ピクシブ百科事典

処刑用BGM

しょけいようびーじーえむ

処刑用BGMとは、アニメ・ゲーム等で流れる勝利確定を更に超えた、処刑クラスの演出で流れる曲の事。 代表的な物は、北斗の拳(アニメ版)の「戦闘」など
目次[非表示]

概要

アニメや特撮、ゲームなどでは主人公サイドの勝利確定をよりドラマティックに仕立てる為に、印象的な音楽を流すのは良くある話である。
しかしながら、その時の演出や盛り上がり方が尋常ではなかった為に、「勝利確定を超えて、軽く処刑演出入ってないか、コレ」と言われるシーンが散見される。
その為、その時にBGMとして流れていた曲は、「処刑用BGM」として人気を集める。ニコニコ動画では、専用のタグも用意されている(外部リンク)。

そんなBGMが間違いなく脳内再生されたときに使われるタグである(Pixivでは)

代表的な処刑用BGM

アニメ作品

戦闘

ケンシロウが北斗神拳を使うときに流れるBGM。必殺技という特性上、このBGMが流れると相手は必ず死ぬ。
皆さま御存知であろう、テーレッテーである。

覚醒、ゼオライマー

主人公が強すぎるアニメ。主人公がゼオライマーに乗ると必ず相手を殺す流れになる。
アニメ本編を飛び越え、スパロボファンからも恐れられる、まさに「冥王」な1曲。

マークザイン

敵、味方問わずの処刑用BGM。
主人公の戦闘シーンで流れれば無双が始まるが、
味方の戦闘シーンで流れると味方が死亡するという一種の死亡フラグでもある

クリティウスの牙

カードゲーム。主人公サイドが攻勢に転じる時に流れる勝利を確信させる曲。
バーサーカーソウルでおなじみのアレ、流れてしまったらずっと俺のターン

nowhere

もはや説明不要の「ヤンマーニ」である。

戦闘「みらい」

アニメジパングの戦闘BGM。
この曲が流れているときに127ミリ速射砲とシースパロー短SAMで米空母攻撃隊をほぼ一方的に殲滅(虐殺?)していたりする。

スターダストクルセイダース

アニメジョジョの奇妙な冒険 スターダストクルセイダース(2ndシーズン)のBGM。
見ての通りサブタイトルそのままのタイトルが付けられている。
主に主人公承太郎が敵スタンドにトドメのオラオラのラッシュを叩き込むシーンによく使われている。
続編のダイヤモンドは砕けない(3rdシーズン)でも主人公交代以降めっきり出番が少なくなったが、やはり承太郎が活躍するシーンで流れており、そのためこちらの方が稀少価値感がより一層高くなっている。
BGM検索には正式タイトルよりも「オラオラのテーマ」で検索すればほぼ確実に見つかる。

飛影見参!!

忍者戦士飛影にて使用されたBGM。
主人公一行が窮地に陥った際、何処からともなく飛影が表れ敵陣営を一掃して居る時に流れた。
最近では全くありがたくない意味で敵陣営を一掃し、「金と経験値とクリア条件と隠し要素を返せ!!」と言われる事が多くなっている。

braveheart

デジモンが進化する時に流れる曲。
子供向けな物語の性質上、戦う→ピンチ→進化→勝利という分かりやすいパターンになりやすい。
デジモンシリーズの進化BGMはこの曲に限らず、ある曲を除いて処刑用BGMになりやすい。

naraku within

通称「ニンジャスレイヤー=サンがニンジャを殺す時に流れる曲」。三味線や尺八で味付けされたオーケストラ仕立ての和風ロックがマッポーめいたアトモスフィアを醸し出す。アニメイシヨンでこれが流れたらもはや敵ニンジャに勝ち目はない。サヨナラ!

ようこそジャパリパークへ

けものフレンズ最終回妄想漫画


本来は明るいノリのオープニング曲なのだが、最終話ではこれまで出会ったフレンズが再登場し巨大なセルリアンに立ち向かうシーンで同曲のインストバージョンが流れる。
同じ曲のはずなのに王道的な展開で聴くと非常に熱く感じられる。

ガンダムシリーズ

宇宙を駆ける~ゼータの発動

主人公カミーユが覚醒するときに流れる曲。
ラスボスにスイカバーアタックするシーンが印象的の曲。ニュータイプの力が湧き出しそうである。

我が心 明鏡止水〜されどこの掌は烈火の如く

ゴッドガンダムの爆熱ゴッドフィンガー等の必殺技が決まるときのBGM。
流れたら勝利確定である。

FIGHT

トランザムの曲と言ったら思い浮かぶ人もいる。
トランザムは必殺技の部類なので、発動したらほぼ勝利。加速したいお方に是非。

ゲーム作品

ゲームの場合だと、どちらかと言うとボス戦や強敵のBGMの割合が多い。
そして、もちろん処刑されるのは我々プレイヤーサイドである

決着R&D

ジェノサーイ、カタッ

TRASH HEAD

「さぁ、神に祈りなさい・・・」「ここですか?」「遅いですね!!」「 お 別 れ で す ! ! 」「神の御加護があらん事を・・・」

焚身

但し、約一名のみ逆処刑用BGMとなる。

悪夢のキングボンビーほか

多くの場合プレイヤーへの処刑用BGM。キングボンビーを筆頭とする貧乏神の化身たち。ただし対戦ゲームのため、処刑されるプレイヤーが自分自身とは限らないのがポイント。

エミヤ

こちらは本来の意味での処刑用BGM。別名「主人公の逆転フラグ」。
この曲が流れると主人公は勝つ。近年別作品でも効果があることが確認された。

ただしにとっては死亡フラグとなる事でも有名。

悲しみの向こうへ

アニメでナイス過ぎる結末を迎えた本作ではあるが、そもそも原作がナイス過ぎる結末のオンパレードであり、その際に流れるBGM。
プレイヤーにとってはトラウマBGMであると同時に、主にあの男に対する処刑用BGMと言える。

健啖の悪魔(モンスターハンター3~)

ハンター(プレイヤー)に対する逆処刑用BGM。
どこからともなく出現し、モンスターもハンターも蹂躙していくイビルジョーのテーマ。
その迫力と恐ろしさ、鈍重な攻撃の威力を身をもって覚えたハンターも少なくない。

ドラマ

メインテーマ(リーガル・ハイ)

この曲が流れたが最後、金と女をこよなく愛する39歳児によるオーバーキル確定の完全論破が炸裂し、その39歳児の高笑いが法廷内に木霊する。

殺陣のテーマ(暴れん坊将軍)

某ホームランアーティストの出囃子としても有名な1曲。
ある種のファンの間では、「デーンデーンデーン」で通じる。

冥土の鈴か、地獄花(必殺仕事人V)

必殺シリーズのいわゆる「殺しのテーマ」は数種類あるが、中でも最もポピュラーなのはこれであろう。冒頭のトランペットが流れてきたら思わずハッとするオジサンは少なくないはず。最近はスパロボでよく似た曲があるような…

関連タグ

作業用BGM BGM:盆回り
イノセントプリフィケーション

外部リンク

処刑用BGMとは - ニコニコ大百科

pixivに投稿された作品 pixivで「処刑用BGM」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 105980

コメント