ピクシブ百科事典

ドリムノート

どりむのーと

『ウイングマン』の重要アイテムであり、物語のきっかけとなるアイテム

漫画ウイングマン』に登場するノート
描いたことが現実になる。
そのノートを主人公が拾った事で物語の始まりを迎える。
本来、あおいが悪用を防ぐために人間界で燃やそうとしたものを(ポドリムスには火が存在しないため)偶然健太が拾ったため、ウイングマンを生み出すアイテムとなった。

記入にはかならず専用のドリムペンが必要。
逆に記入したデータを削除するにはドリムイレイザー(消しゴム)が必要である。
通常は盗難防止のため、ドリムカセットというケースの中に収納されている。

中盤、争奪戦によりノートが引き裂かれ、半分がリメル側にわたってしまう。
その片側に書かれていたウイングマンのデータをドリムイレイザーで消されてしまったため、一時的にウイングマンに変身できなくなってしまう。
その後、健太側が所持していたノートが海水を吸収し新型に変化、もう片側は新型のドリムペンに変化している。
変化後は従来のドリムイレイザーでは消せなくなったが、終盤に新型のイレイザーが登場、最終回で重要なアイテムとなった。

関連タグ

ウイングマン ノート 

もしもボックス あらかじめ日記 DEATHNOTE/デスノート
※書いたこと(言ったこと)が現実になるアイテムという共通点がある。
這いよれ!ニャル子さん :「邪神様のメモ帳」と言うこれのパロディアイテムが登場する。

pixivに投稿された作品 pixivで「ドリムノート」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 104450

コメント