮面ライダーカイザに変身する。
目次[非表示]

「俺のことを好きにならない人間は邪魔なんだよ…」

「俺は…生きる…生きて…戦う…!!」

演:村上幸平

概要

TV版において

特撮作品『仮面ライダー555』に登場する21歳の大学生仮面ライダーカイザに変身する
デルタギアを入手し、一度は仮面ライダーデルタにも変身している。作中で唯一、ファイズ、カイザ、デルタの3つのベルト全てを手に入れ、3種類全てのライダーに変身したことがある人物である。

当初はスマートブレインオルフェノクに関わる事を避けていたが、園田真理を助ける為、仮面ライダーカイザに変身。
その後は真理や乾巧菊池啓太郎とともに『西洋洗濯舗 菊池』にて共同生活を営み始める。

スポーツ万能で多才な、一見すると好青年だが裏表の激しい性格。
本質は卑屈かつ自己中心的な人間であり、自分の気に入らない相手に対しては態度が豹変し、どんな策を弄してでも徹底的に排除しようとする卑劣漢。テレビマガジンの記事では「嫌いな奴を徹底的に攻撃してくるイヤなヤツだ」などと書かれたこともあり、冷淡な態度でネチネチと嫌味を言ったり、流言飛語を広げて自らのコミュニティからの排除を試みる。中でも、上記一段目の台詞は彼の本性をよく表した名言であろう。
特にオルフェノクに対しては徹底して冷徹な態度を貫き、木場勇治海堂直也といった人間に協力的な善意あるオルフェノク達に対してもそれは変わらない。他に啓太郎など気に入らなくとも興味のない人間に対しては基本的に歯牙にもかけない傾向が強い。

当初から性格的に相性が悪く、いち早く自分の本性に気がつき追求してきた巧に対しては厭味や陰湿な嫌がらせなどに事欠かさず、彼が流星塾の仲間達の仇(と思われていた)ウルフオルフェノクである事を知って以降は明確に敵意を露わにする様になった。
また、かつての流星塾時代の同級生の一人であった澤田亜希に対しては、オルフェノクとして大勢の旧友達を手に掛けた事に加え、後述の理由から激しい敵意を向けており、「お前は俺が倒す!」と宣言する程に憎んでいる(最終的にその言葉通りに自らの手で引導を渡している)。

また、それぞれ特に目障りな存在である巧と木場が協力し合うことを快く思わず、自らファイズ変身し、巧のふりをして木場を襲い、巧は信用できない人間であるという嘘を木場に吹聴するなど、二人の間に亀裂を生じさせた。
結局、その後の紆余曲折を経て2人は誤解を解いて和解した為、結果的に草加の目論見は失敗に終わったものの、その後も何かにつけて共闘戦線を組もうとする巧や木場を妨害しようとする事がしばしばあった。

一方で、流星塾時代にいじめから守ってくれた真理に対しては好意を超えたヤンデレ的な執着心を抱くだけでなく母性を求めており、真理が他の男(特に木場や巧)に惹かれることを阻止しようとした。また、澤田に対する敵意や憎悪の理由のひとつには、『彼が流星塾時代に真理をイジメていた』事も挙がっている。

対して真理からは自分に対する好意には内心憎からず思われてはいたものの、必要以上に巧に対して冷たく当たる事を叱責されたり、真実を知りながらも真理の為を思って語ろうとしなかった為に反発されるなど、微妙なところですれ違い、結局自身の想いに応えてもらえる事はなかった。


そのような人間性ながら、オルフェノクとの戦闘においては巧が変身するファイズとのコンビネーションは非常に気が合っていたり、流星塾の仲間だった三原修二に対しては損得勘定を抜きに戦う意味を説いて奮起を促している(ただし三原が少しでも巧や木場の味方についた場合は容赦なく殴ったりしていたが)等、意外な一面を見せることもある。

オルフェノクの記号の影響が大きく、初めてカイザに変身した後も灰化しなかった。カイザギアを使用して灰化しない数少ない人物でもあった。しかし、終盤ではオルフェノクの記号が消耗しており、カイザギアに順応できなくなっていく。
また、日常生活においても、正体がオルフェノクと知って尚も巧を仲間として受け入れた真理、啓太郎、三原達、そして様々な対立、共闘の末に巧との絆を確固たるものとしていく木場や海堂らと違い、頑なにオルフェノクを敵として拒絶し続ける姿勢を崩さなかった事から、次第に周囲との間に溝が生じていく事になり、皮肉にも(何度も仲間の輪から追い払おうとしていた巧ではなく)自分自身がスマートブレインと戦う仲間達の中で一人孤立していく形となった。

こうした状況に追い詰められていきながらも、最後までオルフェノクと戦う意思だけは失う事はなく、戦いから身を退く様に促した花形の忠言にも上記二段目にある言葉で拒否し、戦いから逃げる事はしなかった。

己の信念だけに生き、愛する者の為に戦った男の末路…


終盤、オルフェノクとして生きていく事を決意した木場の策略に陥れられ、真理を人質に取ったラッキークローバーに単身立ち向かい、返り討ちにされる。
とある海岸まで吹き飛ばされて、変身が解除され、かねてからのオルフェノクの記号消耗の影響もあって這々の体になりながらも生き延びる為に必死に逃げようとする草加。
その背後では投げ出されたカイザギアをそっと拾い上げる一人の男の姿があった。

「死んで…たまるか……」

生き延びる為に必死に足掻く草加の耳に、聞き覚えのある女性の声が聞こえてくる。

それは、草加を助けようと囚われの身から抜け出してきた真理だった。
必死に自分を探し求める姿を目の前にしながらも、その存在に気づかれずに通り過ぎていく真理に必死に追いすがろうとする草加だったが、既に声すらまともに発せられない程にその体力は消耗しきっていた。

「真……理………」

それでも目の前で自分を探し続けている愛する人に、気づいてもらおうと声にもならない叫びをあげようとする草加。
だが、そんな草加をあざ笑うかのように突然差し伸ばされた手が彼の首を掴み上げる。
それは自らが変身していた筈のカイザだった。
草加は驚愕の表情を浮かべながら、自分を掴み上げるカイザの正体に気づく。

「……木……場………!?」

カイザは返答する事なく草加の首を容赦なくへし折った。
まるで彼の今際の際に縋ろうとした最後の一握の希望をも容赦なく潰す様に…

力なく波打ち際に倒れる自身の前で、変身を解除したカイザ……木場から嘲りと蔑みの念の籠もった嘲笑を浴びせられながら、孤独と絶望に打ちひしがれる中で草加は遂に事切れ、死体はまもなく灰化。

結局、最愛の人に気づかれぬままに遺灰は風で消し飛ばされて消滅するという悲惨な末路を迎えた。

その後、現場に僅かに残されていた遺灰を発見して草加の死を最初に悟ったのは三原、そして皮肉にも草加にとって最も目障りな存在だった巧だった


その屈折した人物像や本編中で行ってきた数々の卑劣で外道な言動や振る舞いから考えてみると、『自分が幾度と無く陥れ翻弄してきた人物に陥れ返され自分が変身していたカイザによってトドメを刺され目の前まで来ていたにも関わらず最愛の人に看取られる事もなく散る』という何一つ報われなかったその死に様は、因果応報当然の結果であるとも否めないが、それでもその悲惨過ぎる最期は仮面ライダーの歴史の中でも特にインパクトのあったライダーの戦死シーンのひとつとして、今も多くのファンの間で語り草となっている。

他媒体・作品において

『555』はメディアミックスが盛んで、パラレルワールドとしての物語が多く作られた平成ライダー作品であったが、どの作品でも基本その外道や偏屈ぶりは変わっていない。

  • 小説『異形の花々』ではその鬱屈・屈折ぶりが本編以上に強調されており、数ある『555』関連作品の中でも一番の外道と化している。具体的には、真理に固執するあまり強姦同然の形で処女を奪い、以降も性行為を強要し続ける、啓太郎との子供を授かりオルフェノクと人間の共存の道を掴みかけた長田結花を惨殺する、など最早子供向け作品に存在してはならないレベル(この小説がそもそも子供向けではないのだが)。
最期は木場に四肢や下顎をもぎ取られ、真理が助けてくれる幻影を見ながら惨敗。その後は実質生き殺しに近い状態のまま、本編以上のヤンデレと化した沙耶(小説版ドラゴンオルフェノク)に、死ぬまで飼育され続けるという、こちらもTVシリーズに劣らぬ因果応報な末路を辿る。

カイザの最期 小説版仮面ライダーファイズを描く!


  • 上記小説に加筆した『小説仮面ライダーファイズ』では、沙耶の灰化後に、飲まず食わずで糞尿に塗れながらも更に1ヶ月生き延び、そして死んだ後にオルフェノクとして覚醒し復活する姿が追加された。だがその姿は、TV版で草加が最も嫌っていたスパイダーオルフェノクのそれであった。啓太郎と結花の息子で、人間とオルフェノクのハーフである勇介に、自身の存在についての指針をわずかながら示すなど、単純な悪役とは言い切れないところも見せたものの、終盤では真理をオルフェノクの巣へと拉致する暴挙に打って出る。しかし、彼女を助けに現れた巧(ファイズ)のクリムゾンスマッシュを喰らい、灰化して消滅するという最期を迎えた。
  • 劇場版『パラダイス・ロスト』においては、人間達の用心棒的存在として登場。性格は本編以上に荒れており、周囲の人間はおろか真理や啓太郎に対しても傲慢かつ粗暴な言動を見せる為、周囲との衝突が絶えないものの、一方で真理や啓太郎に対してはそれなりに思いやりの心も持っていた。が、序盤、スラムを強襲した仮面ライダーサイガに惨敗し早々と退場する。要は体のいい噛ませ犬であった。
  • 逆に桜庭一樹によるこの劇場版のノベライズ版『555』では、人間的な側面がより強調される形で描かれ、一見すれば捻くれた態度をとりながらも、内心では真理や仲間達の事を強く想い、最後の最後で解放軍のメンバーを救うために敵と戦い、真理に看取られながらその命を散らす。関連作品の中で一番まともな人間で、その最期も最も報われた形となっている。
  • 仮面ライダーディケイド』では、変身者について明言されていないものの、草加とよく似た言動を取る仮面ライダーカイザが登場しておりその声も村上が演じている。
  • 仮面ライダー大戦』では主に巧の回想シーンに登場(この作品の巧と草加は草加の死の描写の矛盾などからテレビ本編とはパラレルな存在ともとれる)。ホースオルフェノクビームを受けて灰化する直前に巧に「何故だ…守るべきものの無い空っぽの貴様が生き残り…何故俺が死ななきゃいけない…!!」という怨みと無念の言葉を残し、それが戦いが終わった後も長きに渡って巧の心を苦しめていた。このように、今作での彼は既に死亡している為、回想シーンのみの登場かと思われていたが…。

913(カイザ)の日、草加雅人 仮面ライダー大戦verで描く!



流星塾

園田真理と同じ流星塾生である。流星塾時代は身体が弱く、苛められていたが、いつも真理に助けられていた(ちなみに真理より彼の方が5歳年上である)。
同窓会時に真理達と共にドラゴンオルフェノクに殺害されるが、スマートブレインの人体実験により、オルフェノクの記号を埋められて蘇生した。
しかし、記憶を改変される前に脱走したことで、塾生の中で唯一真実の記憶を保っていた。
そのため、他の塾生の記憶では欠席したことになっていたが、寄せ書きに彼の名前があったことが、不自然だと思われていた。

ウェットティッシュで手を拭く癖があるが、それはこの事件で殺害された園田真理を抱き上げた時、両手が血だらけになったことがトラウマになっているためである。

評価

簡潔に言うとファンからの彼の評判は、文字通り賛否両論である。
味方ライダーであるにも関わらず、劇中ではその陰険かつ姑息で、二面性の激しい器の小さい性格や、殆ど悪役のような言動が目立つからか、一部のファンからは正義側の仮面ライダーとして認められず、前作『仮面ライダー龍騎』に出て来るような悪の仮面ライダーとして見做され、嫌悪・拒絶されている。
特に草加を徹底的に嫌うアンチからは「仮面ライダーの面汚し」「ヒーロー失格」「小学生以下の精神年齢」「自己中の権化」「人間のクズ」と様々な罵詈雑言で批判されるのが常である。

確かに、端的に言えばヒーローらしからぬ「もの凄く嫌な奴」であり、非道な行為で巧をはじめとする多くの登場人物に危機や亀裂を齎した事は事実であり、悪人扱いされても致し方無い部分はあるものの、善悪はともかくそれらの行動には筋が通っており、そして全て彼が「総てのオルフェノクを撲滅し、大切な人の幸せを守りたい」という確かな信念のもとで進み続けた証拠でもあり、見方を変えてみれば「幼少期に多くの傷・トラウマを負いながらも必死に抗い続け、自分の信念に対して、少しも妥協する事も挫折する事もせずに貫き通した真っ直ぐな人間」、として捉えることも出来る。
また、「オルフェノク=敵」と綺麗さっぱりに割り切ってこれを撲滅する事を信念とする思想は(オルフェノクの立場から見れば過剰かつ偏重なものであるにしても)主人公を含め一筋縄ではいかない難雑な思想や信念を抱いたり、度々自分の信念が揺れ動くなどして苦悩する登場人物が多かった555の作中において、稀に見る白黒のはっきりついた人物であり、『555』の複雑な人間ドラマを構築するのになくてはならない要素であった。
また、「乾巧って奴の仕業なんだ」のように、何かと名言(迷言)とされる言葉はいずれもキツイ表現で言い表せている為にわかりにくく、またネットなどではネタにされやすい傾向にあるものの、基本的には何れも的を突いた正論を言っている
彼のそういう偏屈ながらも、ある意味で人間の本質を最も鮮明に体現しているともいえる言動に魅力を感じ、好意的に受け入れてファンになる者も、また多く存在する事も事実である。


本編中、草加から一方的に散々な仕打ちを受け、終始分かり合える事のなかった巧も、当初こそ警戒心や嫌悪感を隠さず、露骨に敵意を露わにしていたものの、後に草加の過去を知ってからは一転して彼に対する評価を改め、どんなに疎まれようとも自分なりに草加に歩み寄ろうという姿勢を見せ、彼が前述した悲惨な結末を迎えた際には誰よりもその死を惜しんでいた。

パラレルワールドではあるが仮面ライダー大戦においては、巧は草加の事を「いけ好かない奴だったが、自分よりも生きる意味を見出していた」と評し、彼を救えなかった事を深く後悔し、後に亡霊となって現れた彼が自分を身代わりに復活しようと目論んだ際にも、その願望(野望?)を叶えてやろうとしていた。


余談


  • 演じた村上幸平氏は「彼はヒーローだけども、普通のヒーローが言ったりやったりしてはいけない事が出来る『逆ヒーロー」と評し、非常に思い入れが強く、555終了後も何かと共演者や脚本担当だった井上敏樹氏と親密に交流したり、555に対する想いを自身のブログやSNSなどで語っている。無論、劇中では散々いがみ合っていた巧役の半田健人氏ともプライベートでは非常に親しい仲であり、度々ネット番組やコラム、そして555関連のイベントなどで555の思い出に関する談義で盛り上がるなどしている。

  • ヒーローの敵役の役者ヒーローの邪魔をした一般市民役の役者が視聴者から執拗に非難を買ってしまうケースは特撮作品において珍しい話ではないが、村上氏も例外ではなく、放映当時、巧や木場のファンの子供達から「たっくん(巧)や木場さんをイジメないで!」と抗議されたという。また放映期間中、BPOに「仲間内で嫌がらせや騙し討ちをする子供番組のヒーローなんてありえない」と草加(または前番組ときめく医者?)の事を示したクレームが寄せられる事もあったという。

  • 草加を最終回前に退場させる事は当初から想定されていたが、最終的に引導を渡す役目を木場に選んだのは井上氏の一存だったという。そのやり方も実に井上氏らしいもので、プロットを考えるにあたり井上氏は村上氏を呼び出して「もし自分が草加だったら、(555のキャラの中で)誰に殺されるのが一番嫌か?」と尋ね、村上氏が「木場」と答えたところ、上記の退場劇のシナリオが制作されたという。

  • 井上氏が脚本を手がけていた『ギャラクシーエンジェル』アニメ第四期17話に、村上氏自身が声を演じたパロディキャラクター「カイザ・ムラカミ」が登場している。

関連イラスト

そして死ぬほど憎まれて眠れない巧
カイザ


ブルーレイが発売するとのことで
草加さんまじカイザ



関連タグ

仮面ライダー555 仮面ライダーカイザ カイザ 913 カイザの日
乾巧 木場勇治 園田真理 乾巧って奴の仕業なんだ
仮面ライダー大戦 アンチヒーロー

マサト魂・・・既に故人であり、仮面ライダーゴーストに、幼少期の園田真理を演じていた悠木碧氏がユルセンの声役で出演している事をもじったネタ。

トランザ黒岩省吾佐野満・・・同じく井上敏樹脚本によるトラウマ退場者達。

勇魚洋・・・役者繋がり。彼は草加とは対照的な役を演じる。

鳥男・・・本作より13年後のスーパー戦隊に登場するキャラクターで同じく役者繋がり。ちなみに公式HPによると「草加よりは柔らかい」との事。

名護啓介・・・同じく歪んだ正義感を持つ人気が高い後輩。ただし彼は途中で自分を見直し、考え方を改めている。

仲代壬琴ローズマリー…共に草加同様に視聴者からの賛否を大きく二分させたダークヒーローダークヒロイン。ちなみにどちらも登場した作品の放映された時期が555と同じである。

暁美ほむら···共通点が多い(イメージカラーが悠木碧演じたキャラを偏愛している)。

pixivに投稿された作品 pixivで「草加雅人」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 515023

コメント