ピクシブ百科事典

オレカバトル

おれかばとる

トレーディングカードアーケードゲームの一種。
目次[非表示]

概要

正式名称は「モンスター烈伝オレカバトル」。コナミより2012年3月から稼動を始めたトレーディングカードアーケードゲームの一つである。
プレイヤーは召喚士として手持ちのカードからキャラクターやモンスターを呼び出し、敵と戦わせる。
主なターゲットは小学生だが、キャラクターの魅力や突き詰めると意外と侮れない戦略性の高さから大きいお友達にも人気である。
BGMの評価も高く、サントラ発売を待ち望む声が多かった(イベント会場限定販売、コナミスタイルで販売中)。

特徴

他のトレーディングカードアーケードゲームとは違う最大の特徴は、手に入れたキャラクターがその場で印刷される点。
プレイのたびに勝敗問わずレベルが上がり(最大10)、ステータスも強化される。また初プレイの際に名前を登録し、排出カードにも名前が書き込まれる。
他人のカードを借用した場合は様々な制限がかかるため、必然的にオレ(自分)のカードで戦うことになる。
2013年8月、「盗賊ユライ」解禁に伴い、バトルに勝つごとにゴールドがたまっていく「記録の鍵」というシステムが追加された。貯まったゴールドで隠しステージを出現させるアイテムと交換できる。

攻撃方法はキャラクター固有の6つのコマンドからなるルーレットを止める形式。
ある程度目押しもできるが、その通りに止まるとも限らなかったりする。
被ダメージ回数やターン経過などでEXゲージが点灯し、10個点灯するとEX技を発動可能になる。
こちらはルーレット以外にボタン連打などもあり、シビアなものではビシバシチャンプ並みの連打力を要求されることも。

攻略・新情報はコロコロコミックにて発表される。
コロコロコミック主催イベントにて、限定モンスター入手が可能な特殊筐体の設置や限定グッズ販売が開催されることも多い。

2013年12月現在、第七章・雷鳴の城門まで解禁されている。
1ヶ月に1回バージョンアップ(アンロック方式)があり、各章3バージョンで完結。
具体的には章解禁→キャラ追加 1回目→キャラ追加 2回目→新章解禁…のサイクル。
アンロックの条件としてコロコロ封入カードを筐体に読み込ませる必要がある。
五章以降は解禁日の9時より早く前述のカードをスキャンしてもフライング解禁ができなくなった。

セルフパロディ

各モンスターの技や、プレイ後カードに刻まれる称号の一部がコナミの過去作品を意識したものになっている。
わかりやすいものではサラマンダリップルレーザーなど。
初の大型バージョンアップとなる第一章・魔海の神殿にてキャラクター自身も参戦開始。
悪魔城ドラキュラよりアルカードドラキュラ伯爵などがゲスト出演を果たした。

ぶっちぎりバトルヴァンパイアーズ
どちらが真の後継者か



現在判明している他作品キャラクターは以下のとおり。
備考欄詳細
原作曲…特定条件で戦闘BGMが出典作のアレンジ曲ないし原曲に変化

カード名初登場章モデル出典備考
アルカ第一章ドラキュラくん悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん
バト第一章ドラキュラくん(コウモリ状態)悪魔城すぺしゃる ぼくドラキュラくん
アルカード第一章アルカード悪魔城ドラキュラX 月下の夜想曲
ドラキュラ第一章ドラキュラ・ヴラド・ツェペシュ悪魔城ドラキュラシリーズ原作曲
死神グリム第一章死神悪魔城ドラキュラシリーズ
月風魔第三章月風魔月風魔伝原作曲
レッドジェリー第四章レッドジェリードラゴンコレクション
ペンタ第五章ペン太けっきょく南極大冒険
モアイ第五章モアイグラディウスシリーズ
時空竜ビックバイパー第五章ビックバイパーグラディウスシリーズ原作曲
ピラミッドヘッド第六章三角頭サイレントヒルシリーズ原作曲
シモン第六章シモン・ベルモンド悪魔城ドラキュラ原作曲
ゴエモン第七章ゴエモンがんばれゴエモンシリーズ
三章までは奇数章、四章以降は全ての章で最低1人は追加されている様子。

住み分けタグ

腐向けはこちらを使用してください。
俺化戦闘【腐】

pixivに投稿された作品 pixivで「オレカバトル」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 309415

コメント