ピクシブ百科事典

マック・ロニージョ

まっくろにーじょ

『イナズマイレブン』の登場人物。
目次[非表示]

「どんなに苦しいことが起きても、オレはオレのサッカーを貫き通す!」

CV:阪口周平

プロフィール

ブラジル代表チーム「ザ・キングダム」のキャプテン。
ポジションはFWで、背番号は10番。属性は火(ゲーム)。日本基準で中学2年生(GOにて発覚)。
細身の褐色肌で、ドレッドヘアに厚い唇をしている。

通称「キング・オブ・ファンタジスタ
フットボールフロンティアインターナショナル(FFI)の解説者、レビン・マードック曰く、FFIで最も完成されてるプレイヤーとも言われている。
FFI予選では、ハットトリックを連発し大会得点王争いのトップを独走していた。

チームメイトを家族の様に慕っており、現監督であるガルシルドの制裁でチームメイトやその家族たちがボロボロになるのを防ぐため、自らのプライドを捨ててでも円堂イナズマジャパン八百長試合を頼み込んでしまうが、そのことがガルシルドに知られ、人体強化プログラム「RHプログラム」の実験台にされてしまう。

FFI準決勝・イナズマジャパンとの試合で、ガルシルドが仕向けた審判の笛を聞くとプログラムが発動、その間に能力が極限まで高まるも、催眠状態になっているため敵味方構わずにラフプレーをするだけでなく、体力の消耗で限界寸前になってしまうが、ガルシルドの悪事が発覚したことで解放される。
しかし、逮捕されたガルシルドに「家族の将来」のことを言いふられて動揺し、守るだけの消極的なプレーをしていたが、土方の言葉に「どんなことがあっても自分たちのサッカーを貫き通す」と決意。
円堂たちに本気のプレーで応え、果敢に奮闘するも惜敗。
それでも自分たちチームを助けてくれたイナズマジャパンに感謝した。

ゲームのPVでの「行くぜボーイ!」という発言が印象深く、彼の事を「ボーイ」と呼ぶ人もいる。
実際、初登場のアニメ112話では円堂の事を「ファイティングボーイ」と称していた。

なお必殺シュートを決める際には右足で蹴るが、それ以外は左足を使うため、意図して使い分けていると思われる。

必殺技(ゲーム版含む)

  • ストライクサンバ
  • スーパーエラシコ
  • スピニングシュート
  • ぞくせいきょうか


二次創作での扱い

※あくまでも二次創作です。

ドレッドヘアに厚い唇といった姿が某キャラに似ていることからこのような絵が描かれることも。

マダロニージョ



関連イラスト

この子気になる



関連タグ

イナズマイレブン ザ・キングダム ロニージョ イナイレ海外組

pixivに投稿された作品 pixivで「マック・ロニージョ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 13415

コメント