ピクシブ百科事典

モアイ

もあい

イースター島の巨大人面像
目次[非表示]

南太平洋イースター島に多くある巨大人面像の遺跡。面長で彫りが深い独特の風貌を持つ。であることを強調して「モアイ像」とも言う。
実はこの彫りの深さは、本来後から目玉を入れるためにある。

頭だけの像と胴体まである像の両方のイメージがあるが、これは製作途中で打ち棄てられ頭しか作られていなかったり胴体まで地面に埋まっているモアイが多いため。
かつての島内の紛争ですべてのモアイは倒され、そのままで放置されているものも多く、1000体ほどある中できちんと立てられているモアイは現在40体程度しかない。

その奇観は多くの観光客を集めるとともに、ネタともなってきた。
例えば『グラディウス』シリーズのイオンリングを吐くアレなど。

コナミ作品におけるモアイ

先述したようにモアイといえばグラディウス、グラディウスといえばモアイのように非常にモアイはグラディウスシリーズと密接な関係にあるが、他のコナミ作品にも登場しており、特に『コナミワイワイワールド』や『モアイくん』ではプレイヤーキャラクターにまでなっている。
グラディウスシリーズでは大小様々な個体があるが、大型のモアイはボスキャラクターとしてグラディウスIIで初登場した。しかし、グラディウスⅤでは今まで皆勤賞モノであったモアイが登場していない。また、携帯電話アプリのグラディウスNEOではただの背景だったり、ボスの座についていたりする。
バリエーションも多く、飛んだり跳ねたりは勿論の事、トーテムポールの様に連なっていたり、倒しても倒しても復活する物もある。『パロディウス』シリーズでは戦艦化する始末。
実況おしゃべりパロディウス』に至ってはときメモキャラを模したモアイが登場し、実況でも「気持ち悪ぅ~」と言われる程。


モンスター列伝 オレカバトル

古代兵器モアイ2


「ワタシハ、カミニシテヘイキ…。タタカイヲ、オワラセルモノ…。」

第5章追加キャラクター。☆2と☆4として参戦。

☆2の時はモアイ像そのまんまの姿。
体力は異常に高いが、攻撃力と素早さは凄まじく低く、こうげき!でもギリギリ2桁いく程度。(こうげきだと、ダメージはほぼ1桁)
しかし、そこはコラボモンスター。
なんと最大の武器は「調停者の声」という、敵味方関係なく石化させる技。
さらにEXも、味方をも巻き込むイオンリング「浄化の光輪」

☆4となると、もはやモアイ顔の巨人というべき姿へと変貌する。しかもボスとなり、「古代兵器」の名を冠する始末
この姿になれば、攻撃力もそれなりになるが、ランクアップ技でその攻撃力が下がってしまう危険性も出てしまう。
さらに専用攻撃として、自分以外で残り体力がいちばん高いモンスターを、敵味方関係なく狙い撃ちする「監督者の槍」が加わる。
EXは相変わらずの「浄化の光輪」。

やはりモアイは、この作品でも他のモンスターと一線を期す奇抜さがにじみ出ている。


関連イラスト

モアイ
モアイにはかつて目があった。


関連タグ

遺跡 石像 ガンツ先生

pixivに投稿された作品 pixivで「モアイ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 370251

コメント