ピクシブ百科事典

ユキカゼ・パネトーネ

ゆきかぜぱねとーね

ユキカゼ・パネトーネとは、「DOGDAYS」に登場する女性キャラクター。
目次[非表示]

CV:阿澄佳奈

基本概要

ビスコッティ騎士団に身を置く、くノ一風の自由騎士。
「討魔の剣聖」ブリオッシュ・ダルキアンが率いるビスコッティ隠密隊の筆頭。愛称は「ユッキー」。
狐耳尻尾を持つ狐娘で、天狐の土地神。
作中一番の巨乳。「拙者」「~ござる」と変わった口調で喋る。
通常時の服装は紫を基調とした忍者服に近いデザインのものを着用、腕にアームカバー、脚には紺色のニーハイソックスに赤い鼻緒の草履を履いている。里にいる時は普段着として花柄の着物を着用、3期では季節が秋ということもあり長袖の着物を着ていた。

詳細

幼少の頃、自分を育ててくれた土地神の大狐が魔物に殺されてしまう。
上記の事件と繋がっているかどうかは不明だが、幼少の頃に救ってくれたダルキアンをお館様と呼び慕い、身を粉にして働いている。

星詠みでブリオッシュ・ダルキアンの探し物を手伝い、共に国を離れていたが、ミルヒオーレ・F・ビスコッティ姫奪還戦の途中でビスコッティに帰還し、シンク・イズミたちに合流した。
部隊員であるや狐たちとは兄弟のように仲良くしている。
明るい性格で、騎士団一同やリコッタ・エルマール達とはとても仲良し。主人公のシンク・イズミともすぐに打ち解けた。
実は、ダルキアンと共に諸国を巡っていた理由は前記の探し物である「魔物」と「妖刀」を封じて回る封魔の狩人、「禍太刀狩り」をしていた為である。
その使命を遂行しながら数百年の間大陸中を旅し、現在において合計510本の禍太刀を封じている。

1期では4話で初登場、興行中にダルキアンとともに旅から帰還し、さらわれたミルヒオーレを救出するために敵陣に切り込む活躍を見せる。11話の魔物との戦いではダルキアンとともに妖刀を封印した。

2期では2話の興行でエクレールとともにレオンミシェルに挑むも歯が立たず、武装を破壊されて戦闘離脱した、全シリーズを通じて興業でメインキャラと戦ったのはこの1度のみとなっている。5話ではシンク達とともに夏合宿を実施、水着姿を披露する。稽古ではシンクと互角の戦いを見せる。7話ではネズミの魔物退治に向かうも魔物の能力で幼児化される、その後シンクとガウルにより魔物は退治され、術が解けて元の姿に戻った際に服が破れてしまった。8話では王宮内に侵入した猫神を追うが猫神の術によりリコッタとともに動きを封じられてしまう。11話では精霊の能力で体が入れ替わりシンクの姿になる。ユキカゼの姿になったシンクにより精霊は捕獲され元に戻る。

3期では3話で魔物との戦いに参戦、触手に捕らわれたエクレールを救う活躍をする。5話ではリコッタの結晶採取に同行する。採取地で暴れる蛙神と戦うが粘液により戦闘不能にされる。シンクにより魔物を倒した後、温泉に入る。8話ではダルキアンの回想シーンで幼かったユキカゼと出会い引き取られるシーンがある。10話では星鯨の異変調査に参加、アリアという少女を保護しているところにアリアを奪おうとする謎の少年ベルデが現れ、シャル、ファリーヌの分身とともに戦うも異変の原因であるベルデの発する病魔でダメージを受け、さらに得意の紋章術、体術も通用せず完敗、アリアを奪われてしまう。ベルデは11話でガウルと加勢したシンクにより倒され、星鯨は元に戻り地上へと帰還する。

上記より1期から3期にかけて出番が増加しているものの、興行では隊長クラス以上との戦闘は少なく、1対1の戦闘は1度もない。魔物との戦いでは封印という重要な役どころである一方、直接戦闘では実力的に決して低くはないが決め手に欠け、苦戦することが多い。

ダルキアンの話し方がうつって語尾に「ござる」をつけるのが特徴。本人にとっては幼児語のようなもので、現在は普通に喋ることも違和感がないのだが、「ござる」をつけないとリコッタ達に変に思われるので今更止められなくなったとのこと。

能力

戦いでは運動能力を生かした戦闘技術「ユキカゼ式体術」や「ユキカゼ式弓術」他、手裏剣や短刀などの様々な武器や紋章術を駆使して相手の虚をつくような戦いが得意。逆に正面からの戦いでは苦戦することが多く、機動性を重視した武装のため、防御能力が低いのも弱点。
使用した紋章術は「紋章拳・狐流蓮華昇」「一の矢・花嵐」、リコッタと二人で使った「リコ&ユッキー式砲術・繚乱大百華」、土地神の子狐に刺さり、依代にしていた妖刀を封印刀に封じた際に使用した封魔陣など。

コミック版では、「ユキカゼ式忍法」も使用。
「疾風 早着替えの術」で皆を瞬時に水着に着替えさせたが、くしゃみをしたとたんに術が解けてしまった。

注意事項

同人誌などでよく間違われているがユキカゼはシンク(13歳時)より背が高い。
成年男性並みかそれ以上のダルキアンと一緒にいるため錯覚しやすいが、DOG DAYSの女性陣の中では群を抜く長身のひとりである

大体目安として
 高い
 ↑ ダルキアン
   ユキカゼ
   レオ
   ナナミ
  ̄大体同じ
   シンク
   エクレ
   ガウル
 ─僅かに差(気にしなくていいレベル)
   ベッキー
   ミルヒ
 _大体同じここまで
   クーベル
 ↓ リコ
 低い

だと思ってればいいかと思われる。

アニメ第2期11話においてユキカゼが現在の身長と発育の良すぎる体型になったのは実は割と最近のことで、それ以前はずっとダルキアンに拾われた時の幼い姿のままだったことが判明した。
自分と共に時を過ごしながら自分より早く成長していく幼少時のミルヒたちを見守っているうちに自分もまた同じようになりたいと願う様になり、修行に明け暮れているうち、気が付いた時には今の高身長になっていたらしい(本来土地神は徳を重ね神格が上がった際に肉体が成長するとの事)。

関連イラスト

参るでござる!
ユッキー!


隠密筆頭ここに参上~
戦うユキカゼ☆ミ


ユキカゼさん
ユッキーかわいいよユッキー!!



関連タグ

DOGDAYS
ユキカゼ ユッキー
シンク・イズミ
ミルヒオーレ・F・ビスコッティ リコッタ・エルマール
エクレール・マルティノッジ ブリオッシュ・ダルキアン
狐耳 狐娘 獣耳 尻尾
忍者 くノ一 狩人
巨乳 ユキカゼパネェ
金髪 着物
サイハイソックス ニーソ でっぱい

ナムナ(『セブンスドラゴン』) - 他人の空似

外部リンク

公式キャラクター紹介

pixivに投稿された作品 pixivで「ユキカゼ・パネトーネ」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 6365098

コメント