ピクシブ百科事典

ドヴォルザーク

どゔぉるざーく

アントニン・ドヴォルザーク(Antonín Dvořák、1841~1904)はチェコ(当時はオーストリア=ハンガリー帝国)の作曲家。ロマン派に属するクラシックの作曲家。

概要

当時のあらゆる音楽ジャンルに多くの傑作を残した。

 スラヴ舞曲、「スターバト・マーテル」、序曲「謝肉祭」、「レクイエム」、8つのユモレスク(第7番が特に有名)、ピアノ三重奏曲第4番「ドゥムキー」、ピアノ五重奏曲第2番(作品81)、交響曲第7番、交響曲第8番、交響曲第9番「新世界より」、弦楽四重奏曲第12番「アメリカ」、弦楽五重奏曲作品97、チェロ協奏曲(ロ短調の作品104の方。もう一作は若い頃の未完のもの)、、オペラ「ルサルカ」などが著名。

 旋律が魅力的で、それを西洋伝統の形式に馴染ませて発展させて普遍的な魅力を持った作品を多く残すことができた。またアメリカ時代にはネイティブアメリカンや黒人の音楽も研究していて一部取り入れているとも言われている。

 ブラームスマーラーチャイコフスキーシベリウスなどと国際的な交流があった。当時の著名なクラシックの作曲家はほとんど皆そうであるが、国家の枠を超えた国際的な人間関係をドヴォルザークもまた築いている。母国語のチェコ語のほかに、ドイツ語と、後にアメリカで音楽学校の校長をしていたため英語も若干はできたようである。(ラテン語は学位などの授与式でわからないといっているが、レクイエムなどラテン語の曲は作っている)

 鉄道マニア(鉄道オタク、鉄オタ)としても著名。1848年に、故郷の村の近くを鉄道が開通したのがきっかけという。ちなみに日本に鉄道が始めて敷かれるのは1872年になってからである。

pixivのタグとしては、彼の作品に関連したイラストにもつけられる。

関連タグ

クラシック

pixivに投稿された作品 pixivで「ドヴォルザーク」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 3460

コメント