ピクシブ百科事典

デイヴィ・ジョーンズ

でいびーじょーんず

デイヴィ・ジョーンズとは、海に関する伝承の一つ、又はその伝承を元に作られた映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の登場人物、もしくはアメリカのロックバンド『ザ・モンキーズ』のボーカルである。本項では映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』の登場人物を中心に記載する。
目次[非表示]

概要

演:ビル・ナイ(日本語吹き替え版CV:大塚芳忠

海で死んだ者を死後の世界に送る役目をもったいわゆる「死神」の類。
しかし作中ではその役目を放棄しており、それによって呪いを受けたのか体はタコやカニ、魚などに覆われている。(「役目を放棄するとこの姿となる」とは語られているが、根本的な原因は不明)
幽霊船「フライングダッチマン号」を操る。
海の女神カリプソには複雑な感情を抱いており、思慕の情を募らせる一方で、恨み、また畏れている。
彼女への貢物として自らの心臓を抉り出すが、結局これがカリプソに捧げられる事はなかった。

死者を送る役目の為に殺されない限りは永遠に生きられるが、陸地には10年毎に1日しか上がることが出来ない呪いを受けている。
(ただし、水が入ったバケツ等に足を入れた状態なら陸に上がれる模様)
またジョーンズを殺すには、心臓を刺すしかないが、彼は抉り出した心臓を、自分とは離れた場所に隠しており、彼自体をいくら傷つけても殺すことは出来ない。
そしてジョーンズを殺したものは、ダッチマン号の新たな船長として心臓を抉り出され、永遠に生きる代わりに「役目」と「呪い」も受け継ぐ。

パイレーツ・オブ・カリビアン「2」「3」通したボスキャラであり、何度もジャック・スパロウの前に立ちはだかるが、最後は「ウィル・ターナーの手によって」心臓を貫かれ絶命する。


伝承の「デイヴィ・ジョーンズ」

海に棲む悪霊で、海難事故にあった者を海の底、「デイヴィ・ジョーンズの鍵付き戸棚(Davy Jones's locker)」に閉じ込める。
当然な話だが、映画『パイレーツ・オブ・カリビアン』に登場するジョーンズはこれを元ネタとしている。

関連タグ

映画 パイレーツ・オブ・カリビアン

pixivに投稿された作品 pixivで「デイヴィ・ジョーンズ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 36932

コメント