ピクシブ百科事典

リュック

りゅっく

本項では『ファイナルファンタジーX』および続編『X-2』の登場人物について記述する。
目次[非表示]
  1. 背負い袋の一種。リュックサックの略称。→リュックサック


概要

CV:松本まりか

ファイナルファンタジーX』、『ファイナルファンタジーX-2』でパーティメンバーとなるアルベド族の少女。アルベドの族長シドの娘で、アニキの妹。
年齢は「X」では15歳。「X-2」では17歳。

父・シドの妹がユウナの母であり、ユウナとは従姉妹同士になる。アルベド語はもちろん、兄と違って共用語も話すことが出来る。
使用が禁止されている機械を扱うアルベド族らしく「エボンの教え」に囚われない柔軟な思考を持ち、どんな事でも鵜呑みにせず「なぜ」と疑う側面がある。そのため「エボンの教え」に熱心に従うワッカには、正体が露見してしまった際に「寺院が機械を禁じるのにれっきとした根拠を示さないのに、教えに従う理由はない」という考えを暴露し、激しく衝突した。

器用で機械いじりが得意という設定で、「アルベドキャプチャー」を操縦してユウナを誘拐しようとしたり、戦闘では素早さを活かして「盗む」や「ぶんどる」を使って敵のアイテムを盗んだりするのが主な役目。ちなみに機械系の敵にこれらの技を使用すると、一撃で倒すことができる(無効アビリティを持たないザコ敵のみ)。機械の構造を理解しているため、アイテムごと「パーツを引っこ抜いて」壊しているらしい。
泳ぎが上手く、『FFX』のパーティメンバー内ではティーダ、ワッカと共に水中戦可能メンバー。また極度の嫌いであり、雷属性の魔法を食らうと悲鳴を上げる(その後、雷平原で1週間キャンプをして、雷嫌いを克服したらしい)。

続編「ファイナルファンタジーX-2」では、スフィアハンター「カモメ団」のメンバー。
ティーダに似た人物が映ったスフィアを持ち寄り、「シン」を完全に倒し大召喚士になって以降ビサイドにこもりっきりだったユウナをカモメ団に誘った。この彼女が持ってきたスフィアが今作の冒険の発端である。
デフォルト状態でのドレスフィアは「シーフ」。服装は前作より露出が多くなり、ビキニミニスカートと身軽なものを好む。
「ニギヤカ担当」を自称した前作では、むしろ悲愴な表情を見せることが多かったため、今作では飛び抜けた明るさを見せるようになっている。

FF10における戦闘スタイル

武器はグローブで、防具はアーマー。七曜の武器は『ゴッドハンド』。
従来のシーフの性能に近く、初期能力ではすばやさに優れる反面、攻撃力・体力などといった他のステータスは総じて低い。
正式加入が最も遅いこともあり始めは成長具合で足手まといになりがちだが、「盗む」「使う」のスキルがとても有用で、活躍できる場も多いため、すぐに頭角を現すようになる。ティーダ・ワッカと共に水中戦闘も可能。
オーバードライブ技は「調合」。消費アイテムを二つ選んで組み合わせることにより様々な効果を引き出す事が出来る。組み合わせによっては攻撃・補助・回復に絶大な効果をもたらすことから、破格の能力を持つ訓練所モンスターやインターナショナル版のヘレティック召喚獣との戦いでは欠かせない存在。

関連イラスト

Rikku
リメイク版面白いよね


リュック
リュック



関連タグ

ファイナルファンタジー10 ファイナルファンタジーX-2 FF10 FF10-2
deadfantasy

pixivに投稿された作品 pixivで「リュック」のイラストを見る

このタグがついたpixivの作品閲覧データ 総閲覧数: 1307432

コメント