ピクシブ百科事典

ニコニコ大百科

にこにこだいひゃっか

ニコニコ大百科とは、未来検索ブラジルによって運営されているオンライン百科事典である。記事ではpixpedia(ピクシブ百科事典)との違いなども解説する。
目次[非表示]

ニコニコ大百科とは、未来検索ブラジルによって運営されているオンライン百科事典である。
略称は「ニコペ(ニコペディアの略)」「ニコ百」「大百科」。
pixivにおいては、大百科の掲示板内のお絵カキコ(後述)に投稿されていた絵に対してこのタグが付けられる。

概要

ニコニコ動画ニコニコ生放送に関する用語やその他一般用語について解説をするインターネット百科事典である。pixpediaと異なり、タグが存在しない記事も書くことができる。各会員ごとに「ユーザ記事」という自分のみ編集できる記事が存在し、編集作業の練習を行ったり、個人サイトのように用いることが可能。内容としてはウィキペディアはてなキーワードのような真面目な記事とアンサイクロペディアのようなネタ記事が混在しており、いずれとも異なる新たなウェブサイトとなっている。また自分が見聞きしたことや出典を示せない事実を書くと削除対象とされるウィキペディアとは異なり、自分が見聞きしたことなども書けるため、ウィキペディアに書けない記事(主に出典を示すことが出来ない事実)を補完する役割も兼ね備えている。

記事の編集は原則としてプレミアム会員にしかできないが、例外として、自分のユーザ記事、自分の投稿した動画記事、自分の参加コミュニティ記事、商品記事は一般会員も編集することができる。

記事には掲示板が付与される点がウィキペディアなどの百科事典サイトと大きく異なる。記事に対する議論だけではなく、2ちゃんねるのように自由に感想を書きコミュニケーションを取ることが出来るため、コミュニティサイトとしての側面も持つ。IDは2ちゃんねると異なり、その記事に対して同じアカウントならば日付を跨いでも変わることはない。掲示板への書き込みは一般会員でも可能なため、自分の考えた編集案を提示することでプレミアム会員による編集を期待する書き込みも多い。

掲示板では、テキストでの書き込みのみならず、お絵かき掲示板機能である「お絵カキコ」、MML投稿掲示板機能である「ピコカキコ」が利用できる。グニャラペイントを使ったお絵カキコはニコニコミュニティでもできるが、ピコカキコはニコニコ大百科にしか存在しない。

だけでなく音楽も投稿できる掲示板は日本国内でも希有な存在であるためか、「大百科厨」と呼ばれるニコ動やニコ生とも異なる独特のコミュニティが形成されている。一方で、動画のタグや生放送との記事の往復しかしておらず、大百科独自の文化に全く触れないユーザーが多いのも事実である。

グニャラくん★曰くpixivタグニコニコ大百科へのリンク設置を依頼したが、スルーされていたらしい。
その後ピクシブ百科事典の運用が始まった。

pixpedia(ピクシブ百科事典)との文化の違い

pixpediaはニコニコ大百科に相当類似したサービスではあるが、pixpedia慣れした執筆者が大百科の流儀を知らずに編集や新規記事の作成を行うと高確率で批難されると思われる。
逆に大百科慣れした者がpixpediaに大百科の流儀を押し付けるのも望ましくない。

大百科の場合、pixpediaに比べ
1.記事の文章量や関連動画の貼付量が求められる。
2.関連項目を箇条書きにして数を絞る
傾向がある。

まず1の、文章量等が少なめの記事は「立て逃げ」とされて激しい批難対象になることが多い。一般会員は書き足したくても書き足せないのが一因であるが、プレミアム会員にも「立て逃げ」批難派は多い。

もちろんpixpediaでもテンプレがそのまま残っているような記事は望ましく無い。しかしpixpediaは後発のサービスであり、詳細を知りたければ高確率で大百科等の先発サービスで知ることが出来るため、必ずしも詳細な記事は求められない(ただしpixiv独自の企画・用語・文化の記事はその限りではない)。
さらに記事があればタグ内の最大12件のイラストが自動的に表示されるため、絵を見れば一目瞭然の項目は本文が無くても機能する。

2に関しては、pixivはニコニコ動画よりもタグ把握の重要度が高い。
pixivのタグの編集制限は強力で特に投稿者の付けたタグは強制ロックされるため、荒らされにくい代わりに第三者が表記揺れを直してくれたり、より効果的なタグに付け替えてくれることは期待しにくい。ニコニコではタグが足りない場合海外タグを裏技的に使うことも出来るが、pixivタグはどう転んでも10個しか無い。
投稿者・タグ編集者が表記揺れや、「こんなタグも有る」というのを知ることは、pixpediaの重要な役割であり、本文が簡潔でも関連タグが充実していれば記事としては有用と言える。

そのためpixpediaでは関連項目を絞る大百科方式は基本的には不向きと思われる。
(ただ以前にあった、関連項目を箇条書きにすると記事の有る項目と無い項目の区別が付かなくなる問題は2011年7月初頭に修正された)
逆に言えば、pixpediaの感覚で大百科の関連項目を増やすと怒られたりすぐ消されることが多い。

「~の一覧」記事

ただ、単に関連項目を絞るだけでは不便なので、それを補うため大百科には「~の一覧」という記事が大量にある。(→【外部リンク:ニコニコ大百科「一覧の一覧」】
ちなみにpixpediaにもあるのだが(「pixpediaの一覧の一覧」の項目参照)、pixpediaの関連タグは一覧記事に近い機能を持つことも多いので普及していない。
一応「記事名だけで一覧記事と判る」メリットはある。反面タグとは結び付けにくい記事になる。

冒頭に「(項目名)とは、~である」

大百科のほとんどの単語記事では、記事冒頭に項目名をもう一度書いて、「(項目名)とは~」という出だしで始め、1行で概要を説明し、その文を「である。」で締めている。
これは単語記事を新規作成しようとすると編集画面に既にテンプレとして「(項目名)とは、~である。」と記述されているのが原因。

ちなみにwikipediaでも項目名をもう一度書くことが多いが、書式はここまで統一されてはいない。
はてなキーワードではほとんど見られないようだ。

pixpediaの場合、文字表示数の限られる検索結果一覧で実質の情報量が減ってしまうし簡潔な記事も多いので向かない気もするが、(この記事を含め)大百科編集者は本能的に?この形にしてしまうようだ。

絵の貼り替え

「お絵カキコ」で描いた絵を記事に貼ることが出来るが、その記事に新規のお絵カキコが来た場合など、割と貼り替えられることが多い。
pixpediaの場合一度貼られた絵を剥がしたり差し替えたりしずらい雰囲気もあるので、記事の鮮度を保つ意味では恵まれているとも言える。

関連イラスト

東方絵(ニコニコ大百科にて)
渓谷の侵入者
MHP2ジャケ
ニワンゴたんと!
HAPPY NEW YEAR!


ディケイドシンボル
ガンダム頭部ドットアイコン
真 ドットタイル
寅丸星 ドット絵
弱音ハク ドット絵
般若 ドット絵
アジョット




関連サイト


関連タグ

ニコニコ動画 ニコニコ生放送 ニコニコミュニティ
グニャラペイント お絵かき掲示板 お絵カキコ ニコニコお絵カキコ ニコニココミュニティお絵カキコ
伯方さん しおたん 伯方シオ ER算数

ピクシブ百科事典 百科事典 辞典 大百科 Wiki Wikipedia pixpedia はてなキーワード アンサイクロペディア

pixivに投稿された作品 pixivで「ニコニコ大百科」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 739470

コメント