ピクシブ百科事典

竜の騎士

どらごんのきし

竜の騎士とは、漫画『ドラゴンクエスト-ダイの大冒険』に登場する種族である。
目次[非表示]

※『ドラえもん』の映画(大長編)については『のび太と竜の騎士』を参照してください。

概要

ダイの大冒険』の世界に於いて、遥か昔、神々の時代に人間の神、魔族の神、竜の神が生み出した『竜の力、魔族の魔力、人間の心を併せ持つ究極の生物』。

世の中の秩序を乱そうとするものを粛清し、世界の平和を維持するために生み出される存在であり、生まれ持った『力』と『魔力』に加え、代々の竜の騎士から受け継がれてきた『戦いの遺伝子』を備え持つ。そのため戦闘能力がケタ外れに高い。

劇中、ダイとその父バランの二人が登場しているが、竜の騎士の産みの親ともいうべき「聖母竜マザードラゴン」が「自分の命が邪悪な存在によって尽きようとしている」と語っており、恐らくは竜の騎士としての血筋はダイが最後とみられるが、聖母竜の生命を尽きさせる存在が何者なのかは語られていない。

何らかの形で騎士が落命すると竜が降誕し、神の世界へと還される。新たな騎士が生まれると、騎士に縁のある土地に運ばれ、現地人に託され、切っ掛けによって宿命に目覚めるとされる。テラン王国は竜の騎士に由縁が多く語り継がれている。
寿命は人間より少し長いが、ほとんどの騎士は一生戦い続け短命に終わってしまうので、闘争の生涯を宿命づけられる事から実質的に一代限りともいえる存在である。

また、子孫を残す事も実は可能なのだが、これはダイの代で初めて判明した。
但し、生まれてくる混血児は「闘いの遺伝子」を持たず、竜の騎士の「肉体の力と魔法の資質」のみを継承する。
正統な竜の騎士は戦いの中で一生を終えてしまうため、バランがソアラとの間にダイを授かったのは、まさに奇跡とも言えた(血を残せたのはバランが初めてだった)。

事実、若き日のバランは困惑し、彼の死後、魂となってマザーの前に現われた際にも「何故、一代限りである竜の騎士が子を残す事が出来るのか」と問い質したほどだった。

特技など

竜闘気(ドラゴニックオーラ)
竜の騎士の最大の特徴。発動すると額に竜の紋章が輝く。
自身の攻撃力、防御力を上げ、ほとんどの呪文を防ぐといった攻防一体の凄まじい能力。
竜闘気の項目も参照。

竜の紋章
竜の騎士の額に輝く。
歴代の竜の騎士の戦闘経験が全て蓄積されており、これによって竜の騎士は生まれながらに戦闘のプロとして戦える。ダイの場合は生来持っていたものの、人間との混血児であるのもあってか経験自体がなく、バランの竜の紋章を継承した際は両手の甲に竜の紋章が輝く『双竜紋』となった。真の大魔王バーンとのタイマンでは再び額へと集約される。

竜の騎士の戦闘能力の最大の理由はここだと思われ、大魔王バーンさえ警戒する能力。

魔法剣
剣と魔法を同時に扱う、人間には出来ない技能。
ダイの『火炎大地斬』やバランの『ギガブレイク』など。

紋章閃
竜の紋章に闘気を集中し、相手に放つ技。バランが放つこの技はカール王国最強の騎士ホルキンスを一撃の下に沈める。

『双竜紋』に覚醒したダイは両手を交差させるようなモーションから放つ。

竜魔人
竜の力を解放し、翼と角の生えた野獣のような姿に変身することによって移行する究極の戦闘形態。この時には3つの力の内、『竜の力』が強く作用するため、見た目の姿同様、本人の性質も獰猛かつ戦闘的な性質を帯びるようになる。 (バランは二度この姿で戦闘を行ったことがある。一度目は、ダイを連れ戻すべくポップ達と対峙した時。 二度目は超魔生物となったハドラーとの戦闘で、ダイをラリホーマで眠らせてからこれに変身。 曰く『息子に二度と見せたくなかった』という理由から

竜闘気砲呪文(ドルオーラ)
竜闘気を魔力で超圧縮し、放つ技(魔力は竜闘気の圧縮に使っているだけなのでマホカンタでも反射できない)。

人間に耐えられる威力ではなく、大魔王バーン曰く「竜の騎士でさえ竜魔人にならなければ肉体がもたない」技なので大抵の相手は一撃で粉々に吹き飛ばせるが、消耗も激しくバランですら三発も撃てない。

関連項目

ダイの大冒険 ダイ 竜騎将バラン 竜闘気
竜騎士

pixivに投稿された作品 pixivで「竜の騎士」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 50366

コメント